2019年04月16日

だから辺野古へ移すんじゃ?https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00000021-ryu-oki

Yahoo:「国に賠償命令も賠償額は減 飛行差し止め認めず 「普天間基地提供協定」の違憲判断避ける 第2次普天間爆音訴訟

米軍普天間飛行場の周辺住民3415人が実質的な米軍機の飛行差し止めや過去、将来分の損害賠償などを求めた第2次普天間爆音訴訟の控訴審判決が16日、福岡高裁那覇支部(大久保正道裁判長)で言い渡された。大久保裁判長は一審に引き続き、騒音の違法性を認定し、国に賠償を命じたが、賠償の算定基準額は減額した。飛行差し止めのほか、日米両政府の「普天間基地提供協定」の違憲確認については、訴訟の対象外としていずれも請求を退けた。

 2016年11月の一審那覇地裁沖縄支部判決は、米軍の普天間飛行場運用に国の権限が及ばないとする「第三者行為論」を採用し、飛行差し止め請求を棄却。違憲確認も審理対象外として退けた。一方、騒音被害については、受忍限度を超えていると認定し、過去分の損害賠償について1次訴訟を上回る総額約24億6千万円の支払いを国に命じた。騒音コンター(分布図)以外の原告の訴えは認めなかった。

 低周波音については「生活妨害や精神的被害、睡眠妨害の一因になっていると認められる」としながらも「生理的影響が及び、その健康に影響が生じていると認めるには足りない」と判断。提訴後に配備されたオスプレイについては「原告らの被害が増大したと認めるには足りない」として、被害と認めなかった。【琉球新報電子版】


国防の一環として考えれば騒音被害くらいまでは認められるかもしれませんけど
飛行禁止とか国家間の協定にまで裁判所が口を出すことは無いでしょうね
国家の存亡に関わることを裁判所が判断するわけ無いし、いわゆる高度な政治判断になるわけですし

支那とか朝鮮という侵略国家が近くにあるので国防をおざなりにして良いって事は無いわけで
有事に即対応できるようにするために日々訓練は必要なわけで、飛行差し止めはあり得ないでしょうね

そういう問題があるので辺野古への移設が決まっているわけで、早く移せばそれだけ被害は減るわけです
何で反対するのかなぁ?

基地をすべて国外へっていう判断はあり得ませんね
国を守るために必要なものを国外に出すわけ無いでしょう


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00000021-ryu-oki


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:43| 東京 ☀| Comment(0) | 反日(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イヤなら使わなければ良いだけのこと>国に待ったをかけるのは厚かましいhttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190415-00010000-kinyobi-soci

Yahoo:「「令和」に待った! 矢崎泰久さんら元号差し止め求め提訴

新元号は「令和」と決まった。エイプリルフール(4月1日)に発表されメーデー(5月1日)に施行されるという、それだけでも冗談みたいなイベントにネットはもちろんマスメディアも大騒ぎの様相を呈したが、元号自体の是非はもとより、これでまた西暦との照合が面倒になるなど、国民生活の隅々に及ぶ不便が懸念される。

 そうした中で3月27日、天皇の即位のたびに元号を制定するのは憲法の精神に反するとして、国に元号制定の差し止めを求める訴訟が東京地裁に起こされた。原告は本誌でもお馴染みの矢崎泰久さん(86歳)と弁護士の山根二郎さん(82歳)、会社役員で元国家公務員の北原賢一さん(70歳)の3人。元号の制定を違憲とするこうした訴訟は初めてのことだという。

 提訴後に行なわれた記者会見で、山根さんはまず「元号の制定は国民が個々に有する『連続した時間』を切断・破壊するものだ」と切り出した。すなわち、国民は西暦を時間の尺度とする「世界史の時間」に自分の個人史の時間を重ね合わせて生きている。元号の制定はこれを「天皇在位の時間」に閉じ込めてしまうものであり、それは日本国憲法第13条が保障する個人の尊厳を侵害するとの主張である。世界中で日本にしか残ってないとされる元号制によって自己存在の根源をなす時間の意識を損なうことはアイデンティティ(自己同一性)を基底とする人格権への重大な侵害である、と。

 そもそも1979年制定の現行「元号法」にはその制定目的が何も書かれていない。確かに憲法は第1条で天皇について定めているが、元号を制定すべしとする理由はどこにもない。明治憲法とともに制定された旧皇室典範では天皇を日本の絶対的統治者(主権者)としたが、国民主権を根本原理とする現憲法の精神に今の元号法は反し、違憲であるというわけだ。

 矢崎さんは「日本の民主主義を実現しようとする中で、天皇制がずっと妨げになってきた。明治・大正・昭和・平成と、天皇の政治利用が行なわれてきた一つの象徴が元号制であり、これらも含めて皇室が持っている権限を少しずつ減らしていかなければならない。その一助になれば」と今回の訴訟に委ねた自らの思いを力説した。

 北原さんは「私にも昭和生まれと平成生まれの子どもがいる。元号によって例えば子どもたちの中でも『あの子は昭和生まれだ』といった呼び方が生じる。そうしたものでも差別の遠因にもつながりかねないし、これから国際社会を生きていく中で元号というものが不合理なものになっていくのではないか」という懸念を表明した。確かに日常生活の隅々における、そうした元号の使われ方、そこから生じる煩わしさや不合理が、日本に暮らす人びとの意識に深層から箍をはめていってしまうところは多分にあるだろう。

 無論、現実的には裁判が始まるのはすでに新元号が制定された後になる。記者会見では「差し止め仮処分の申し立てはしないのか」という質問も出たが、山根さんはそれは行なわず「裁判が始まった段階で『新元号は無効である』と訴えを加える」という。あくまで前記したような制度自体の問題点に迫りつつ、5月1日以降も引き続き問題を世に問い続けたいとの意向を語っていた。

 また、40年前に現行の元号法が制定された当時の議論についての言及が訴状には見られないがとの質問も会見では出たが、山根さんは「そうした以前からある議論についても今後の裁判の過程で自ずと立証されていくと思う。今回は先にも述べた、元号法が私たちの人格権の基盤となる時間の意識を切断している、という部分を明確に打ち出したいと考えた」と説明する。過去の象徴天皇制の是非をめぐる議論のみに限らない、元号をめぐる自由闊達な言論を世の中に喚起したいということだろう。良くも悪くも「元号」への関心が若い世代も含めて増している時期だけに、この裁判が貴重な議論の契機となることを期待したい。


たぶん日本人じゃ無いんでしょうね
でていけば良いのに
と思うだけのこと


日本というこの国で千年以上元号は使われてきたわけで、むしろそれを続けていけることに誇りを持ちたいと思うんですが
いつの世にもひねくれた、ねじくれた下品な存在はあるものなんですね
それにしても昭和から平成に変わったときには声を上げたんでしょうか?あったとして議論はわき上がったんでしょうか?
しなければ、何で今になって始めたんでしょうか?

まぁ、寿命も近くなって成功しなかった反日活動の集大成をこの元号にいちゃもんを付けることで成し遂げたいんでしょうかねぇ(笑)
いい年して惨めなものですね
社会に対して反対するしか能が無いなんてね


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190415-00010000-kinyobi-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:元号
posted by ! at 20:02| 東京 ☀| Comment(0) | 反日(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元号を発案した人をあぶり出して何をしたいんだろう?https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190414-00000078-kyodonews-soci

Yahoo:「中西氏、元号をつくるのは神や天 考案者は「私ではない」

新元号「令和」の考案者との見方が出ている中西進氏(89)が14日、館長を務める富山市の「高志の国文学館」で新元号に関する企画展の解説会を開き、「(令和の考案者は)私ではないのですよ」と述べた。「(元号を)つくるのは神や天」とも語った。

 中西氏は企画展の展示資料を説明した後、「令和」と書かれた書を指し示しながら自ら元号に言及した。「誰かが考えたとしても、粘土細工の粘土を出しただけ」と話し、考案者について明言を避けた。

 企画展は4月10日に始まり、5月13日まで。新元号の典拠とされる万葉集の複製や関連する絵画などを展示している。


誰が考えたものでも良いと思うんですけどね
そこまで詮索する必要性があるんでしょうか?

クソメディアのやることは理解できないですね!


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190414-00000078-kyodonews-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:元号 令和
posted by ! at 19:53| 東京 ☀| Comment(0) | 腐りきったメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする