2019年12月31日

外人管理の徹底をhttps://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20191231-00000018-jnn-soci

Yahoo:「ゴーン被告の名前での出国記録なし

出入国在留管理庁によりますと、現時点でゴーン被告の名前での出国記録は無いということで、当局は別の名前で出国した可能性もあるとみて確認を進めています。

 ゴーン被告の弁護人の弘中惇一郎弁護士は31日朝、報道陣の取材に「お話することは何もない」と答えました。

 複数の検察幹部は、JNNの取材に対して「知らない。事実関係を確認中」などとした上で、ある検察幹部は「事実ならとんでもないことだ。レバノンには事件の関係者もいるので、罪証隠滅のおそれがある」と話しています。

 ゴーン被告がレバノンにいたとすれば保釈条件違反となり、保釈を取り消されることになりますが、東京地裁は保釈の取り消しや裁判の進み方については「現時点では未定」だとしています。

 日本とレバノンの間には犯罪人引き渡し条約が結ばれておらず、日本の身柄引き渡し要求にレバノンが応じない場合は、身柄の引き渡しの実現は難しくなる見通しです。(31日11:30)


弁護士は知っていただろうと思うし
レバノンも絡んだ上での密出国でしょうね

当然二度と日本に来るつもりは無いんでしょう

安全な場所から文句だけを言いつのるんじゃ無いですか?
外道ですよね

何にしたって、外人がこうやって日本の法に従うつもりは無いって行動で示したわけですから
日本としたら、入国する外人の管理を徹底するしか無いでしょう
指紋押捺から始まって、日本国内に在住する外人すべてをチェックしなければ駄目でしょう
いつか何をするかわからないんですから、身元を確認できるようにあらゆる手段を使って、外人を監視すべきでは無いですか?

もちろんそのためには出入国管理に関係するすべての部門で増員を図るべきだし
日本国民の生活の安心安全を確保するために治安維持に関係す部署も増員するしか無いでしょうね!

外人がたくさん入り込んで、日本国民の生活を脅かす現実があるって事を踏まえて、行政は備えるべきなのです


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20191231-00000018-jnn-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:05| 東京 ☀| Comment(0) | 外国人参政権とか不良外人問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

捨てたものを持って帰っていたなら、ここまで大事にする必要も無いのでは?https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-00000505-san-soci

Yahoo:「「どこが悪い」「窃盗だ」 波紋広がる教諭の給食パン1000個持ち帰り

廃棄予定だったパンなど学校給食の残り31万円分を「もったいない」と自宅に持ち帰り続けていた堺市立堺高校定時制課程の60代の教諭を、市教委が減給3カ月の懲戒処分としたことがSNS(会員制交流サイト)などで波紋を広げている。市教委にも深刻化する食品ロスの問題の視点から「どこが悪いのか」「処分が重すぎる」と教員を擁護する声が多く寄せられる一方で、給食が公費で賄われていることから、処分は妥当とする意見も届けられている。市教委では残食を減らす仕組み作りや、残食の処分方法について検討を始めた。(古野英明、藤原由梨)

 教諭は平成27年6月ごろから今年6月にかけ、廃棄予定だった給食の残りのパン約千個、牛乳約4200本を自宅に持ち帰っていた。用務員の男性にパンや牛乳を自分のカバンやあらかじめ用意した発泡スチロールの箱に詰めるよう頼んでいたといい、今年6月、市教委に告発文書が届いたことで発覚した。

 給食は、同校で午後7時10分から10分間の休み時間に「補食」として配られていた。生徒約150人全員が対象で、年間216万円の給食費は全額公費負担。菓子パン1個と紙パック入り牛乳1本が無料で配られている。

 ただ、昼間に働いている生徒も多く、仕事の都合で急遽(きゅうきょ)欠席する生徒も多いため、毎回、生徒全員分を用意しているわけではない。過去の統計に基づき、毎回、生徒数の7割程度の数を準備。しかし、あらかじめ生徒に給食が必要かどうかを確認していない見込み発注のため、どうしても1日に10〜30人分の残食が出ていたという。また、同校のルールでは食品が腐ったりするリスクもあるため衛生上の問題から生徒に持ち帰りを禁止し、余ったパンや牛乳は廃棄することになっていた。

 処分を受けた教諭は給食指導担当で、発注量の決定権はなかったが、生徒に時間内に給食を食べさせ、持ち帰りの禁止を指導する立場だった。教員は余った牛乳やパンを持ち帰るようになった動機について「廃棄するのがもったいないと思った」「処分担当の用務員が廃棄する手間を少なくしようと思った」と市の調査に答えており、きっかけは、用務員が「毎日こんなに捨ててもったいない」と言いながら処分作業の煩雑さを嘆くのを聞いたことだったとも話しているという。

 市教委が問題視したのは給食が公金で購入されたものであることだ。堺市教委事務局教職員人事課は「弁護士にも相談しました。廃棄予定とはいえ無断で持ち帰るのは『微妙だが、窃盗にあたる』とのことでした」と説明する。

 さらに、教諭が毎日持ち帰る量がパン5、6個、牛乳十数本と毎日家庭で食べるには多かったことも疑問視。調査に対し教諭は「転売などはしていない。食べきれず余った分は捨てていた」と答えたという。教諭は内部告発を受け、11月、持ち帰ったパンと牛乳の実費分約31万円を市に弁済し、処分が下された25日に依願退職した。

 近畿大の鈴木善充准教授(財政学)は「今回の件では、教諭が給食費を自分の食費に充てているということになる。例えば会社から備品を持ち帰るのと同じこと。窃盗や横領はいけないと教える立場の人間がこのような行為を行うことに問題がある」と指弾する。

 また、文部科学省は学校給食衛生管理基準で「児童生徒に対してパンなどの残食の持ち帰りは衛生上の見地から禁止することが望ましい」と定めていることから市教委は「学校には給食を出す側としての責任があります。範を示すべき教員が規則を守らないのはやはりよくないと思います」と話す。

 ただ、処分が報じられると、食品ロス問題の観点から「いけないことなのか」「余った食材を困っている人に回すことができなかったのか」という議論がSNS(会員制交流サイト)などでわき起こった。堺市教委にも報道発表があった25日の翌日から2日間で100件近いの電話と約50通のメールが寄せられた。その大多数が教員を擁護する意見だったという。

 食品ロス削減通販サイト・ロスゼロの運営などを行う「ビューティフルスマイル」(大阪市)の文美月社長も「残ったものをそのまま廃棄するのはやはりもったいない」と話す。「日本の学校給食全体の食品残渣(ざんさ)は約5万トンにのぼります」と指摘したうえで「本来、学校は児童生徒が食や環境についてしっかり学ぶ場です。行政と連携して残食を生み出さない仕組みに変えていくことが必要。これを機に社会全体でも給食の残食について考えていくべきです」と訴える。

 市は今回の件を受け、残食を飼料や肥料として寄付することなどを検討し始めた。また、そもそも残食を出さないための方策についても検討中だが、「事前に生徒に給食の希望を聞けば、無料のためにとりあえずは注文する人数が増え、結局残食が増えるかもしれない」と頭を悩ませる。残食を抑える仕組み作りが急務になっている。


廃棄したものを持って帰っていたなら、無問題とすべきじゃ無いんですかねぇ
食品を無駄に捨てるよりはよっぽどマシな話

もし問題だというなら、周囲は気がついていたはずなんだし、注意をしておくべきでした
黙認しておいて、いきなり処罰ってのは酷いんじゃ無いのかなと
で、処罰で終わりじゃ無くて、食品を無駄にしないための方策を出すべきじゃ無いですか?

持って帰らなくても無駄を出さない方法を提示すべきでしょうね


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-00000505-san-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:57| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

差別なんて言ったもの勝ちだもんなぁhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-00000034-asahi-soci

Yahoo:「政治家の性差別発言、今年のワーストは? 候補は8点

大学教授ら7人でつくる「公的発言におけるジェンダー差別を許さない会」が、ジェンダーの観点から見過ごせない2019年の政治家のワースト発言を決めるキャンペーンを30日から始めた。投票は来年1月9日までで、11日に結果を公表する。

 候補に挙げられたのは全部で八つ。

 少子高齢化問題に関して、麻生太郎財務相が2月、福岡県内の国政報告会で「年を取ったやつが悪いみたいなことを言っている変なのがいっぱいいるが、それは間違い。子どもを産まなかったほうが問題なんじゃないか」と述べた発言や、桜田義孝衆院議員(自民)が5月、千葉市内で開かれたパーティーで「お子さんやお孫さんにぜひ、子どもを最低3人くらい産むようにお願いしてもらいたい」と述べた発言がノミネートされた。

 子どもを産み育てにくい社会のあり方や政治の責任に触れずに、少子高齢化の問題を個人に押しつけたり、個人の生き方の自由を脅かしたりしている点が問題とされた。

 今夏の参院選からも「有力候補」があらわれた。

 女性候補2氏による争いとなった福島選挙区で、増子輝彦参院議員(国民民主)が野党候補について述べた「ご覧の通り決して美人ではないが、非常にチャーミング」発言や、稲田朋美衆院議員(自民)が与党候補に述べた「自分と森さん(森雅子法相)の共通点は2人とも美人ということ」発言だ。安倍晋三首相が新潟での応援演説で述べた「お父さんも恋人を誘って、お母さんは昔の恋人を探し出して投票に足を運んで」発言もある。

 ホームページには、なぜその発言に問題があるのかという理由や関連する記事なども掲載されている。

 政治にかかわる人たちの問題発言への批判を「見える化」し、こうした発言が相次ぐ現状を変えたいと、一昨年から実施しており3回目。昨年の投票総数は3933票だった。

 同会の皆川満寿美・中央学院大准教授(ジェンダー論)は「2020年はあらゆる差別の禁止を憲章に掲げるオリンピック・パラリンピックが東京で開かれる。この年末年始を機会に政治家によるジェンダー差別の問題発言について考え、差別を許さないという意思表明に参加してほしい」と話している。


何が差別にあたるのかよくわからないんで

とりあえず差別だと決めつけて、相手の名誉を傷つけてしまった方が勝ちって状況である限り
こういうことは続くんでしょうね
ホントバカバカしい限り

何が差別にあたるのかきちんと明確にし、それが誰であっても適用されるような状況にならないと
何のことは無い、気に入らない相手を不当に貶める手段として差別という言葉が用いられているだけじゃ無いでしょうか?

川崎市で日本国民のみを罰する条例が発案されてましたが、それが日本人が対象であっても処罰対象とすると入ったとたんに大騒ぎになったとか。まぁそんなものでしょう。日本国民の名誉とかそういうものをとにかく貶めたい連中が差別とか、そういう問題を持ち出して騒ぎを起こしているだけだということです。日本人っていい人が多いから、差別だって言われると何も言えなくなってしまうケースがあるけど、不当な行為にはきちんと立ち向かわないと法の下の平等という根幹すら奪われてしまうのです。しかも外人によって日本国民が不当に罰せられることになるのです。これを異常事態と言わずして何というのか?

国民>外人でなければおかしいのですから
国民に徒なす存在には出ていって貰うのが当然でしょう


というわけで、こういう性差別などは国民外人はあんまり意味ないかもですが
男と女は生物学的に違うわけですし、その差を産めることはそう簡単にできるものじゃ無いと考えます
社会制度をいじったくらいで平等とかってあり得ないっしょ?


ギャーギャー騒ぐ人が、男と同じようにきつい仕事重いものを持ったり高所での危険な作業をしたりとか
そういうことを進んでするようになったら、検討してもいいんじゃないですかね?
また、女性が世帯主になって、夫や子供を養うようになるとかも

大変なことは男性に、権利とかは全部女性にって言ういわゆるフェミの考え方はキチガイ沙汰よなって感じますね!


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-00000034-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:フェミ 差別 男女
posted by ! at 19:47| 東京 ☀| Comment(0) | 人権とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする