2019年06月06日

競技がデタラメになるhttps://snjpn.net/archives/135149

”Share News Japan”:「【本当にフェア?】女性に性転換した元・男性選手が女子陸上大会で大差をつけ優勝! → 運営側「トランスジェンダーだから有利という医学的証拠ない」

▼記事によると…

・先月25日に米テキサス州で行われた全米大学選手権「NCAA 2019」にて、シーシー・テルファー選手が400mハードル走で優勝。彼女は以前は男性として活躍する陸上競技選手でした。

性転換した男性が女性向け競技に出るのはフェアか、と物議を醸しています。

男性として生まれたシーシー・テルファー選手は、去年までは男性選手として陸上競技に参加。

しかし記録は振るわず、アスリート上位200圏外。2018年1月にバーモント州で行われた陸上大会(男子400m走)では、9人中8位という結果でした。

しかしその後にテルファー選手は性別適合手術を受け、女性アスリートとして大会に参加するように。そしてNCAAでは優勝を果たします。彼女のタイムは57.53秒。59.21秒でゴールした2位の女性選手には1秒以上もの大差をつけ勝利したことになります。

・オーストラリアの女性トップアスリートTamsyn Manouさんも「アンフェア」と言及。「女性と競う男性はあまりに有利すぎる。社会的な性別の問題ではなく、生物学的な性別を理解することが重要」と述べています。

しかしNCAA運営側は「(トランスジェンダーだから)有利だという医学的証拠はない」と反論しています。

2019年06月04日
http://yurukuyaru.com/archives/80037883.html

トランスジェンダー
トランスジェンダーとは、一般に 生まれたときからもっているとされる、伝統的に社会で認識されている役割と同様の規範的な性役割に収まらない傾向を含む、あらゆる個人および行動、グループに当てられる一般用語である。
トランスジェンダー - Wikipedia


こんなことが認められるなら、他のまともな女性アスリートはドーピングしても良いと思いますよ
そうでなければ競技の公平性がまるで無い

とにもかくにも
元々男性の身体なのですから女性に勝てるのは当然では無いかと思いますね
男性と女性、生き物としてまるで違う存在
同じであると考えるのはバカだと思います

性転換といっても、性器の有無くらいでしょ?
脳の構造から筋肉の付き方とか、そういうことまで改造したわけじゃ無いんだから不平等
それ以外の何ものでも無い

とにかく肉体の構造が違うんだから、同じ競技をしたらおかしいでしょう
このおっさんが女性として世界新記録を出したとして、女性アスリートたちはそれを誇りに思えるんでしょうか?
どう考えてもドーピング記録にしか見えないと思うけどね


これは健常者と障害者についても同じ
同じ条件で競技が出来ないのに、行うのは著しく不平等
やってはいけないと考えます


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:46| 東京 ☀| Comment(0) | 異常なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こいつが出国禁止で何かまずいの?https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190606-00000105-kyodonews-int

Yahoo:「安田純平さん旅券、5カ月不発給 シリアで拘束、「出国禁止」

内戦下のシリアで約3年4カ月拘束され、昨年10月に解放されたフリージャーナリストの安田純平さん(45)が外務省に申請した旅券(パスポート)が5カ月にわたり「審査中」とされたまま発給されていないことが6日、分かった。安田さんが明らかにし、日本政府関係者も事実を認めた。

 安田さんは「発給が長期間判断されず、事実上、出国禁止の状態が続いている」と話した。憲法が保障する海外渡航の自由との兼ね合いから妥当性が問われそうだ。

 旅券法は渡航先が入国を認めなかったり、国益を害する可能性があったりする場合、パスポートを発給しないことがあると規定する。


さんざん国に迷惑をかけておきながら自覚が無いんでしょうか?

解放のために国が費やした金や時間を考えれば出国禁止程度たいしたことじゃないでしょ?
文句を言うなら過去の自分のいうべきだ!


ふざけんなって思います
自由の権利を確保したければなすべき事をなしてからにすべきでは無いか?


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190606-00000105-kyodonews-int


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:20| 東京 ☀| Comment(0) | 反日(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする