2019年03月02日

上っ面しか見てないんだよなぁ>マスコミの報道の仕方が悪いんだけど>東京新聞記者を擁護の署名とか笑止千万https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00010007-huffpost-soci

Yahoo:「東京新聞の望月衣塑子記者を助けたい。中2の女子生徒がたった1人で署名活動に取り組んだ理由とは

官房長官会見での質問をめぐって首相官邸側から問題視されている東京新聞の望月衣塑子(いそこ)記者を支援しようと、1人の女子中学生が立ち上がった。

望月記者の質問を制限しないよう官邸側に求めるインターネットの署名運動を2月に開始。活動を終えた2月28日までに、1万7000人を超える賛同者を集めた。

なぜ中学生は活動することを決意したのか。本人に聞いた。
東京新聞の望月衣塑子記者を助けたい。中2の女子生徒がたった1人で署名活動に取り組んだ理由とは

記者会見で挙手する東京新聞の望月衣塑子記者(左手前)を指す菅義偉官房長官=2017年7月4日、首相官邸

「特定の記者の質問を制限する言論統制をしないで下さい」──。2月5日、インターネットの署名活動サイト「Change.org」に、そんな文言のキャンペーンが現れた。

特定の記者とは、東京新聞の望月記者のこと。菅義偉官房長官の記者会見で厳しく質問し続ける望月記者に対し、首相官邸側は「未確定な事実や推測に基づく質問」などと度々抗議してきた。
東京新聞の望月衣塑子記者を助けたい。中2の女子生徒がたった1人で署名活動に取り組んだ理由とは

Asuka0813さんのツイート

官邸は2018年12月、沖縄県のアメリカ軍普天間飛行場を県内の辺野古沖に移設する工事をめぐる望月記者の質問を問題視。「事実誤認がある」として、官邸を担当する記者クラブ「内閣記者会」に対し、「問題意識の共有をお願いする」などと文書で申し入れた。

一方、実際の会見でも司会を務める官邸の報道室長が望月記者の質問中、数秒おきに「簡潔にお願いします」などと妨害とも受け取れる行為を繰り返すなどした。

東京都に住む中学2年の女子生徒(14)は、こうしたことをテレビのニュース番組で知ったり、官房長官会見の様子をインターネットの動画で見たりした。

「これでは単なるいじめと変わらない。もう見ていられない」。女子生徒はそう思い、ネットで知ったChange.orgを使って賛同者を集めることにした。

望月記者の問題が「他人事」に思えなかったことには訳がある。自身も小学生のころ、いじめられた経験があるからだ。

「私は口数の少ないタイプで、小学生のころ、人から物事を強引に進められても断れなかったことがありました。あと言葉による暴力を受けたこともあります」

かつての自分と望月記者が重なり、いてもたってもいられなくなった。Change.orgはネットで探し当て、母親の助けを借りて署名を募った。

「娘と一緒に会見の動画やニュースを見ていたんですが、望月記者に対する『妨害』がだんだんひどくなり、娘も署名を集めたくなったようです」。母親はそう打ち明ける。

ただ、誹謗中傷や嫌がらせを恐れ、「山本あすか」と仮名を使った。「安倍政権のサポーターからの攻撃は正直、怖いです」

署名集めの最中、望月記者からTwitterのダイレクトメッセージを受け取った。「ありがとう。中学生が頑張るのは心苦しい。大人が頑張るから大丈夫だよ」。中学生の自分を心配してくれていることはありがたかったが、納得できなかった。

「私はずっといじめをなくしたいと思っています。国の上のほうのことだけど、こんなこと許したら普通の人ももっと自由に発言できなくなると思って。中学生でも無関心ではいられませんでした」

当初の予定より延長し、2月いっぱいまで署名を集め続けた。
東京新聞の望月衣塑子記者を助けたい。中2の女子生徒がたった1人で署名活動に取り組んだ理由とは

記者会見する菅義偉官房長官=2月26日、首相官邸

2月26日。菅官房長官は記者会見で、望月記者から「この会見はいったい何のための場だと思っていらっしゃるんでしょうか」などと会見の意義について問われ、「あなたに答える必要はありません」と突っぱねた(リンク先の動画8分36秒ごろのやり取り)。
東京新聞の望月衣塑子記者を助けたい。中2の女子生徒がたった1人で署名活動に取り組んだ理由とは

Asuka0813さんのツイート

女子生徒は望月記者に対する「圧力」が続いていることに、さらに不安を募らせているという。
集めた署名は印刷するか電子データにして、首相官邸と記者クラブ双方に届けたいとしている。


本来なら記者クラブの自浄作用に基づいて、この記者が追放されるべき案件
それが出来ないので記者クラブの存在意義はない
むしろ記者クラブを廃止して、制限は必要だけど取材したい連中誰もが取材出来る環境を作るべき
記者だけを特権階級にしてはいけない


なんにしても事の経緯すべてを見た上で、こういうことに至ったなら
それはそれでありだけど、マスコミの報道だけ見ていじめを受けてかわいそうと思ったなら、まぁしっかり勉強しろやって感じ
偏向報道の典型的な被害者だよなって思いますね


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00010007-huffpost-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:25| 東京 ☀| Comment(0) | 腐りきったメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本人じゃない上に不法滞在なら強制退去は当たり前>イラン人http://mainichi.jp/articles/20190228/k00/00m/040/194000c

毎日新聞:「日本に生まれ育ったイラン国籍少年の強制送還 「無効」認めず 東京地裁

日本で生まれ育ったイラン国籍の少年(16)が、父親の不法滞在(オーバーステイ)での逮捕を機に入国管理局に退去強制令書を出されたのは、社会通念に照らして著しく妥当性を欠くとして、国を相手取り無効確認などを求めた訴訟で、東京地裁は28日、原告側の訴えを退ける判決を言い渡した。少年側は「ペルシャ語を話せず、イスラム教徒でもない原告が、イラン社会に適応することは困難」と主張したが、清水知恵子裁判長は少年に責任がないことを認めつつ「客観的にみれば法秩序に違反する」と判断。原告の支援者は「少年の人権を踏みにじる判決」と批判した。


人権を守っているから法に従って裁かれただけのこと
それを人情味を出して法をねじ曲げようとする方がよっぽど人権侵害だと思いますね

不法滞在は不法滞在、駄目なものは駄目
それだけのこと
お帰りいただくのが当然のことでしょう
どこが間違っているのか?

都合良く日本に寄生しようとするのは止めてほしい


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:13| 東京 ☀| Comment(0) | 外国人参政権とか不良外人問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

労働者として教師を守る仕組みを強化しないと駄目だよね>生徒優先は片手落ちhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000077-mai-soci

Yahoo:「生徒に暴行された教諭が学校側を提訴 四條畷市などに賠償求める

大阪府四條畷市立中学に勤務する40代の男性教諭が、校内で男子生徒に殴られて重傷を負ったのに、学校側が救急車を呼ぶなどの対応をせず、公務災害の申請も妨げられたとして、市などに計約920万円の損害賠償を求める訴訟を28日、大阪地裁に起こした。生徒からの暴力を巡り、現職教諭が学校側を訴えるのは異例だ。

 訴状によると、教諭は2013年12月の給食時間中、教室の扉を蹴った1年生の男子生徒を注意したところ、顔を殴られた。さらに両手首を強く締め付けられ、膝蹴りを受けた。鼻の骨を折るなどの重傷を負ったが、学校側は警察や消防に通報しなかった。

 直後から休職を余儀なくされ、当時の校長に公務災害の申請を依頼。しかし校長は「保険で治療しないか」「目撃者がいないので書類が書けない」などと拒否し、約3カ月後まで手続きしなかったと主張している。

 教諭は何度も手術を受け、公務災害と認められた。15年10月に復職し、現在は別の市立中に勤務するが、手首の痛みは消えないという。

 教諭側は、以前からこの生徒による暴力行為があったのに、学校側が出席停止にするなどの対策をとらず、公務災害申請も妨げるなど、安全配慮義務を怠ったと訴えている。

 市教育委員会は「教諭に不安を与えたかもしれないが、学校や市教委の対応は適切だった」としている。【戸上文恵】

 ◇「生徒の暴力に苦しむ先生は他にも…誰かが声を」提訴の教諭

 「生徒からの暴力に苦しむ先生は他にもいる。誰かが声を上げなければいけない」。男性教諭は、提訴後に大阪市内で開いた記者会見で訴えた。

 教諭によると、男子生徒は以前から、同級生らに何度もけがをさせるなど問題行動が目立っていた。教諭は警察に相談するよう職員会議で求めたが、上司は「けがをしても、体を張って止めろ」と言って取り合わなかったという。

 暴れる生徒を無理に押さえると、体罰と疑われる懸念もある。「生徒にけがをさせないよう注意して対応した。なぜこんな思いをしなければいけないのか」。教諭は無念そうに語り、痛む手首をさすった。

 文部科学省によると、小中高での教師への暴力事案は2017年度で8627件に上る。教諭の代理人の米倉正実弁護士は「重い暴力事案では、警察など外部の力を借りても教師や他の生徒を守るべきだ」と話した。【戸上文恵】


教師が労働災害に遭ったんだから上司たるものがなんとかするのが当たり前
それを隠蔽しようとする体制が出来てしまっているのが問題

生徒が被害を受ければ大騒ぎになるけど、教師が被害者だと声が上がらないのはおかしい
生徒が犯罪者になったら気の毒と思うのか、校長などのメンツが立たなくなるのが問題なのか
いろいろ事情はあるのかもしれないけど、現場の労働者が暴力被害を受けているのなら、それを改善すべきだ

暴力を振るうことをためらわない生徒がそのまま大人になるのが問題だから矯正するのは当たり前のこと
校長など学校現場の責任者が問題を隠す方が問題となり、トラブルを報告しやすい環境を作るべきじゃないか?
当然警察など外部組織による捜査なども進んで行えるようにすべきだと思う

この教育委員会の立場が最低だよね
問題ある生徒も教師もどちらも駄目だと思いますよ、
罪があるならきちんと罰を受けさせるべきだ
穏便に無かったことにしようとする体質は駄目でしょう

もちろん少年法は廃止、年齢を問わず罪の内容で法の下に平等に裁かれるべきです
もしも殺人を犯したなら子供であっても吊される世の中であるべきだ


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000077-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:07| 東京 ☀| Comment(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする