2019年09月02日

怖い怖い言論弾圧>南鮮からの日本ヘイトは問題なしとされるのに!https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190902-00010013-huffpost-soci

Yahoo:「週刊ポストが「韓国は要らない」特集を謝罪。「誤解を広めかねず、配慮に欠けていた」

9月2日発売の週刊誌「週刊ポスト」で「韓国なんて要らない」などと題する特集を掲載し、小学館から関わりのある作家らから「差別的だ」と批判を受けた問題で、発行元の小学館は「誤解を広めかねず、配慮に欠けていた」と謝罪した。ハフポスト日本版の取材に対し、メールで回答した。

怒りの声あがる

批判の声が寄せられたのは週刊ポスト9月13日号。「韓国なんて要らない」などと題して特集を展開。

「『嫌韓』ではなく『断韓』だ」「厄介な隣人にサヨウナラ」とし、GSOMIA(軍事情報包括保護協定)を破棄した韓国側のデメリットや、輸出管理強化による韓国経済への影響などについて検証する記事を掲載した。

また『怒りを抑えられない韓国人という病理』という記事では、「大韓神経精神医学会」のレポートを紹介する形で、韓国の成人の10人に1人が治療が必要なレベルで感情がコントロールできないなどとした。

これに小学館にゆかりのある作家たちから批判の声が相次ぎ、リレーコラムを担当するしている深沢潮さんは「記事が差別扇動であることが見過ごせず、リレーエッセイをお休みすることにしました」とし、今後の執筆を取りやめると発表した。

また小学館から本を刊行していること作家の柳美里さんも「日本で暮らす韓国・朝鮮籍の子どもたち、日本国籍を有しているが朝鮮半島にルーツを持つ人たちが、この新聞広告を目にして何を感じるか、想像してみなかったのだろうか?」と批判したほか、思想家の内田樹さんも「いいんです。俗情に阿(おもね)らないと財政的に立ち行かないという出版社なんかとは縁が切れても」とし、小学館との仕事を今後しないと宣言した。
「誤解広めかねず...」謝罪

ハフポスト日本版が小学館に文書で質問したところ、週刊ポスト編集部名義で回答があった。

回答では特集の意図について、「混迷する日韓関係について様々な観点からシミュレーションしたもの」とした一方で、 「『怒りを抑えられない「韓国人という病理」』記事に関しては、韓国で発表・報道された論文を基にしたものとはいえ、誤解を広めかねず、配慮に欠けておりました」とし、謝罪した。

編集部のコメント全文は以下の通り。

弊誌9月13日号掲載の特集『韓国なんて要らない!』は、混迷する日韓関係について様々な観点からシミュレーションしたものですが、多くのご意見、ご批判をいただきました。
なかでも、『怒りを抑えられない「韓国人という病理」』記事に関しては、韓国で発表・報道された論文を基にしたものとはいえ、誤解を広めかねず、配慮に欠けておりました。
お詫びするとともに、他のご意見と合わせ、真摯に受け止めて参ります。 (『週刊ポスト』編集部)


別に間違ったことじゃないでしょう?
南鮮からの日本へのヘイト行為は無問題とされるのに
何で日本で声を上げるとこういうことになるんだ?
不平等だと思いますけど?

朝鮮人なら何をしても良いけど
日本人は常に、どんなことであっても朝鮮人に配慮、媚びへつらわないといけないのでしょうか?
そんな関係のどこが対等な関係といけるのか?どうみても南鮮人の奴隷としての日本人にしか見えないんですが

本当に狂ってると思います


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190902-00010013-huffpost-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:12| 東京 ☀| Comment(0) | 反日(主に特定アジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

法治国家を捨てたみたいですねhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190902-00000051-asahi-soci

Yahoo:「同性パートナーに在留特別許可 「ありがとう、日本」

法務省は2日までに、在留資格がないまま日本人の同性パートナーと17年間同居していた関東に住む東南アジア出身のトランスジェンダーの女性(58)に対して、在留特別許可を認める決定をした。この女性は男性として生まれ、法律上は男性同士のカップルとなる。弁護団は、「同性パートナーに在留特別許可が認められたのは、3月の台湾人男性に続き2例目とみられる」という。

 トランスジェンダー女性は1981年、エンターテイナーとして興行ビザで来日。93年に在留資格を失った後、日本人の男性会社員(67)と出会い、2002年から同居している。13年、女性は肺がんの手術を受けたが、健康保険がないため、医療費は男性が負担してきた。

 将来への不安が募り、16年には、パートナーシップ合意契約と遺言の公正証書を作成。17年3月、東京入国管理局に出頭した。今年8月14日、「定住者」として在留特別許可が出た。

 2日、都内で開かれた記者会見で、女性は「ありがとう、日本」と感謝を述べ、「健康保険にも加入できてうれしい」と涙をぬぐった。弁護団の熊沢美帆弁護士は、「入管に出頭した際、日本人の配偶者用書類で対応された。婚姻同然の2人の関係が大きく評価された」とみる。

 法務省出入国在留管理庁は、「素行や生活スタイル、社会への定着性や人道的な配慮など、これまでの在留状況を総合的に判断した」としている。(杉原里美、板橋洋佳


同性なんちゃら以前に
不法在留とか、違法行為を見逃して
在留許可を出しちゃうとか、法治国家を捨ててしまったんでしょうか?
非常にゆゆしき事態では無いかと考えます

法より人情を優先させたら、法の存在価値がありませんね
取り消して退去命令を出し直すべきでじゃないでしょうか?

でないなら法を捨てるべきでしょうね

そのうえで家族でも何でも無い関係性で、在留を認める必要性があるのか?
本当におかしくなってしまったなぁと思います


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190902-00000051-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:02| 東京 ☀| Comment(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする