2019年03月27日

支那が攻めてこなければ戦場にならない>宮古島https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190327-00010000-miyako-oki

Yahoo:「「宮古を戦場にするな」 陸自配備に市民団体が抗議

ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会(仲里成繁共同代表)は26日、上野千代田の陸自駐屯地建設工事現場ゲート前で抗議集会を行った。同連絡会のメンバーら約40人が参加。のぼりや横断幕を掲げて陸上自衛隊第15旅団宮古警備隊の配備反対を訴えた。抗議集会は、同日行われた同警備隊の編成完結式に合わせて行われた。


 参加者はハンドマイクを手に「宮古を戦場にするな」、「宮古の地下水を守れ」、「工事を中止しろ」などとシュプレヒコールを上げながら、駐屯地に向かって拳を振り上げて抗議を行った。


 集会には静岡や東京、神奈川などの県外からの参加者もいて「辺野古の問題は県民投票などで広がりを見せているが、南西諸島における陸自配備の問題はあまり周知されていない」と話し「この抗議行動で訴えていきたい。頑張ろう」と呼び掛けた。


 同連絡会のメンバーらは、田中広明隊長に直接、決議文を渡したいと面会を要求した。同隊の広報担当が調整したが、来客中ということ面会には応ずることはできず、児玉太郎副隊長が会うことで折り合いがついた。


 仲里共同代表が「千代田の工事中止やミサイル配備計画の撤回」を盛り込んだ決議文と声明文を読み上げ、児玉副隊長に手渡した。参加メンバーから「基地の中では、どんな職務が行われているのか」、「迷彩服で通勤しないでほしい」などの質問や要望が飛んだ。


 児玉副隊長は「みなさんの生命と財産を守るために来ている。災害派遣や防衛、警備が任務」と説明して理解を求めた。


支那が攻めてこなければ、戦場になることはないでしょうねぇ
国防のために駐屯するわけで、抑止力として必要だし
もし駐屯がないまま攻め込まれれば、支那周辺の様子を見ていればわかることだけど
蹂躙されるだけでしょ?それでいいのかなと不思議に思います
非武装中立って事が存在しうるって考えられる脳天気さにあきれます

少なくとも日本人(支那人で無い以上)である限り、支那人は虐殺の限りを尽くすでしょうな
戦争ってそういうものでしょうに
何もしなければ何もされないって事はあり得ないし
いじめの構図も似たようなものじゃないですか


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190327-00010000-miyako-oki


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:27| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国防に関わることなので沖縄だけで決まることじゃないでしょhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190325-00000071-mai-soci

Yahoo:「沖縄知事「民意を無視、激しい憤り」 辺野古、新海域に土砂投入

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画で、防衛省沖縄防衛局は25日午後、辺野古沿岸部の新たな海域への土砂投入に着手した。2月の県民投票で埋め立て反対が7割を超え、玉城(たまき)デニー知事は安倍晋三首相に移設工事の中止と協議を求めたが、政府は拒否し、埋め立て海域の拡大を強行した。

 米ハワイに出張中の玉城知事はコメントを出し、「激しい憤りを覚える。県民投票で示された民意を無視し、工事を強行することは民主主義を踏みにじり、地方自治を破壊するものだ。他の自治体でも同様のことが起こりかねない」と政府の姿勢を強く批判。「全国民の皆様にはこのような国のあり方をしっかりと見て、自分のこととして状況をとらえ、共に声をあげてほしい」と呼び掛けた。

 新たに土砂が投入されたのは、辺野古の米軍キャンプ・シュワブ南側の護岸で囲った海域約33ヘクタール。昨年12月14日から土砂投入を始めた海域(約6.3ヘクタール)の西隣にあり、防衛省は工期は来年8月末までとする。この二つの海域での埋め立てが終われば、全体の埋め立て面積(約160ヘクタール)の4分の1を占めるシュワブ南側の埋め立てが完了する。

 一方、シュワブ東側の埋め立て予定海域では当初想定されていなかった軟弱地盤が広範囲で確認され、大規模な地盤改良工事が必要となることから、ほぼ未着手のままとなっている。

 政府は約7万7000本の砂の杭(くい)を打ち込むなど約3年8カ月かけて地盤を改良する予定だが、玉城知事は「工事の長期化は避けられない。全体の実施設計や工期、費用も示さないまま工事を強行することは断じて許されない」と指摘。地盤改良工事に伴う設計変更の承認申請を認めないなど、あらゆる手段で徹底抗戦する構えだ。

 普天間飛行場の返還時期について、日米両政府は「2022年度またはその後」としているが、軟弱地盤が確認されたことから大幅に遅れることは確実。県は「このまま計画を進めることは普天間飛行場の固定化につながる」と主張している。【遠藤孝康】


民意民意って沖縄県知事は言うけど
国防に関わることなので、沖縄県だけで決められることではありませんね
国全体で考えることだし、想定される侵略国支那、朝鮮の動きを考えれば沖縄を重点的に見るのは当然のことではないかと

それに沖縄防衛ラインを突破されたら、世界平和はあり得ないだろうなぁ
支那の支配する世界は考えたくないんで、しっかり守るべきであり基地が設置されるのはやむ得ないと思います

また辺野古が完成しなければ普天間固定は当然ではないか?
辺野古の工事はしません、普天間は動かせって図々しすぎませんか?

沖縄県知事はどこの意向を受けて動いているんでしょうか?
日本の民意じゃないことは確かですが


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190325-00000071-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:20| 東京 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする