2020年01月15日

公職に就くものが育休というのは違うと思うhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200115-00000025-kana-pol

Yahoo:「小泉環境相が育休取得へ 重要公務以外を自主的に育児に

小泉進次郎環境相(衆院11区)は15日、第1子誕生後に育児休暇を取得すると表明した。月内に予定されている第1子誕生から3カ月間に計2週間分、育児のための時間を確保する。「制度だけでなく、空気も変えていかなければいけない」と訴え、省庁トップとして姿勢を示すことで男性の育休取得への理解促進に期待を寄せた。

 国会議員や閣僚に育児のための休暇の規定はなく一般的な育休とは異なるが、現職閣僚の育休取得が実現すれば前例がない対応となる。

 小泉氏はこの日、環境省職員の働き方改革などを議論する省内の会合で表明した。国会や閣議への出席など重要な公務の責任は果たした上で、それ以外の時間を自主的に育児に充てるという。打ち合わせはテレビ会議やメールを活用するなど働き方を工夫するほか、業務の一部は副大臣や政務官が代行する。

 職員には「正直言って、とても悩んだ」と打ち明け、「公務最優先、危機管理万全という条件で柔軟に取得したい」と説明。「一人一人が自分らしく働く環境を整える、議論の一つのきっかけになれば」とも述べ、育児や介護、病気の治療といった事情に応じた働き方を実現させる必要性にも言及した。

 小泉氏は入閣前の昨年8月、フリーアナウンサーの滝川クリステルさんと結婚。この月に横須賀市内で開いた国政報告会後、育休取得を検討していると語っていた。


公職に就くもの
行政の長であったり、国、県、、市町村の議員などについては、
育休を取得するのは間違っていると考えます。少なくとも責任もって公の仕事を遂行する立場として選ばれた存在な訳で
にもかかわらず、仕事を休んで個人の立場を優先させるとか無責任も良いところでは無いかと

いったんすべての公職を辞し、一区切りつけたら、改めて選挙を経て公職へ戻れば良いのではないでしょうか?
換えのきかない立場の人が休んじゃダメだよ
責任もった立場なんだから、病気にしたって、何にしたって任務を遂行できないのなら、他の人に代わるべきです
でなければただの無責任!

それよりかは厚労相が男性の育休取得を各会社に義務づけるようにしたほうが良いと思うんだけどね
とれない状況をとれる状況になるように国が後押しすれば良いんじゃ無いでしょうか?
少子化のご時世の中、子供を育てる男性って、国の宝扱いしても良いと思うし
産んだ女性は神でいいんじゃない?

だから国がいろんな支援を夫婦はもちろん周囲に対してもすることは大いに推進すべきでは無いかと
年寄りに金をかけるのも大事だけど、少子化解消のため子育てできる世代に対しては、もっと金を使って良い
子育て国債を出して、大いに支援すべきだよ


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200115-00000025-kana-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:23| 東京 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。