2019年11月11日

何かあった場合、その人を守るのは誰ですか?https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-12130603-kantelev-soci

Yahoo:「脳性まひの男性が「1人での搭乗」を拒否されたのは「人権侵害」…日弁連が航空会社に改善求める要望書

電動車いすの男性が1人で搭乗することを拒否されたのは人権侵害だとして、日本弁護士連合会がジェットスター・アジア航空に改善措置を求める要望書を提出しました。

脳性まひの障害がある大久保健一さん(43)は、5年前、ジェットスター・アジア航空の国際線を往復で利用する予定でしたが、帰国の際に、介助者なしでの搭乗を拒否されました。

大久保さんは、行きの便は1人で搭乗できていて、翌年、日弁連に人権救済を申し立てていました。

日弁連は「マニュアルが作成・周知されていなかったことに問題がある」として、ジェットスター・アジア航空に改善を要望しました。

【搭乗拒否された大久保健一さん】
「再発防止も要望してくれたことで、今後このような搭乗拒否が二度と起こらないようになるきっかけになればいい」

ジェットスター・アジア航空は「現在、要望書の内容を確認している」とコメントしています。


一人で乗るのは大したものかもしれないけど
だからといって、障害者故にいろんなトラブルにちゃんと対処できないこともあるでしょう
で、それに対処するのは誰なんですか?と
まさか客室乗務員にやらせるつもりかなと

人権侵害を盾にして、あれこれ強要するのはどうかと思いますけどね!
こういう障害者様が存在する限り、公共交通機関にしてもなんにしても「触らぬ神に祟りなし」って扱いで良いんじゃ無いでしょうか?
距離を置いておかないとあれこれ難癖を付けられて、権利だと言って強要、無理強いがまかり通るようになるんで困ったものですよね!

何かあっても責任はとりませんってことにしておくべきでしょうね!!!


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-12130603-kantelev-soci



ブログランキング にほんブログ村

posted by ! at 21:28| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

被害者の言い分が常に正しいとは言えませんよねhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00000037-asahi-soci

Yahoo:「ベビーカー拒否のバス運転手見つからず 名古屋市が調査

ベビーカーに双子を乗せた女性が名古屋市営バスから乗車拒否されたとの声が寄せられた問題で、市交通局は11日、女性が乗ろうとした路線を運行する可能性がある運転手約200人に聞き取りをした結果、乗車拒否した運転手は見つからなかったと明らかにした。市交通局は「(乗車拒否が)全くなかったと裏付けることもできず、お客様の指摘を否定するものではない」と説明している。

 乗車を拒否されたと話しているのは、1歳の双子の女児がいる名古屋市の女性(34)。

 交通局によると、乗客とのやりとりを録音する車内のドライブレコーダーは約1週間で上書きされるため、女性が乗ろうとしたという10月下旬の記録は残っていないと判断した。聞き取りでも確認できず、調査を終える。

 一方、11月4日にベビーカーの乗車ルールを尋ねる電話が市バスの営業所にあり、職員が「2人乗りのベビーカーに子どもを乗せたままの乗車はお断りしている」と誤った説明をしていたことが判明した。女性も営業所から同様の説明を受けたと話している。市は適切な対応をするよう周知する。


ホントにあったことかもしれないけど、
かといって、それを証明するものが何も無ければ疑うのも当然じゃ無いかなとか

複数の目撃者が出てくれば別でしょうけどね

なんにしたって、一方的な物言いでバス会社を断罪するのはどうかと思います
そのときのやりとりが客観的に出てこない限り、バス会社が悪いって事はあり得ないでしょう
状況次第では、乗車拒否もやむ得ないって事になるんじゃ無いでしょうか?


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00000037-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:19| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする