2019年12月29日

当たり前の事実を指摘するのがゆるされない異常な事態https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191224-00010004-bfjc-int

Yahoo:「J. K. ローリングが、トランスジェンダーへの反対意見を支持 ファンからは悲しみの声

12月19日、『ハリー・ポッター』シリーズ作者のJ・K・ローリングはある女性への支持を表明した。

この女性は、トランスジェンダーの女性は法的に認められるべきではないとツイートして解雇されていた。

これに対し、ローリングは以下のようにツイートした。

「好きな服を着ればいい。自分のことを好きなように呼んだらいい。相手が合意を得た大人であれば、好きな人と寝たらいい。平和で安全な環境の中で、自分にとって最良の人生を送ればいい。でも、性別は変わらないものだと言っただけで、女性から仕事を奪うんですか?#IStandWithMaya#ThisIsNotADrill」

ローリングがツイートの中で言及した「マヤ」とはマヤ・フォーステーターのことだ。

フォーステーターは税金の専門家で、法的な性別を変更を認めるジェンダー承認法の改正に反対する一連のツイートを投稿し、職を失った。

12月18日、ロンドンの労働裁判所は、彼女の雇用契約を更新しないフォーステーターの元雇用主の判断を支持した。

そして、性別は「ジェンダー」や「性同一性」と一緒にすべきではない「実体のある現実」だという、彼女が法廷で述べた信条は、保護されるべき哲学的概念ではないと判断した。

そのため裁判所は、このような信条を理由に彼女の契約更新を検討しなかった会社の判断は「差別ではない」とする判決を下したのだ。

労働裁判所裁判官のジェームス・テイラーは、判決でフォーステーターの信条を「絶対主義的」で「人間の尊厳や他者の基本的権利と相容れないもの」と述べた。

世界開発センター(CGD)客員研究員としての職のフォーステーターの契約は2018年12月に終了し、ツイッター上での「トランスジェンダー嫌い」で「攻撃的で排他的」な言葉遣いに対する同僚からの懸念を受けて、更新されなかった。

今回の「解雇」に関してフォーステーターが書いたブログ記事によると、彼女がCGDの人事部から問い合わせを受けることになったツイートは以下のようなものだ。

「好きな代名詞を使って、全ての人の人間性と表現を受け入れることには全面的に賛成です。トランスジェンダーの女性はトランスジェンダーの女性。それでいい。でも、トランスジェンダーの女性は女性であるというドグマ(独断的な意見)を押し付けるのは、全体主義的じゃないか」

「男性が化粧をしても、ヒールを履いても、着飾っても、女性にはならない。でも気持ちを傷つけないというために、(女性であると理解しているように)装うのが規範らしい」

あるツイートで、フォーステーターはワシントン州スポケーンの全米黒人地位向上協会(NAACP)の元支部長で、自身を黒人だと偽っていたレイチェル・ドレザルの例を挙げている。

「レイチェル・ドレザルが自分を黒人だと思っていたことと、男性が自分を(成人の)女性だと思っていることの違いが、正直わからない。どちらも、物質的な根拠はない」

判決を受けてフォーステーターは、ジェンダー承認法改正の決定を知って感じた「ショックと不信感を表現するために」苦労していたとTwitterに投稿した。

「この判決は女性の権利と、信念と言論の自由に対する権利を奪うものです。客観的な真実と、攻撃、いじめ、ノープラットフォーミング、経済的処罰などについての明確な議論のために発言する女性と男性に司法免許を与えるものです」

BuzzFeed Newsはフォーステーターの弁護チームにコメントを求めた 。

ローリングとフォーステーターとの提携はすぐに論争を巻き起こし、ローリングの名前は世界中のTwitterのトレンドワードとなった。

そしてローリングの名前と一緒にトレンドとなったワードが、「Trans-Exclusionary Radical Feminist(トランスジェンダーに排除的な原理主義的フェミニスト)」の頭文字である「TERF」だ。

TERFの人たちは (もっとも、「TERF」という言葉は侮蔑的またはヘイトスピーチだと考える人もいるため、彼らは「ジェンダーに批判的なフェミニスト」という名前を好むのだが)、トランスジェンダーの女性は、公共のスペースや政治的議論では女性と見なされるべきではないと考えている。

ローリングがフォーステーターの意見を擁護したことを受け、ツイッターでは批判の声があがった。

「J. K. ローリング『私はエルフの権利は守るけど、トランスジェンダーの人たち(の権利)は違う』」

「J. K. ローリングの世界では自分を椅子に変えることはできるのに、生物的性は変えられないんだって」

『ハリー・ポッター』ファンからは、悲しみの声も。

「トランスジェンダーとして子ども時代を過ごしていた時、あなたの本が逃げ場だった。自分自身に違和感を感じなくなる前、よくキャラクターの名前をあてがっていた。私のことを嫌って傷つけようとする人々を支援するという今回の(ローリングの)決断を知って、涙が出た。なんで。なんで?」

「トランスジェンダーの私の娘は、あなたの大ファンです。従業員(フォーステーター)の彼女に対する差別は問題ない行為だと示すあなたの投稿を見て、胸が痛みました」

「世界で最も信頼されている医療機関はトランスジェンダーの人々を支持しています。あなたも追いついて」

また多くのファンが、『ハリー・ポッター』でハーマイオニー・グレンジャーを演じたエマ・ワトソンの2018年のツイートをシェアした。

「trans rights are human rights(トランスジェンダーの権利は人権)」と書かれたTシャツを着ている。

現在BuzzFeed Newsは、エマ・ワトソンの広報担当者にコメントを求めている。

そしてローリングは、有名なLGBTQおよび人権擁護団体からも批判を受けた。

「トランスジェンダーの女性は女性です。トランスジェンダーの男性は男性です。ノンバイナリーの人々はノンバイナリーです」

「CC:J. K. ローリング」

「J. K. ローリングは、トランスジェンダーの人々の基本的な人間性を否定する反科学的なイデオロギーに同調している。トランスジェンダーおよびノンバイナリーの人々は女性にとって脅威ではなく、トランスジェンダーの人々を危険にさらしている」

GLAADはBuzzFeed Newsへの声明で、「ローリングのツイートを受けて、ローリングのPRチームに連絡し、トランスジェンダーコミュニティのメンバーとの非公式の対話を提供することを申し出たのですが、ローリングの広報チームは断ってきました 」と話している。

ローリングのジェンダーアイデンティティに関する見解が公になったのは今回が初めてだが、ローリングの過去数年間のTwitterでの行動から一部のファンは、ローリングはトランスジェンダーの女性を女性とみなさない傾向があると感じていた。

またローリングは、レイプの可能性を考慮し、トランスジェンダーの女性は女性刑務所に収容されるべきではないと主張する記事にリンクするツイートにいいねを付けているのだ。

ローリングの広報担当者は、「この問題に関して、J・K・ローリングとローリングのチームからのコメントはありません」とBuzzFeed Newsに話した。


性転換の手術をしたところで、
男性にはなりきれないし、もちろん女性にもなりきれないわけで
まがい物の男と女が出来るだけの話でしょ?

ローリング女史も女史が支持している女性も何ら間違ったことを言っておらず、単に事実を指摘しただけのこと
なのに裁判で負け仕事を失い、炎上とか
世界はキチガイになってしまってるなぁと感じますね

差別するなと言われても、単に事実を指摘しても許されないんじゃどうにもこうにもねぇ

あと
女子スポーツ界で、性転換した男が出場して女子の記録を塗り替えているそうですね
そりゃそうでしょ、男の体力で女性の競技を行えばたいていは記録が変わります
そんなもん認めたら駄目に決まってますよ
サイボーグが競技して、人間の記録を塗り替えているようなものじゃ無いですか、そんなもん記録じゃありません

差別特別の違いをあえて差別のみの問題にする傾向はいつ終わるんでしょうかねぇ
本当にバカバカしい話です

どうあがこうと違うものは違う
それが理解できない連中は脳のどの辺が故障しているのかなぁ
早く治す手段が見つかると良いね!


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191224-00010004-bfjc-int


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:33| 東京 ☁| Comment(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

弁護士の言いぐさに腹が立つhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191226-00000003-tncv-l40

Yahoo:「死刑執行 福岡市 一家4人殺害の中国人・元留学生 遺族「無念は晴れない」

16年前に一家4人の命を奪った事件。

突然の「死刑執行」の知らせに、遺族は複雑な胸中を打ち明けました。

【被害者の遺族 梅津亮七さん(93)】
「もう何年になるね、10何年20年になるね」

「長かったね…もう死刑終わっとると思ってた」

【森雅子法相】
「本日、ウェイウェイの死刑を執行しました」

「慎重な上にも慎重な検討を加えた上で、死刑の執行を命令した次第です」

死刑が執行されたのは、中国人の元留学生・魏巍死刑囚(40)。

確定判決によりますと、魏死刑囚は2003年、ほかの中国人2人と共謀して福岡市東区の松本真二郎さん(当時41)夫婦と、11歳の長男、8歳の長女の一家4人を殺害し、現金などを奪いました。

1審と2審で死刑判決を受けた魏死刑囚。

最高裁が2011年に魏死刑囚の上告を棄却し、死刑が確定していました。

【森雅子法相】
「何ら落ち度のない4名もの尊い人命を奪った結果は、極めて重大」

「命を奪われた被害者はもちろん、遺族にとっても無念この上ない事件だと思う」

事件の犠牲となった、松本千加さんの父親の梅津亮七さん。

娘夫婦と孫たちを奪った魏死刑囚の刑執行にも、「無念は晴れない」と話します。

【梅津亮七さん】
「なんて報告するね、嬉しかちゃ言われんめーもん、本当歯がゆかったろうっち言うかね」

「死刑になってよかったねって言われんよ…」

「本当にかわいそうと思ってね…俺がおったら殺させんとになって思って」

一方で、魏死刑囚の福岡高裁での裁判を担当し、確定判決後に手紙のやり取りをしていた徳永響弁護士は、「深く反省していて死刑が相当な人間と思わなかった。死刑が執行されてしまったことについては、今後議論が必要だと思う」とコメントしています。


ま、法の通りに判決が出た半年以内に執行すれば良いんですけどね
何年もほったらかしにしているのは謎
とはいえ、法相も人の子、執行させるのも度胸がいるのかもしれないですが
でも、それが大臣としての職務なのですから、サクサクお願いしたい


で、末尾のクソ弁護士の発言
被害者のこと、またこの事件にショックを受けた人も見ることを踏まえれば良くも言えたものだと感心します
人を馬鹿にするのもいい加減にしろって思いますね
こんなクズ死刑以外に何があるのかって?

反省すれば死刑を回避して良いんでしょうかね?やったことに対する責任をしっかりとるしかないでしょうに


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191226-00000003-tncv-l40


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:15| 東京 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供を一人にするのは不安だけど、かといって異性の風呂に入れるのも問題よねhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191229-00000013-asahi-soci

Yahoo:「10歳の男子、女湯入浴はNG? 香川県が引き下げ検討

親子らの銭湯などへの入浴を想定し、香川県が男女の混浴を禁じる年齢について、12歳以上から10歳以上への引き下げを検討している。浴場の設備や衛生上の基準を定めた条例改正の一環で、来年1月8日までパブリックコメントで意見を募っている。

 県によると、12歳以上の混浴禁止を定めた現条例は1953年に施行された。年齢の根拠は資料が残っておらず、不明という。担当者は「一人で入浴できる年齢を考慮したのでは」と話す。

 厚生労働省の要領には、「おおむね10歳以上の男女を混浴させないこと」とある。担当者は「風紀に必要」と言う一方、「あくまで指針」と話す。各都道府県が判断し、条例で定めているのが実情という。

 全国的に10歳以上とする自治体が多く、近県の愛媛、徳島、高知、岡山の4県も10歳以上と規定。香川県には「(12歳は)思春期に入る頃で、不適当だ」と問い合わせもあるという。

 条例の対象は、銭湯や旅館の日帰り入浴など。宿泊客のみに提供される家族風呂などのサービスには適用されない。

 パブリックコメントは県生活衛生課まで、郵送、持参、ファクス、電子メールで提出する。詳細は県のホームページで。(尾崎希海)


今のご時世、どこに変質者がいるかわからないですからね
また、逆に性に興味を持ち出す頃合いでもあるでしょうから、異性のいる風呂に入れるのも
大いに問題あるかなと

できれば個別に、家族単位で入れる施設があればって思わなくも無いけど、無理難題ですよね

というわけで、同性の親が入れてあげるしか無いでしょうね
なんてことを言うとシングル世帯がどうこうってなるから、面倒な世の中ですよね〜


ま、そういう世帯は、子供が一人でも行けるようになるまではそれぞれの家庭のお風呂でガマンしてねって、感じです


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191229-00000013-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:05| 東京 ☀| Comment(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする