2019年03月25日

まっとうな判断で良かったhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190325-00000033-mai-soci

Yahoo:「夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁

夫婦別姓を選べる法制度がないのは憲法に違反するとして、東証1部上場のソフトウエア開発会社「サイボウズ」の青野慶久社長(47)ら男女4人が、国に計220万円の賠償を求めた訴訟の判決が25日、東京地裁であった。中吉徹郎裁判長は原告側の請求を棄却し、現行制度は合憲との判断を示した。

 夫婦別姓を巡る司法判断は、夫婦同姓を定めた民法750条を「合憲」とした2015年の最高裁判決以降、初めてとみられる。

 今回の訴訟で、原告側は民法ではなく、戸籍法に着目。日本人同士の離婚や日本人と外国人の婚姻・離婚では同法などに基づき、同姓とするか別姓とするかを選べる。一方で日本人同士の結婚は戸籍法に同様の規定がなく、原告はこの点が「法の下の平等」を定める憲法14条などに違反すると主張。別姓を選べる立法措置をとらない国会の「不作為」が違法だとして賠償を求めていた。

 青野社長は01年に結婚し、妻の姓の「西端」に変える一方、仕事では旧姓の「青野」を使い続けている。訴訟では、取引先との契約でどちらの姓を使うかの判断で手間がかかるなど「価値を生まない無駄な活動が日々発生している」と訴えていた。

 選択的夫婦別姓の導入は1996年、法相の諮問機関・法制審議会が民法改正案要綱に盛り込んだが、法改正は実現していない。15年の最高裁判決も裁判官15人のうち女性全3人を含む5人が「違憲」とし、国会での議論を促していた。


結婚して姓を合わせるのがイヤなら、しなければ良いんじゃ無い?
それに尽きると思うのですが

社会的なメリットが欲しければ合わせるべきだし、メリットが不要なら合わせる必要は無いと思うんだけど
いいとこ取りだけしたいってのはただのわがまま
夫婦になるなら同じ姓を名乗るのが当然じゃないの?


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190325-00000033-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:裁判 夫婦別姓
posted by ! at 20:34| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心の性とか言うあやふやなものは信用出来ませんhttps://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190324-00000039-jnn-int

Yahoo:「男性でも女性でもない第3の性「X」という生き方

LGBT=性的少数者の権利を守る施策を積極的に取り入れるカナダで、「男性」でも「女性」でもない第3の性「X」という生き方を認められたひとりの活動家が来日しました。これまでどう生きてきて、日本で何を思ったのか、取材しました。

 カナダ人のジェンマ・ヒッキーさん(42)。 ジェンマさんは「男性」や「女性」といった明確な区分をしない「ノンバイナリー(Non−Binary)」を自認していますが、身体的には「女性」として生まれました。

 「私は自分を『男性』や『女性』とは認識していません。私は『男女』の中間にいて、それがしっくりくるんです」(ジェンマ・ヒッキーさん)

 物心がついたころから女の子の服を着ることなどに強い抵抗があったというジェンマさん。10代の頃には自分の性への違和感について誰にも話せず、自殺を試みたこともありました。

 「男性」とも「女性」とも感じることができない葛藤が続く中、祖母から言われたこの一言が今も心に残っていると言います。

 「(祖母に)男性か女性かどちらになりたいか分からないと伝えたとき、“ジェンマ”のままでいなさいと言ってくれたんです」(ジェンマ・ヒッキーさん)

 ジェンマさんは今、第3の性別である「X」を認められています。これはジェンマさんの運転免許証。通常、カナダの免許証には男性は「M」女性は「F」と記載されますが、第3の性である「X」が記されています。

 この印は、ジェンマさんがもうひとつの性別の存在を求めつづけ、2017年に地元州政府が認めたものです。

 「『X』の出生証明書をもらったのは(カナダで)私が最初じゃないかな」(ジェンマ・ヒッキーさん)

 今、カナダではパスポートなど国が発行するものでも「X」の記載が可能になっています。

 先月、ジェンマさんの来日にあわせ、生い立ちなどを記録した映画の上映会が行われました。
 「私は“ジェンマ”という性別なんです」(「Just Be Gemma」より)

 映画では、ジェンマさんが「ノンバイナリー」として人生を前向きに変化させていく姿が描かれています。
 「(セクシャルマイノリティーに関して) 知識があるほうだと思っていましたが、ノンバイナリーという言葉になじみがなかった」(映画を見た人)
 「自分じゃない人に対する理解をいろんな角度から深めていきたい」(映画を見た人)

 日本滞在中、LGBTの当事者らや活動家たちとも交流を深めたジェンマさん。日本のLGBTを取り巻く環境に改善点はあるのでしょうか?

 「同性婚も法制化されていない日本では、たくさんの不満が感じられた。日本では私のような人たちは、無視されているようだった」(ジェンマ・ヒッキーさん)

 数々の苦悩を乗り越えてきたジェンマさん。「性別に関係なく、私たちはみんな人間なんだということを忘れないでほしい」と力強く話していました。


どう考えても持って生まれた肉体で判断するしかないと思うんだけど
心がどうとか言っても、それを立証する手段はないわけで
いくらでも嘘をつくことが出来ることを踏まえれば、信用出来ないというのが普通の反応ではないかと

心の性がどうこう言うのは、心がゆがんでいるだけなので、精神科医などの治療を受け素直に肉体を受け入れられるようにすべきでしょう
ただのアブノーマル異常状態でしかないですね

いつか神からの天罰が下りますように!!


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190324-00000039-jnn-int


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:性別
posted by ! at 20:26| 東京 ☀| Comment(0) | 異常なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の法を守れない外人を野放しにして良いわけないと思うので、強制送還をガンガン進めるべきhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190324-00009413-bengocom-soci

Yahoo:「「在留特別許可」10年で8割減、東京五輪が影響? 「平等、適正な判断を」

オーバーステイ(不法残留)をしている外国人は強制送還の対象となる。しかし、さまざまな事情により、日本に留まることを望む人もいる。

そんな外国人を救済する制度として「在留特別許可」がある。法務省がガイドラインを定めており、日本人との結婚や子どもの存在などを総合的に考慮し、法務大臣の裁量で在留資格が特別に与えられる。

3月22日、ある台湾人男性(40代)にも在留特別許可が下りていたことが明らかにされた。男性は同性愛者で、日本人のパートナー(50代)と20年以上同居する「同性婚」状態にあった。同性カップルの権利保障にかかわる話題として各所で報じられている。

ただし、在留特別許可の件数は大きく落ち込んでいるのが現状だ。

●許可率も大きく減少

法務省の統計によると、2008年に在留特別許可を受けた人数は8522人(難民認定にかかわるものを除く)。2011年(6879人)以降は減り続け、2017年は1255人まで落ち込んだ。2018年は1370人に増えたが、10年で85%近く減った計算だ。

許可率(許可数/既済総数)は79.5%(2008年)から56.6%(2018年)に減少している。

なぜ大幅に減ったのか。取材に対し、法務省入国管理局の担当者は、「厳格化しているということはなく、はっきりとした理由はわからない。ただし、退去強制処分に対する異議申出の件数が減っているという事実はある」と答えた。

●同じガイドラインで判断しているのにおかしい

外国人の人権にくわしい指宿昭一弁護士は、「ガイドラインは変わっていないのに、どうしてこんなに割合に差が出るのか」と法務省の判断を批判する。

「ここ数年、在留特別許可の事件に取り組む弁護士の間では、認定が極めて厳しくなったという共通認識があります。法務大臣の裁量が認められているとはいえ、権限を逸脱していると思います」

指宿弁護士は、認定が減ったのは、外国人労働者の受け入れを拡大する入管法改正(2018年)と東京五輪(2020年)をにらんだ動きだとみている。

「厳格化の背景には『外国人には問題がある』『厳しくしなければダメだ』という意識があると思います。しかし、必要なのは『厳格化』ではなく、『適正化』です。

入管自身が適切と考えて、ガイドラインを出しているんです。オリンピックがあろうが、同じように平等に適正に運用すべきでしょう」

【取材協力弁護士】
指宿 昭一(いぶすき・しょういち)弁護士
労働組合活動に長く関わり、労働事件(労働者側)と入管事件を専門的に取り扱っている。日本労働弁護団常任幹事。外国人研修生の労働者性を認めた三和サービス事件、精神疾患のある労働者への使用者の配慮義務を認めた日本ニューレット・パッカード事件、歩合給の計算において残業代等を控除することは労基法37条違反かどうかが争われている国際自動車事件などを担当。
事務所名:暁法律事務所
事務所URL:http://www.ak-law.org/


かわいそうとか人道的配慮とかいう言葉で法をねじ曲げる行為を推奨する方が危険だと思いますが

法を守らない外人を追い出すのは至極当然のこと
親子だろうが夫婦だろうが法は法じゃないのか?
親子揃って母国へ追い返すのが当然ではないだろうか?
駄目なモノは駄目と原則に従いましょう!!

日本国内の治安を守る意味でも当然のことです


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190324-00009413-bengocom-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:19| 東京 ☀| Comment(0) | 外国人参政権とか不良外人問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする