2019年04月08日

性暴力を封じるための方策が中途半端って事かな?https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190408-00000031-ann-soci

Yahoo:「“娘と性交”父親が無罪の理由 抵抗可能だった?

娘と性交した父親の裁判で無罪判決が言い渡されました。判決では「娘は抵抗可能な状態だった」とされていますが、その判断の理由とは。

 共同通信によりますと、父親である男性は実の娘が19歳の時に勤務先の会社やホテルで抵抗できない状態に乗じ、娘と性交したとして準強制性交の罪に問われて懲役10年を求刑されていました。検察側は「中学2年生のころから性的虐待を受け続け、専門学校の学費を負担させていた負い目から心理的に抵抗できない状態にあった」と主張。弁護側は「同意があり、抵抗可能だった」と反論。名古屋地裁岡崎支部は、同意については「性交は意に反するもので、抵抗する意志や意欲を奪われた状態だった」と娘の同意はなかったと認定しました。
 しかし、抵抗できる状態であったかについては「以前に性交を拒んだ際に受けた暴力は恐怖心を抱くようなものではなく、暴力を恐れて拒めなかったとは認められない」と指摘。抵抗を続けて拒んだり、弟らの協力で回避したりした経験もあったとして、「従わざるを得ないような強い支配、従属関係にあったとまでは言い難い」と判断。「被害者が抵抗不能な状態だったと認定することはできない」として、無罪判決を言い渡しました。
 子どもの人権問題に詳しい寺町東子弁護士:「日本の刑法では不同意のセックスが処罰対象ではなく、暴行脅迫を用いて、あるいは抵抗不能の状態に乗じて性交などを行った場合に罪になる。被害者が同意していなかったということだけでは罪にならない。家庭内の虐待ですと、それまでの積み重ねのなかで抵抗しても無駄と刷り込まれてしまっていたり、抵抗することで暴力を振るわれた経験があったり、もっと強く抵抗した場合に何をされるか分からないという恐怖があったり、支配と従属関係というのができてしまっていることが多い。さらに抵抗がしにくい状況というのがある」
 2017年の刑法改正では親から子どもなどへの性的虐待を処罰する「監護者性交等罪」も導入されましたが。
 子どもの人権問題に詳しい寺町東子弁護士:「18歳未満の者に対し、監護者の影響力に乗じて、性交等を行った場合、暴行脅迫がなくても罪になる。(今回の事件の被害者は)18歳未満ではないので該当しない」
 一方で、20歳未満は未成年として扱われ、親権者の同意がなければ法律行為はできません。家の契約も携帯電話の契約も親の同意が必要なのです。
 子どもの人権問題に詳しい寺町東子弁護士:「18歳、19歳のお子さんが被害に遭っていて、逃げたいと思っても、家でお父さんからの被害を我慢するのと家出して路上でもっと危険な目に遭うのとどっちがいいかを突き付けられて、(暴行被害を)我慢しちゃうと『受け入れていた』という認定がされてしまう。18歳、19歳の子どもたちにとっては過酷な法的状況だと思います」


間違っていたら申し訳ないですけど
近親婚は禁じられているけど、近親間でのセックスは禁じられてなかった気がします
なんで禁止しないのかなぁって不思議に思うんですよね

なんにしても記事の通りの状況ならば
日本では性暴力を封じるのは難しいって事ですね
やったもの勝ちの状況じゃ無いですか

再検討してもっと積極的に性暴力を押さえ込むための方策を整えてほしいものです

このおやぢもさっさと吊すべき存在ですよね!
控訴されているようですが、求刑がわずか10年だし死刑にならないんじゃどうしようもないよなぁ


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190408-00000031-ann-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:父娘 近親 性暴力
posted by ! at 21:13| 東京 ☔| Comment(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新しい発電システムが早期に確定しないならアリだと思いますね>原発の新設https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190408-00000112-kyodonews-bus_all

Yahoo:「原発新増設、真剣に推進を 経団連が投資停滞に警鐘

経団連は8日、原子力発電の安全性確保や国民の理解を大前提に、原発の再稼働や新増設を真剣に推進すべきだとする政策提言を発表した。再生可能エネルギーの導入拡大に必要な送配電網の整備など、電力インフラへの投資が停滞していることに警鐘を鳴らし、投資を促す仕組み作りなどに早急に取り組むよう政府に求めた。

 提言では、東日本大震災以降、火力発電への依存度が8割を超え、再エネの導入拡大や原発の再稼働も難しい状況にあると指摘。現状では、電気事業者が投資回収の見通しを立てにくく、投資の抑制につながっていることに危機感を示した。


政権が再稼働を渋ってる現状ではどうにもこうにもではありますが
新しい発電方法、安価で大量発電が可能なシステムを完成出来ない限りは
ひとまず現在存在する原発を再稼働させ、使える限りは使っていくしか無いと思います
火力、水力発電で日本の電力がまかなえない以上、再稼働は進めるべき案件

再生可能エネルギーで電力がまかなえるっていうのは白日夢か何かじゃ無いですかね?

電気無しで生活が維持出来るっていうなら別ですけど、医療の現場を見ればいうまでもないし
普通の生活だって電気無しで生活出来るわけないのも言うまでもないでしょうし

まぁ新しい原発は、事故を起こした原発と違って安全性は高まってるだろうし、場所さえ確保出来れば新設は必須項目になるかもしれません


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190408-00000112-kyodonews-bus_all


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:03| 東京 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この地域に医者は行く必要ないんじゃね?https://www.asahi.com/articles/ASM2H4KDXM2HUBUB00B.html

朝日新聞:「村唯一の診療所長がインフル 無診療で処方、違法だが…

秋田県上小阿仁村(人口約2300人)で唯一の医療機関、村立上小阿仁国保診療所の医師の柳一雄所長(80)が、患者を診察せずに処方箋(せん)の発行を看護師に指示していたことが15日わかった。医師法は無診察での処方箋の発行を禁じている。だが、「法律軽視」の一言では片付けられない、過疎地の医療のもろさが垣間見える。

ただ一人の常勤医、南相馬市に退職届 4月に休診の恐れ

 この日の村議会全員協議会で、村が経緯を説明した。それによると、柳所長は5日朝、インフルエンザに感染していることが判明し、8日まで受け持ちの医科の休診を決めた。村民には、全戸に設置されているディスプレー機能があるIP電話で周知した。それでも休診を知らずに、診療所へ来る患者が相次いだ。

 そこで柳所長は自宅で、診療所の看護師から患者の血圧などを電話で聞き取り、慢性疾患などで定期的に薬を処方している患者のために処方箋の発行を指示した。発行してもらった患者は5日から7日までに計46人にのぼった。7日午後、医療に関する相談窓口の「県医療安全支援センター」(秋田市)から事実確認の問い合わせがあり、発行を中止した。

 診療所の常勤医は、2013年に赴任した医科の柳所長と歯科医1人の計2人。週1回勤務の泌尿器科医も1人いるが、体調不良で2月いっぱい休むことになったという。柳所長は村に対し、「服用する薬がなければ困る患者がいるので発行した」という趣旨の説明をしているという。医科が休診の場合、患者は村外の医療機関に行かないと処方箋が手に入らない。車を運転できない高齢者にとっては大きな負担となる。

 柳所長の体調はすでに回復しており、診療所は13日に医科の診療を再開した。

 15日の村議会全員協議会で、診療所の運営責任者の小林悦次村長は「大変なご迷惑をかけたことを心から謝罪する」と陳謝した。現在、国や県が関係者から事情を聴いており、「調査に協力し、再発防止を徹底する」とも述べた。

 そのうえで、柳所長は高齢で今後も休診する事態が考えられる一方、代わりの医師が診察する態勢が整っていないとして、県に医師の派遣を相談することや、無料の送迎バスを隣接する北秋田市の市民病院へ運行することなどを検討する考えを示した。(加賀谷直人)


参考
Wikipedia:「上小阿仁村

医師が無理してまで行く村じゃ無いでしょう
病院まで来て貰うで、良いと思いますね
きちんと対処出来ない村に大いに問題があるし、嫌がらせをする連中はもちろん何らかのペナルティーを受けさせるべきだと思います
嫌がらせをしてなんのおとがめも無いってのはおかしいと思う


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:53| 東京 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする