2018年02月15日

朝日新聞に勤めたら人間がダメになります>小平選手https://www.asahi.com/articles/ASL2F5HCSL2FUTQP02K.html

朝日新聞:「「私を雇ってください」 小平奈緒が記者に語った真意

長野・エムウェーブでの練習の帰りだった。バンクーバー五輪を1シーズン後に控えた2008年12月。駐車場を歩きながら、小平奈緒が少しおどけて切り出した。

 「朝日新聞で雇ってください。このままじゃ、ニートスケーターで……」

 小平は当時、信州大教育学部4年。将来は「先生になってスケートの楽しさを伝えたい」という夢はあったが、師事する結城匡啓(まさひろ)コーチのもとで、まだ競技を続けたかった。だが、4年生の冬になっても就職先が決まらない。半年前の北京五輪で有名になったフェンシング・太田雄貴の「ニート剣士」をもじって自虐的に笑った。

 長野の地元紙には、スケルトンで五輪に出場した記者がいた。そんなことも話題にしながら、小平は言った。「私、自分で滑って自分で記事を書きます」

 本気で記者になりたかったわけではないだろう。ただただ、競技への一途な思いが伝わってきた。

 彼女の希望は長野で競技を続けること。私は地元放送局の関係者に相談はしてみたものの、結局力になれなかった。卒業時も就職は決まらず、小平の両親は「1年ぐらいは面倒を見ようと思った」。治療やリハビリをした縁もあって、松本市の相沢病院に採用されたのは4月半ばだった。小平は「初任給で家族を食事に連れていけました」とうれしそうに話していた。

 何よりもスケートが大好きで純粋だ。卒論のテーマもスケートの動作解析。「何時間でも滑っていたい。映像もすり切れるほど見る」。その情熱を受け止めてくれる職場が見つかり、才能が開花した。バンクーバーでは団体追い抜きで銀メダル。ソチ五輪はメダルを逃し、涙を流した。単身オランダに留学し、力をつけた。

 好きな言葉は「勇往邁進(ゆうおうまいしん)」。強豪校ではなく、スケート部のない高校に進んで同好会で活動し、実業団の誘いを断って大学へ進んだ。選手生命の危機でもあきらめず、決めた道を真っすぐ進んできた。その先に、輝くメダルが待っていた。(稲崎航一)


朝日新聞に雇われなくて良かったなぁ
雇われていたら、きっとメダルを取ったときに日本国旗を引き裂いていたかもしれない
そんな反日組織に関わるものじゃぁないよね、まともな日本国民なら

さておき
スポーツ、文化などへの投資がなかなか出来ない状態になってきているのが
今の日本の貧しさを象徴していると思います
大阪なんぞは文化予算をだいぶ削ったでしょ?
たしか橋下君がやったんだよね
文楽とかその辺の人たちがすごく悲しんでいたと聞きますが

日本の緊縮、予算削減の悪影響はそういうことです
で、さらに酷いことをいう連中は、そんなら国会議員、公務員を減らせば良いという
馬鹿だよね
議員を減らせば少数意見はもっと通らなくなるし、公務員は臨時職員が機密情報に簡単に触れることができるところにまで入り込んできてます。それよりもっと酷い状態を望むのか?


安易な発想で人減らしを進めた結果、少子化が進んで、将来を担える人材が減っていることに危機感を感じないのか?
もう少し経てば、ノーベル賞を取れるだけの人材も、国際舞台で活躍出来るスポーツ選手もかなり減るんじゃ無いか?数十年経てばオリンピックどころか、国を支える税金を払える若者がいなくなってしまうんじゃ無いでしょうか?

若い世代への投資が少ないことにもっと危機感を感じないとなぁ


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:40| 東京 ☀| Comment(0) | 腐りきったメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もっとはやくから支那対策をしておくべきでした>技術泥棒の支那https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00050131-yom-bus_all

yahoo:「中国が技術移転強要、WTO提訴検討…日米EU

日本と米国、欧州連合(EU)が、中国政府が外国企業に技術移転を事実上、強要しているのは問題だとして、世界貿易機関(WTO)への共同提訴を検討していることが分かった。

 中国に進出する企業が持つ技術などの知的財産を保護する狙い。巨大な国内市場を抱え、自国に有利な政策を打ち出す中国に対し、日米欧が連携してけん制する。

 今年1月から協議を本格化させており、早ければ3月中に共同提訴する方向だ。日米欧は2012年、レアアース(希土類)などの輸出規制措置を巡って中国を共同提訴したが、技術移転問題では初めてとなる。


支那と取引、関係を持ってしまったがために技術を盗られた企業は数多くあるはずです
もっと早くに対策を始めるべきでした
支那と関係を持てば儲かるということで、安易に関係を持ったところ、それなりに儲けたかもしれないけど技術をみんな持って行かれたという話は何度となく聞きました

何で支那と関係を持ちたがるのかわかりませんが、国が規制していればまた違ったんじゃ無いでしょうか?
支那が泥棒国家だということはわかっていたはず。それを上回るメリットって何かあったのかしら?

なんにしても特ア三国は要注意なのです
大事なものがあるなら関わらない方が良いのです


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00050131-yom-bus_all


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:支那 泥棒 技術
posted by ! at 19:23| 東京 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

観光客数を誇る陰でhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00000022-asahi-soci

yahoo:「関空に置き去りスーツケースの山 訪日客に捨てられて…

関西空港への、スーツケースの「置き去り」が増えている。運営会社の関西エアポートによると、廃棄物集積所に持ち込まれるのは、1日2個ぐらい。訪日外国人客が、日本で新しいものを買って古いものを捨てていくとみられ、対応に頭を抱えている。

 空港内のゴミが運び込まれる集積所の一角に2月上旬、廃棄を待つスーツケースが50個以上積まれていた。航空会社のタグが付いたままのものもある。関西エアの担当者は、「平均すると1日2点程度。9割以上はカラですね」。

 ゴミ箱の近くに置かれていることが多い。警備員がみつけて注意しても、別の場所に動かして放置されるという。荷物や危険物が入っていないかなどを確かめ、大きな破損があるなど、明らかにゴミと判断できれば集積所行きとなる。処分費用もかさむが、打つ手が無い状況だ。

 一方で、忘れ物の可能性があれば、1週間程度保管し、その後、大阪府警関西空港署に引き渡す。署が2017年に落とし物として扱った点数は258。13年の2・2倍だ。担当者は「問い合わせはほとんどない」。署の倉庫も圧迫されているという。法律で決められた3〜5カ月の保管後は大阪府のものとなり、ほかの落とし物と合わせて年4回、入札で売却するという。


観光客数を誇るのは良いとしても
余計な仕事が増えているのは気の毒です

不良外人まで招き寄せたことで、日本社会に余計な負担を増やしているのは大きな失策だと思いますよ
まともな外人の観光客に着てもらえるならともかく
支那人朝鮮人のようなマナーもモラルも無いような連中が来るのは迷惑ですよね


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00000022-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:17| 東京 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日のつぶやき








posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする