2019年03月14日

介護職員の職場環境の改善が必要ですねhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-00000142-kyodonews-soci

Yahoo:「介護の死亡事故、年間1500人 高齢者施設、厚労省初の全国調査

厚生労働省は14日、全国の特別養護老人ホーム(特養)と介護老人保健施設(老健)で、2017年度の1年間に事故で死亡した入所者が少なくとも計1547人いたとの調査結果の速報値を公表した。これまで国は事故の件数を網羅的に把握しておらず、初の全国調査。ただ、都道府県別の内訳や詳細な内容は明らかにしていない。

 施設から全国の市区町村に報告があった件数をまとめ、14日の審議会で示した。

 調査は昨年10月に全国の市区町村に実施。死亡事故の内訳は特養が計772施設で1117人、老健が275施設で430人だった。


これが多いのか少ないのかはなんとも言えませんが
少しでも事故を減らしたいなら、介護職員の労働環境の見直しが必要だと思いますね

労基法にちゃんと従っているのは当然として
一人で何人の高齢者を担当しているか?一人で二人三人の面倒をみきれるわけがないのに
特に夜勤とか一人で数人を担当することもあるとかって聞いたら無理だと思いません?
これで事故を無くせって言っても無理なのは当然のこと


もちろん、すべてが万全に出来ていたとしても事故はゼロになら無いとは思います
特に痴呆症の人とか、何をするかわからないし、高齢であるって事がすべての事故原因だと言えるかなって思いますし

少しでも健やかに過ごすことが出来るように、良くなることを期待します


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-00000142-kyodonews-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:10| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

放送法がおかしいhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190313-00000084-jij-soci

Yahoo:「「ワンセグ携帯も義務」確定=NHK受信契約、上告退ける−最高裁

テレビを視聴できるワンセグ機能付き携帯電話の所有を理由に、NHKと受信契約を結ぶ義務があるかどうかが争われた訴訟で、「契約の義務がある」との判断が確定した。

 最高裁第3小法廷(山崎敏充裁判長)が13日までに、原告側の上告を退ける決定をした。決定は12日付。

 ワンセグをめぐる訴訟は5件起こされ、最高裁で確定するのは初めて。いずれも、テレビを持たず、ワンセグ携帯のみ所有している場合でも契約義務を負うとするNHK側主張が認められた。

 確定した訴訟のうち1件は、テレビを持っていなかった埼玉県朝霞市の男性がNHKを相手に起こした。一審さいたま地裁は2016年、受信設備の設置者はNHKと契約しなければならないとした放送法の規定について、「『設置』は設け置くという意味で、『携帯』の意味は含まない」とし、契約義務を否定した。

 しかし二審東京高裁は18年、放送法施行時に携帯型ラジオが存在したことなどから「『設置』には『携帯』も含むと解すべきだ」と判断。一審判決を取り消し、NHK側の逆転勝訴とした。
 

法に従って判断する以上、最高裁がおかしいのではなく
放送法がおかしいんだと思いますよ

なんにしてもNHKが有利すぎと思われます
放送法の見直しをして欲しいですよ
全く視聴しないなら契約をしないで良いように修正すべきだと思いますし
また、ワンセグ受信をキャンセル出来るように携帯、スマホ端末も対応して欲しいです
見てないのに請求されるのは不快でしょう


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190313-00000084-jij-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:01| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする