2018年02月05日

自分の主義主張が通らないと民主主義の敗北とか>メディアに許される発言じゃ無いhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180205-00204884-okinawat-oki

yahoo:「【記者の視点】名護市長選 敗者は日本の民主主義

名護市長選の陰の勝者は、安倍政権だった。そして陰の敗者は、この国の民主主義だった。

 直前の世論調査でも、市民の3分の2が辺野古新基地建設に反対している。それでも稲嶺進氏が落選したのは、工事がじりじりと進んだことが大きい。市民は実際に止められるという希望が持てなかった。

 稲嶺氏自身は公約を守り、民意を体現して阻止に動いてきた。日本が民主主義国家であるなら、工事は当然止まるはずだった。

 安倍政権は、既成事実を積み重ねて市民の正当な要求を葬った。民主主義の理想から最も遠い「あきらめ」というキーワードを市民の間に拡散させた。

 稲嶺氏の2期目が始まった2014年に辺野古の工事に着手。抗議行動を鎮圧するため本土から機動隊を導入し、16年の東村高江では自衛隊まで使った。

 力を誇示する一方、辺野古周辺の久辺3区に極めて異例の直接補助金を投入した。今回の選挙直前には、渡具知武豊氏が当選すれば新基地容認を明言しなくても再編交付金を出すと言いだした。何でもありなら、財源を巡る政策論争は成り立たない。

 安倍政権は名護の選挙の構図自体を4年かけて変え、市民から選択の余地を奪った。大多数の国民がそれを黙認してきた。

 渡具知氏も「辺野古の『へ』の字も言わない」という戦略で、暮らしの向上と経済振興を語った。市民は反対しても工事が進むならせめて、と渡具知氏に希望を託した。基地問題からは、いったん降りることにした。それを責める資格が誰にあるだろう。

 民意を背負えば、小さな自治体でも強大な権力に対して異議申し立てができる。沖縄に辛うじて息づいていたこの国の民主主義と地方自治は、ついにへし折られた。


自民党が選挙で勝つたびに
民主主義さんは何回も殺されたり、負けたことにされて大変ですね

民主主義いうなら、私たちのように自民党を支持する者の民意は何なのでしょうか?
その辺を無視して民主主義が敗北したとか殺されたとかいわないでほしいですよね

安倍独裁とか言われてますけど、安倍総理を支持する者が多数だから、国会審議で与党サイドの意見が通るに過ぎないわけで、自民党に勝てるだけの政策を出してこれない野党が馬鹿だからに過ぎないんじゃ無いですか?

数年前に自民党は大敗したけど、そこから見事に立て直してきたわけですが
野党は離合集散を繰り返すだけで、安倍政権を脅かすだけの政策を一回を黙してないじゃないですか?
せいぜいスキャンダルで騒ぐだけで、しかも証拠も何も無い言いがかりに過ぎないもの、どうにも出来ないでしょ?
どうあがいても烏合の衆に過ぎないんだから、政治家を辞めれば良いと思うのよね
自民党の中の派閥を党にして国会討議させた方が国のためになるような気がします
どんな野党よりもマシでしょう

国会議員の数を減らせっていうなら、そういうことになれば良いのかもしれないね
無駄な野党を排除して、自民党内で競わせればよっぽど効果的(笑)


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180205-00204884-okinawat-oki


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:50| 東京 ☀| Comment(0) | 腐りきったメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市長は市民の生活を守ることが仕事では無いか?https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180205-00204905-okinawat-oki

yahoo:「社説[名護市長に渡具知氏]「基地疲れ」経済を重視

名護市長選は、政府・与党が全面支援する前市議の渡具知武豊氏が、3400票余りの差をつけ初当選した。

 新基地建設に反対する翁長雄志知事ら「オール沖縄」勢力が推す稲嶺進氏は3選を果たすことができなかった。

 辺野古の海を切りさくように次々と護岸が造られる中で迎えた選挙である。

 「もう止められない」との諦めムードをつくり、米軍普天間飛行場の辺野古移設問題を争点から外し、経済振興を前面に押し出すのが渡具知陣営の一貫した戦術だった。

 渡具知氏は選挙期間中、全くといっていいほど辺野古を語っていない。現職の失政が市の閉塞感を招いたとして流れを変えようと訴え、暮らしの向上を求める市民の期待票を掘り起こした。

 勝利の最大の理由は、一にも二にも自民、公明、維新3党が協力体制を築き上げ、徹底した組織選挙を展開したことにある。

 菅義偉官房長官が名護を訪れ名護東道路の工事加速化を表明するなど、政府・与党幹部が入れ代わり立ち代わり応援に入り振興策をアピール。この選挙手法は「県政不況」という言葉を掲げ、稲嶺恵一氏が現職の大田昌秀氏を破った1998年の県知事選とよく似ている。

 注目すべきは期日前投票が2万1660人と過去最多となったことである。有権者の44・4%に及ぶ数字は、企業や団体による働き掛け、締め付けが徹底していたことを物語っている。

■ ■

 前回選挙との大きな違いは、自主投票だった公明が、渡具知氏推薦に踏み切ったことだ。渡具知氏が辺野古移設について「国と県の裁判を注視したい」と賛否を明らかにしなかったのは、公明との関係を意識したからだろう。

 両者が交わした政策協定書には「日米地位協定の改定及び海兵隊の県外・国外への移転を求める」ことがはっきりと書かれている。

 安倍政権が強調する「辺野古唯一論」と、選挙公約である「県外・国外移転」は相反するものだ。

 本紙などの出口調査では、辺野古移設反対が64・6%に上った。選挙によって辺野古移設反対の民意が否定されたとはいえない。

 渡具知氏が「県外・国外移転」を公約に掲げて当選した事実は重い。市長就任後もぶれることなく「県外・国外移転」を追求し、地位協定見直しに向け積極的に取り組んでもらいたい。

■ ■

 新基地阻止を強く訴えた稲嶺氏だったが、地域活性化や医療など生活に密着した課題への対応が見えにくかったという印象は否めない。

 稲嶺氏が敗れたことは、新基地建設反対運動だけでなく、秋の知事選に大きな影響を与えるのは確実だ。

 翁長知事による埋め立て承認撤回に不透明さが増し、一部で取り沙汰されている県民投票も見通せなくなった。

 翁長知事は今後、公約である新基地阻止をどのように実現していくのか。

 県議会与党とも早急に対応を協議し、新たな方針を打ち出す必要がある。


市長もだけど県知事だって、まず県民、市民の生活を良くすることが仕事では無いか?
国防に関することは国がやるべきであって、基地をなくすとか地方の首長の仕事では無い
越権行為だと考えますね
基地が必要かどうかは国防計画に基づいて判断されるべきなので、地方自治体がどうこう出来ることじゃないはずです

なので、



つくづく阿呆だなと思いますよ、これ
日常生活よりも、反日行為を繰り返していれば、そっぽを向かれるのは当然
それでも3000票程度しか差が無かったのは驚異的
米軍基地が無くなれば、すべて解決するって訳じゃ無いだろうに

むしろ支那・共産党によって蹂躙されるだけでしょ?
支那が周辺民族に対して行っている、男性は虐殺、女性へは暴行ってことが
日本民族に対して行われることになるんだけど、それも良いのかなぁ
そこまで考えてないのかなぁ


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:37| 東京 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人権に配慮すればストーカーを駆除することは難しいhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180205-00000001-kyt-soci

yahoo:「厳罰化だけでストーカー防げず 出所後も殺意…立ち直り支援

京都府警が、ストーカー加害者に対する立ち直り支援に力を入れている。臨床心理士の協力を得ながら、カウンセリングを通じて問題行動の原因を探り、再犯防止を目指す。府警の担当者は「加害者が抱える胸の内を知り、トラブルが悪化するのを止めたい」としている。
 「5年間、相手を殺すことだけを考えていた」。府警が昨年12月、警官や教員、自治体の福祉担当職員らを対象に開いた研修会。関東在住の20代の男性が壇上から抑揚のない口調で、過去に繰り返したストーカー行為を告白した。
 男性は2010年、幼なじみの女性に交際を申し入れたが拒まれ、女性への嫌がらせを始めた。電話で面会を求め続けたり、メールで「おまえを恨んでいる」と送信したりした。半年ほど過ぎたころに女性の職場に押しかけ、11年、脅迫容疑で逮捕された。公判で懲役1年の実刑判決を受けて収監されたが、出所後も憎しみは消えなかった。
 出所の数年後、そんな自分に嫌気がさして民間の相談機関を訪ねた。精神科への通院を勧められ、専門の病院で約3カ月間の入院治療を受けた。それからは「自分には人を殺せない」と言い聞かせることを日課にした。女性への憎悪は徐々に薄らいだ。「逮捕される前に誰かに相談していれば、事件に発展しなかったかもしれない」と話した。
 府警は昨年11月、警察として全国初となる「京都ストーカー相談支援センター」(京都市上京区)を設置し、被害者支援に加え、加害者への立ち直り支援を始めた。加害者側に診療所を紹介するほか、臨床心理士によるカウンセリング(5回分)を公費負担する。同12月までに、ストーカー規制法違反容疑での逮捕者ら3人が治療中という。
 ただ、課題もある。加害者への診療所紹介は全国の警察で行われているが、警察庁によると、各都道府県警が16年度以降に受診を促した870人(昨年11月末時点)のうち、実際に治療につながったのは183人にとどまる。受診拒否の理由は「ストーカーと言われるのは心外」「治療する意思がない」などだったという。
 京都文教大の川畑直人教授(臨床心理学)は「相手の受け止め方に思いが至らず、加害者自身が被害意識を持っている場合もある。治療への気持ちをどう前向きにするかという難しさがある」と指摘する。
 神奈川県逗子市で12年、元交際相手の男に刺殺された三好梨絵さん(当時33)の兄(46)=福岡県=は「厳罰化を進めるだけでは歯止めがかからない。加害者の執着心を取り除くため、早期に相談を受けたり、治療の機会を増やしたりすることが必要だ」と訴える。


ストーカー事件が起きると警察は何をやっているんだということになりがちですけど
なにか実害が出るまでは警察だって介入のしようが無いですし
被害を訴える人一人一人をガード出来るほど余裕は無いわけで
現状では警察の力ではどうにもならないっていうのが正解
方やストーカー=変質者には失うものは何も無くなりふり構わず何でも出来るので、すべてを捨てて姿を消してしまう以外逃げ用は無いんじゃ無いですかね?でも、逃げたところでストーカーの陰にずっとおびえながら生活することになるのでどうにもならないのかも

で、ストーカーへの対処と言っても、人権があるという建前がある限りは現状のままでしょ
人権を無視して犯罪の疑いがあるというだけで拘留する権利を警察に与えられるほど今の世の中厳しくないわけです

人権という建前がある限り、犯罪の疑いだけではどうにもならんのよね
そして遵法意識が無い連中に接近禁止を命令しても意味ないし
法を無視する存在に対して、今の世の中ものすごく無防備だと思います
悪意を持って行動するものに対しては無力

やはり性善説では無く性悪説で物事を設定しておかないと人を守り切るのは難しいよね
ストーカーと裁判で判断されたら強制的に精神病院へ連れ込めるようにすべきだとは思いますよ
本人の意思を確認していたら、また犯罪が起きてしまいます
加害者よりも被害者よりに判断するようにしなければダメでしょう

余談
これは性犯罪についても同様
一回性犯罪を犯したら、去勢および性欲を持てないように薬で抑えるようにするとか出来るようにすべきでしょう。ただし旧強姦罪に匹敵する犯罪については死刑で良いです


余談2
ファンとか恋愛とかで
思ったらどんどん行動するべきって回答を見かけますけど
これってストーカーを利するだけなので、良いことだとは思わないんですよね
まずは相手のことを考えましょうっていう発想が出てこないとね


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180205-00000001-kyt-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:18| 東京 ☀| Comment(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日のつぶやき


posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする