2020年01月03日

流れに乗ることは大事かもしれないが、スピード違反は許されないのでは無いか?https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200103-00069565-gendaibiz-life

Yahoo:「怒りを買う「あおられ運転」…帰省ラッシュの高速道路、運転のコツは

高速道路の事故率は意外と少ない。けれど…

 三が日が終わると、帰省や行楽を終えた人たちによるクルマでのUターンが多くなる時期だ。高速道路を利用する機会も増えるが、なかには高速道路をあまり使いなれていないドライバーもいるだろう。

【写真】背の高いエアロパーツを装着した軽自動車が「高い人気」を得た理由

 速度域が高い高速道路は事故が多くて危険と思われがちだけれど、実はそうではない。

 一般道と高速道路の死傷事故率を「件/億台キロ(交通量あたりの死傷事故件数の割合)」で比較すると、平成21年のデータでは全道路における発生件数が99件なのに対し、自動車専用道路(高速道路)のそれは10件と発生率は約10分の1まで低下する。

 たしかに高速道路走行中は速度が高いので事故を起こした際のエネルギーが大きいから事故発生件数あたりの死亡率が高いのは否めないものの、とはいえ同様の条件を「件/台キロ」にあわせて比較すると4車線以上の高速道路における死亡事故率は一般道路の約1/4(平成25年統計)と聞けば、高速道路が安全な道路であることを理解できる。

 高速道路の事故が少ないのは、基本的に上下線が分割されているのに加え、信号や交差点そして対向車線からの右折車がなく、また歩行者や自転車がいないことなどが理由だ。
「速度が低い=安全」という誤解

 とはいえ、使い慣れないドライバーは高速道路での運転を「怖い」と感じ、苦手意識を持つこともあるだろう。

 高速道路を安全に走るポイントは「いかに流れに乗るか」ある。日本では速度が低いほうが安全と言う風潮が根強いが、それは誤解。本線走行中も合流も、周囲の車両に速度を合わせて流れにしっかりと乗ることが大切だ。

 たとえば合流はゆっくり本線へ合流するのではなく、加速車線でしっかりと加速してから本線へ移るとスムーズだ。

 あらかじめ本線を走るクルマとの速度差を無くしておくのが秘訣で、加速車線ではアクセルを踏み込んで本線を走るクルマよりもわずかに速いくらいまで速度を高め、そこから微調整すると合流しやすい。本線にクルマが連なっている場合は、後ろの車の前に入るというよりは、前のクルマの後ろに入るイメージだとスマートだ。

 もっともよくないのは、車速が低いまま本線へ入ること。合流の際に後ろのクルマにブレーキを掛けさせることになり危険である。

「あおり運転」を誘発しないために

 ところで昨今、高速道路でのトラブルと言えば「あおり運転」だ。報道で話題になったような本線上にクルマを止めて暴力沙汰になるのはもはや「あおり行為」というよりも暴行事件だから論外として、「あおり」の本来の意味である後方のクルマに車間を詰められるような状況は、実はちょっとした心がけで防ぐことができる。

 そういったあおり行為の多くは、きっかけが存在する。理由なしにあおるようなドライバーはきわめて少ないといっていい。そこで、あおり行為を受けないようにするには高速道路上で他の車両の怒りを買うようなことをしないことが大切なのだ。

 たしかに、あおり運転は煽ってくるほうが悪いと言える。しかし、クルマの運転中ではなく一般的な犯罪を想像してほしい。

 近所で空き巣が増えたとしよう。悪いのは犯行に及ぶ人間であるのは明らかだ。しかし、「空き巣する人が悪いのだから」といってなにも対策をしないだろうか? 多くの人は「用心のため」としてカギかけを徹底するなど行動を取るだろう。あおり運転も同じこと。被害にあわないためには、対策を立てる必要があるのだ。

 具体的には、「右側車線を走り続けない」「無理な割り込みをしない」。この2点に尽きる。
怒りを買う「あおられ運転」…帰省ラッシュの高速道路、運転のコツは

Photo by gettyimages
君子危うきに近寄らず

 「右側車線を走り続けない」とは、つまり追い越し車線では後ろから来た速いクルマに道を譲ることである。

 車間をつめるあおり行為の原因の多くは、追い越し車線で遅い車が後続車の流れをせき止めることに端を発する。遅いクルマに前を塞がれることは、速い速度で移動しているドライバーにとってはストレス以外の何物でもなく、イライラを生むからだ。

 「そうはいっても制限速度を超えて走るようなドライバーが悪い」と思う人もいるかもしれない。しかし、自分があおり被害の原因を作り、あおり行為を受けてしまうことに何のメリットもない。「君子危うきに近寄らず」の心がけが大切なのだ。

 そして実は、追い越し車線を走り続けることは道路交通法違反に当たる。道路交通法第20条により高速道路では追い越し時以外に追い越し車線を走行するのは違反行為であり、取り締まりの対象なのだ(実際にパトカーに取り締まられるケースは多い)。

 さらに、道路交通法第27条に「追いつかれた車両の義務違反」というものがあり、後続車に追い付かれた場合は左に寄って進路を譲らなければならいという決まりがある。あまり知られていないが、右側車線を走っていて後続車に追い付かれたら、道を譲ることがドライバーの義務なのだ。

 もちろん、前方や左側車線が詰まっている場合はこの限りではない。しかし、高速道路の追い越し車線を走っていて前方にも左側車線にもクルマがなく、左側から追い越されるような状況になったら要注意だ。

 すみやかに左車線へ移動するのが法律に則った運転であるし、身を守る方法である。あおり行為を誘発させることから「あおられ運転」呼ばれる運転スタイルは、追い越し車線をゆっくり走る運転と言い換えてもいいだろう。

 もし追い越し車線走行中に後方から車間を詰められるようなことがあったら、まずは左側車線へ移るのがやるべき対応だ。


怒りを買う「あおられ運転」

 また昨今、3車線の高速道路においてもっとも左の車線が空いているにもかかわらず、中央車線をゆっくり走り続けるクルマを多く見かける。しかし、これは避けたい。

 高速道路ではキープレフトの原則を守って、空いている限りは左側車線を走行するのが鉄則なので注意したい。高速道路の車線を有効に活用し、流れをスムーズにするためだ。

 もうひとつ高速道路で気を付けたいのは、「無理な割り込みをしない」ことだ。他車にブレーキをかけさせるような行為は避けるべきである。

 たとえば車線変更などで他のクルマの前に入る際は、速度と車間距離に注意したい。そのクルマの直前に入り、しかも遅い速度だと、自分の後ろとなったクルマにブレーキを踏ませることになり、怒りを買う。

 逆に、少し速いくらいの速度でしっかりと車間距離を取って入るとスムーズだ。焦って無理な車線変更をするのは禁物だし、車線変更に自信がないのであればずっと一番左のレーンを走り続けるのがいいだろう。
ドラレコに頼りすぎるのも危険

 ところで、あおり運転に対してドライブレコーダー(ドラレコ)は対策となるのだろうか? 結論から言えば、ほぼならないと筆者は考える。

 抑止力としての効果はゼロではないが、かといってドラレコをつければ劇的にあおられないということはないのだ。特に、刑事事件になるような最悪のケース(そう多くはないだろうが)だと、相手に冷静な判断力は期待できないから、ほぼ無力。

 ドライブレコーダーはあくまでも、問題が起きた後に犯人を特定するなどその解決の助けをするツールと認識しておくのが正解だ。

 日本人は「危険なのでおこなわないように」と禁止されているにも関わらず、マナーとして根付いてしまったエスカレーターの片側開けを律儀におこなう。その一方で、高速道路に場所を変えると、あおり運転を防ぐ効果が大きいし、それ以前に法律でも定められているにもかかわらず、追い越し車線を譲らないドライバーが多いのはなんとも不思議でならない。

 高速道路をスムーズに走るため、そしてあおり運転の被害にあわないためには、まずは自分で運転方法を心がけることが大切なのである。


後ろから飛ばしてきて、煽ってくる車から即座に逃げることはとても大事
後ろの車両に乗っているのはキチガイであって、まともな人間じゃ無いから
自分の身を守りたいなら、キチガイと関わり合いにならないこと、これ重要


何にしたってスピード違反をする車両が煽り運転の加害者でしょ?
違法行為を正当化するために流れに乗ることは大事とかいうのは笑止では無いかと

警察も大変だと思うけど、高速道路上の巡回を増やして飛ばしている車両をどんどん取り締まるべきでしょうね
スピード違反を繰り返す車両が減れば、煽り運転は激減するはずです

スピード違反は悪って意識が高まれば道路上は結構平和になると思うな

早く目的地に着きたければ、早め早めに出かければ良いと思うんですよ
どんな理由であれ違反行為を正当化できる理由にはならないのでは無いかと
とくに遅い車が前方にいたからといって、ドケドケって煽って良いという法はありませんもんね
そのくせ遅く走ってるのが悪いって言っちゃうから怖いよね
煽らずに追い越していけば良いんだし

とにもかくにも誰もが気持ちに余裕を持ってルールマナーを守って運転をすれば良いんだけどね


警察も防犯のために人員を増やしていって欲しいですねー
警察が見ている中で煽り運転をする度胸がある人はそうそうおらんし
煽り運転をする連中なんてその程度


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200103-00069565-gendaibiz-life


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:17| 東京 ☀| Comment(0) | 事故など交通問題関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警備員が打ち払っていれば良かったのかもねhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200102-00010001-huffpost-int

Yahoo:「ローマ教皇が謝罪 手を引っ張った女性の手を叩く動画が拡散

ローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇は、バチカンで行われた大晦日の集会で、集まった信者とみられる女性の手を叩いたことを謝罪した。この動画はネットで拡散され、批判が集まっていた。一方で、教皇を擁護する人々もいた。

「事件」が起こったのは大晦日の夜だった。ローマ教皇は、バチカンのサン・ピエトロ広場でキリスト生誕の場面を鑑賞。集まった大勢の群衆の歓声の中、集まった子供たちと柵越しに握手をしながら歩いていた。しかし、その場を後にしようとしたローマ教皇の右手を、ある女性が何かを叫びながら数度、力強く自分の方へと引き寄せた。


驚いた様子の教皇は、左手で女性の手を叩き、憮然とした表情で立ち去った。この動画はTwitter上などで拡散していた。

翌日、広場に向かっての演説でローマ教皇は自身のこの行動について言及した。「私達は、忍耐を失うことが何度もあります。私もです。昨日の悪い事例について謝罪します」。それは予定されていなかった内容だという。

謝罪の前、ローマ教皇はミサで女性が直面している暴力についての説教を行い「私達は、女性の身体をどう扱っているかによって、人間性の程度を理解することができる」と話していた。

ガーディアンによると、教皇は2019年にも、カトリック教徒の伝統的な方法で、指輪にキスをしようとする巡礼者から、手を引き離したとして、一部の保守的な人々から批判を浴びていた。バチカンは、ローマ教皇は信者同士の細菌の感染を心配したためだと説明していた。


ローマ教皇という立場があるにしたって、
誰が加害者で、誰が被害者かって事をきちんと踏まえれば
こんな騒ぎにはならないと思うんですがねぇ

なんか世の中おかしい方、気が狂ってる方が弱者扱いで、本来の被害者がさらに被害を受けている事例が多くなってる気がします
世界的にキチガイが増えているんでしょうか?


何年か前に日本でもピッチャーが手を引っ張られて怪我をした事例があったかと思いますけど
それと同じ事でしょ?不意に引っ張られてバランスを崩していたら大けがになっていたはず。教皇もそれなりの年齢だし非常に危険な行為でしょう。なのに女性がひっぱたかれたという一点のみで加害行為が無かったことになってしまうのはおかしいなぁ
女性だから弱者で何でも許されるって事は無いと思いますね。やったことで判断されるべきです

女性の暴力行為から身を守ることも許されないんですね、本当に異常事態だと考えます


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200102-00010001-huffpost-int


ブログランキング にほんブログ村

ラベル:ローマ教皇
posted by ! at 20:08| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。