2020年08月15日

何を反省するのだろう?https://news.yahoo.co.jp/articles/7fb988fb15cfdbb3184e4b663cfa87dfe61b34b1

Yahoo:「戦没者追悼式、規模を縮小 天皇陛下「深い反省」今年も

終戦から75年の節目の15日、政府主催の全国戦没者追悼式が日本武道館(東京都千代田区)で開かれた。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて参列者は過去最少の540人となったが、戦没者約310万人を悼み、平和への誓いを新たにした。

追悼式には遺族193人のほか、天皇、皇后両陛下や首相をはじめとする三権の長らが参列。正午から1分間、参列者全員で黙禱(もくとう)を捧げた。

天皇陛下は「おことば」で昨年同様に「深い反省」を盛り込み、「再び戦争の惨禍が繰り返されぬこと」を切に願うと述べた。コロナ禍についても公の場で初めて言及。「私たち皆が手を共に携えて、この困難な状況を乗り越え、今後とも、人々の幸せと平和を希求し続けていくことを心から願います」と語った。

昨年は遺族4989人を含む約6200人が参列した。今年は会場のある東京で新型コロナの感染が拡大しており、重症化しやすい高齢の遺族に配慮するなどして20府県が参列を見送った。厚生労働省によると、14日時点で遺族224人が参列を予定していたが、当日までに31人が取りやめ、実際の参列は193人だった。1963年に始まった追悼式で自治体単位の欠席は、台風などによるものを除けば初めて。参列できない人のために、厚生労働省は動画配信サイト「YouTube(ユーチューブ)」で式典終了まで同時配信した。

戦争を知る世代は減り続け、昨年10月時点で総人口の約15%になった。

参列した遺族の最高齢は北海道の長屋昭次さん(93)。感染への懸念からためらいもあったが、「私の年齢ではこれが最後かもしれない。元気に長生きしていると戦死した兄に伝えたい」と参列を決めた。


何を反省するのかなぁって思う
結局東京裁判で罰せられて以来、日本がずっと悪役で無ければならないことになったまま
不思議だなぁって思います

戦争が悪いことだというのは誰もが知ってますけど、
ではなぜ日本が戦争という手段を執らざるを得なくなったのか、そこにきちんと言及した話は聞いたことがない
そこが明らかにならなければ、いくら反省したって次には進めないだろうと思うんですけどね
その辺、日本が悪くなければいけないので原因究明に至ってないんじゃ無いかという疑念が大きいです


実際、広島長崎は原爆を落とされた被害者だけど、
広島にある慰霊碑に記されているのは、「過ちは繰り返しませんから」、落とされたことも日本が悪いんでしょうかねぇ
何が何でも日本が悪いっていう観念が日本人に根付いてしまっていて、そこから抜け出せないでいるから戦後レジュームからの脱却が進まないんだろうなって思います


はやく年上の世代が死に去って、戦争を直接知っている世代がいなくなって、そういう観念から抜け出せることが出来るようになったら日本は一歩前に進めるようになるんじゃ無いかなぁ
何が何でも日本が悪いという思考停止から抜け出して、何で戦争に至ったのか原因を究明し、本当に日本だけが悪かったのかという風になっても欲しいし、自虐史観だけは消し去りたいなぁと思う

日本が悪い日本が悪いっていわれても、何も関わってない世代からすれば、日本に対する忌まわしい呪いでしか無い
そんなものに縛られて日本の将来を悪くするのはダメだと思いますね

論理的では無い、お気持ちに縛られて、日本が悪くいわれるのはとても不幸だと思います


https://news.yahoo.co.jp/articles/7fb988fb15cfdbb3184e4b663cfa87dfe61b34b1


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:反省
posted by ! at 20:29| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする