2019年03月01日

金も余裕も無いし、そもそも不健康になりたくないでしょう>タバコ離れhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00010001-ffield-bus_all

Yahoo:「若い人がたばこを吸わなくなってきているワケ

健康志向の高まりやたばこ代の上昇等が影響して、喫煙する人がかなり減ってきています。喫煙を止めればたばこ代が浮くので、経済的なメリットは大きいです。

たばこを取り巻く環境が厳しくなってきている状況で、どのくらい喫煙者が減ってきているのか調べてみました。禁煙したい人は要チェックです。
若い人が特にたばこを吸わなくなっている

下記の2つのグラフは厚生労働省国民健康・栄養調査から、喫煙率の推移を年代別にまとめたものです。

1つ目のグラフが男性の喫煙率、2つ目のグラフが女性の喫煙率を表しています。喫煙率とは人口に対する現在習慣的に喫煙している人の割合で、習慣的に喫煙している人は、たばこを「毎日吸っている」または「時々吸う日がある」と回答した人の合計となっています。
若い人がたばこを吸わなくなってきているワケ

図表1

2003年から2017年まで15年間の推移をみると、大きな傾向としてどの世代も喫煙率が下がってきています。その中でも特に下がっているのが20歳代です。

2003年は20歳代から50歳代まで55%前後でほぼ同率でしたが、15年後の2017年になると、20歳代は26.6%で30%近く下がっており、30歳代や40歳代より13%も低く、50歳代より7%低くなっています。

一方で、あまり下がっていないのが60歳代です。2003年は20歳代より20%も低い35.7%でしたが、15年後の2017年は30.6%で、15年間で5.1%しか下がっておらず、20歳代を上回ってしまいました。70歳代も10%しか下がっていません。長年の喫煙習慣を変えるのはかなり難しいのかもしれません。
若い人がたばこを吸わなくなってきているワケ

図表2

女性の喫煙率は男性に比べてかなり低いですが、世代別にみると異なる傾向が見られます。

2003年は20歳代が19.0%で最も高く、30歳代が18.1%、40歳代が15.5%で続いていますが、15年経った2017年では20歳代は6.3%しかなく、40歳代が12.3%で最も高くなっています。

また、60歳代は2003年の6.4%から2017年には7.3%へ唯一喫煙率が上がっています。全体的には男性と同様に若年層の喫煙率が大きく下がっています。若い人がたばこを吸わなくなっているのは、昔に比べてたばこ代が高くなっていることや、昔よりも健康に気を付けている人が多くなっていること等が考えられます。


喫煙率だけでなく喫煙本数も減っている

次に喫煙者が毎日何本くらい吸っているかも調べ、男女別・世代別に2017年(平成29年)の喫煙本数を10年前の2007年(平成19年)と比べてみました。
若い人がたばこを吸わなくなってきているワケ

図表3

2017年(平成29年)に喫煙者が1日あたりに吸っている平均本数は、男性16.2本・女性12.7本で、男性の方が3.5本多くなっています。

世代別で多いのは、男性は60歳代(18.0本)や50歳代(17.4本)で、女性は50歳代(14.6本)や30歳代(13.8本)となっています。本数が最も少ないのは男女ともに20歳代で、他の世代とは大きな差があります。

10年前と比べると、男女ともに全ての世代で喫煙本数が減っています。特に減っているのは男性の50歳代で24.4%から17.4%へ7.0%も減っています。女性は20歳代と60歳代が共に5.9%減っていますが、50歳代は僅か0.4%しか減っていません。

2007年(平成19年)は男性の平均が21.1本で、30歳代から60歳代まで20本を超えています。多くのたばこは1箱20本入りなので、この頃は毎日1箱吸うのが当たり前の時代だったのかもしれません。昔に比べたら今は随分健康的になりました。特に20歳代は喫煙率が大きく下がり、喫煙本数も大きく減りました。

たばこは吸わなくて済むなら、吸わないのが一番です。毎日500円払ってたばこを買って体に悪いことをするよりは、その500円を使って500円玉貯金をする方が、将来の自分のためになるのではないでしょうか。


とにかく無駄だし、不健康の元
また副流煙の問題もあるし、タバコ離れが進むのは当然のこと

上の世代のタバコ吸いのマナーの無さなどがタバコ離れを招いてしまった可能性もあるのではないか?
時と場所にかまうことなくぷかぷか吸って周りに迷惑をかけていたという自覚はないでしょうねぇ(笑)

まぁそれよりかはタバコに金を出すよりかは他の事へ、吸う時間も他の事へ
なによりも肺がんなどのリスクを増やさないため
そういうことですね


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00010001-ffield-bus_all


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:タバコ
posted by ! at 21:42| 東京 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年寄りを守る方策はないものか?https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00000030-asahi-soci

Yahoo:「体縛られた遺体、事件前に「アポ電」 渋谷と同一犯か

東京都江東区のマンションの一室で2月28日、住人の加藤邦子さん(80)が死亡した事件で、加藤さん宅に事件前、家に現金があるかを尋ねる「アポ電」と呼ばれる電話がかかってきていたことが捜査関係者への取材でわかった。3人組が手足を緊縛する手口とともに渋谷区で今年あった2件の強盗致傷事件と酷似しており、警視庁は今回も同一グループの犯行の可能性があるとみて、強盗致死容疑で調べている。

 また、渋谷区の2件のうち1件の逃走車両と加藤さん宅付近から走り去った車の通行記録も似ており、行方を捜査している。

 捜査1課によると、加藤さんは2月28日午後1時55分ごろ、江東区東陽5丁目の自宅で死亡しているのを掃除のために訪れた介護の職員に発見された。両手首をラップのようなもので、両足首も粘着テープで縛られており、口付近にも粘着テープが貼られていた。

 捜査関係者によると、渋谷区の2件は今年1月11日と2月1日に発生。いずれも事前に息子を装って「家にお金はいくらある?」などと尋ねる「アポ電」と呼ばれる特殊詐欺を狙った疑いがある電話があり、3人組の男が押し入っていた。

 1件目は渋谷区初台1丁目の一軒家で、90代と80代の夫婦が粘着テープで縛られ数千万円を奪われた。2件目はこの家から約2キロ離れた同区笹塚2丁目の一軒家で、80代と70代の夫婦が結束バンドで両手足を縛られたり粘着テープで口をふさがれたりして約400万円を奪われた。加藤さん宅への「アポ電」の疑いがある電話は「お金ある?」といった内容で、加藤さんが2月中旬、知人男性に打ち明けていたという。


金を奪うために人を殺すことをためらわない連中は死刑どころか発見次第射殺でも良いんじゃ無いかとさえ思う

それよりか、高齢者を騙す連中から守る手段は何かないものか?
おそらくは高齢者だけの世帯が狙われていると想像するんだけど、手立てはないんですかねぇ


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00000030-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:高齢者 アポ電
posted by ! at 21:34| 東京 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする