2017年04月06日

自己責任発言を撤回する必要は無いし、辞任する必要も無い>マスコミはねつ造をやめよhttps://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170406-00000563-fnn-pol

yahoo:「「激高会見」謝罪 自己責任発言撤回せず

今村復興相の閣議後会見での発言問題をめぐり、6日開かれた衆議院の特別委員会で、今村復興相は冒頭、謝罪をしたが、「自己責任だ」と発言したことについては撤回はしなかった。
今村復興相は「私の発言で皆様にご迷惑をおかけいたしましたことをおわび申し上げます」と述べた。
この問題は今村復興相が4日、福島第1原発にともない自主避難している人への対応について、「本人の責任、判断」などと発言したうえ、質問した記者に対し、「うるさい」などと声を荒らげたもの。
民進党の郡議員が「記者が聞きます、じゃあ帰れない人はどうするんでしょう。大臣が答えます、それは本人の責任でしょう、本人の判断でしょう。裁判だ何だ、そこはやればいい。この発言は今でも正しいと思っていらっしゃいますか」とただすと、今村復興相は「自己責任という言葉の使い方がよくなかったなと思っている」と述べた。
これに対し、民進党の郡議員は「大臣の資格がない」と辞任を要求したが、今村復興相は辞任する考えはないことを明らかにした。


毎度毎度のことながらマスコミは何様のつもりか?
人と人とのつきあいの中でわざと怒らせて、言質を取るというやり方をする人が好かれると思っているのでしょうか?あまりにも外道ですね
中核派の活動家だというので、外道なのは当然だとは思いますが

いずれにしても福島以外に住んでいて、避難区域でもないのにもかかわらず自分勝手に逃げて、生活を保障しろというのはずいぶんと虫のいい話です
どう見てもただの引っ越しなのにも関わらず補償を求めるというのはただの詐欺じゃないですか?
盗人猛々しいという言葉がよく似合うと思います

一番被害に遭ったところの人たちが、地元に残って自力で頑張っているのに、そうじゃない人たちが補償を求めるというのはあり得ないことです
なので、大臣は間違ってないし、むしろよくやっているのですけどね
何が気にくわないのでしょうか?
馬鹿のために時間を割くことはないのです、今一番助けを必要な人たちのために復興大臣は力を尽くすべきで、そんなチンピラ風情の相手をすることはないでしょう


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170406-00000563-fnn-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人倫にもとる行為やろ>男性カップルが里親とはhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000039-asahi-soci

yahoo:「男性カップルが里親に 大阪市、全国初の認定か

保護者がいなかったり虐待を受けたりして家庭で生活できない子どもを育てる養育里親として、大阪市が男性カップルを認定していたことが分かった。厚生労働省によると、同性カップルによる里親は全国で初めてのケースとみられる。

 認定を受けたのは、大阪市内に住む30代と40代の男性のカップル。昨年12月付。国が定める里親の要件は同性カップルを除外していない。2人は2015年、「里親になりたい」と市の児童相談所に相談。児童福祉施設で子どもと接する実習を受け、審議をへて認定された。現在、養育里親として子ども1人を育てている。

 市は認定理由を「社会的養護への理解があり、経済的な安定性もある。実習で見た子どもとの関わり方も問題ない」と説明する。

 養育里親は養子縁組を目的とせず一定期間子どもを育てる制度。養育里親の要件は、児童の養育について理解・熱意や豊かな愛情がある▽経済的に困窮していない▽研修を修了している――など。

 15年3月現在、全国で里親を委託している3704世帯のうち、夫婦が3216世帯、ひとり親が488世帯となっている。


親を選べなかったですかねぇ
お気の毒様と言うほかはない

タイトルの通り人倫にもとる行為だと自分は思う
それ以外にはない


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000039-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:里親
posted by ! at 21:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語をはじめとして外国語は必要な人が覚えれば良いんじゃない?>まずは国語だ!https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000007-resemom-life

yahoo:「中高生の英語力、目標50%を下回る36%…英語教育実施状況調査

文部科学省は4月5日、平成28年度「英語教育実施状況調査」の結果を公表した。高校3年生で英検準2級以上の英語力を有する生徒は36.4%、中学3年で英検3級以上相当の生徒は36.1%。50%の目標値にはとどかず、地域格差も目立った。

 「英語教育実施状況調査」は、平成28年12月1日を基準日に各都道府県・市区町村教育委員会およびすべての公立小中学校、義務教育学校、高校、中等教育学校を対象に実施された。

 第2期教育振興基本計画(平成25〜29年度)の成果指標では、中学校卒業段階で英検3級程度以上、高校卒業段階で英検準2級程度〜2級程度以上の生徒の割合を50%としている。

 調査結果によると、高校3年生のうち、英検準2級以上を取得または相当の英語力を有する生徒の割合は36.4%。前年度の34.3%から2.1ポイント増えたものの、成果指標とは10%以上の差があった。

 都道府県別では、富山県の47.3%がもっとも高く、福井44.8%、兵庫43.4%と続いた。富山県は、前年度から8.2ポイントの上昇であった。一方、高知県、宮城県、和歌山県は3割に達しなかった。

 中学校3年生のうち、英検3級以上を取得または相当の英語力を有する生徒の割合は36.1%。前年度の36.6%から0.5ポイント減少した。都道府県別(政令指定都市を除く)では、奈良県が前年度比13.9ポイント増の上昇率で48.0%ともっとも高く、東京都47.1%、福井県46.5%と続いた。熊本県、北海道、福岡県、佐賀県、島根県、新潟県は3割未満だった。

 一方、教員の英語力については、CEFR B2レベル(英検準1級など)以上を取得した英語担当教員の割合は、高校が前年度比4.9ポイント増の62.2%、中学校が前年度比1.8ポイント増の32.0%。

 授業で発語の半分以上に英語を使用している英語担当教員の割合は、高校では普通科45.1%、専門教育を主とする学科44.6%、英語教育を主とする学科80.5%、国際関係に関する学科83.3%、総合学科39.5%であった。

 平成33年度から全面実施される次期学習指導要領で「授業を英語で行うことが基本」となる中学校では、第1学年64.3%、第2学年63.2%、第3学年61.9%であった。


英語とか外国語は必要になればみんなちゃんとマスターするんだから
受験英語みたいなことならやるだけ無駄でしょ?
それよりかは国語をしっかりと学ぶ機会をいろいろ作った方が良い

読解力不足が叫ばれる昨今なのですから英語よりも国語をキチンと学び、論理的思考を養う方が大事じゃないのかな?
ここは日本、まずは国語を大事にしましょ


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000007-resemom-life


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:国語 英語
posted by ! at 21:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バス会社が取材拒否なので、なんとも言えませんがhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00010003-chibatopi-l12

yahoo:「バス運転手、車椅子理由に乗車拒否 県委員会、運行会社へ配慮助言 /成田

千葉県成田市で昨年12月、千葉交通(同市花崎町)が運行するバスに乗ろうとした男性が、車椅子利用者であることを理由に乗車を断られ差別を受けたとして、「千葉県障害のある人の相談に関する調整委員会」に、県条例に基づく助言(あっせん)を申し立てていたことが5日、関係者への取材で分かった。同委は審理の結果、同社の対応が「障害のある人に対する不利益取り扱いに該当する」と判断、同社へ社員教育の実施などの助言を通知した。先月24日付。

 県は2007年、全国に先駆けて「障害のある人もない人も共に暮らしやすい千葉県づくり条例」を施行。同委は障害をめぐる差別などで申し立てを受けた場合、審理を経て解決への助言等を通知する。

 男性の申し立て書によると、電動車椅子を利用する男性は昨年12月11日、成田空港第2ターミナルから同社の路線バスに乗ろうとした際、運転手から「(車椅子用の)リフトの操作方法が分からない」と乗車を拒否された。バスはそのまま出発、後続便の運転手も応対しなかった。

 その後、同社の成田営業所員がバス停にいる男性の元を訪れ、車で目的地まで送ると申し出たが、車は車椅子の乗車に未対応だったことなどから男性が断った。所員は、バスに搭載されたリフトが利用できない理由として「手動車椅子向けで、電動は乗せられない」と説明したという。

 男性は申し立て書で、バスに車椅子マークが表示されていることなどから「車椅子でも乗車できると思ってしまう。リフトの操作方法も早急に教育すべき」としている。

 同委は通知で、同社の「障害のある人への配慮の認識不足」を指摘。全社員への研修の実施や、リフト操作や接遇のマニュアル整備などを助言した。千葉日報社は5日、千葉交通の親会社を通じて取材を申し入れたが、回答がなかった。


文句を言っている側の一方的な申し立てしかないから、
実際どうだったのかはなんとも言えませんが
何が何でも運転手もバス会社も一方的に悪いってことは無いでしょうよ

障害者に配慮しなければならないっていうのが嫌なのよね
平等だといいつつ、配慮を求めるっていうのがとても不快
それだけ

あとバスのリフトが通常の車いすと電動の車いす両方に対応していたかどうか
また、バス車内で車いすを固定する余裕があったかどうか
最近の路線バスって小さくなった気がするので、少し客が多めに乗っていると車いす、場合によってはベビーカーを固定する余裕ないんじゃないのかな?そんな気がします
何が何でも乗せなければいけないって言われたら嫌だろうなぁ、いくら客商売でも

言葉遣いの問題はあったかもですが、車いすサイドにも何かしらの落ち度があったんじゃないの?
公的な立場の人っていろいろ言われて辛いよね
運が悪かったと前向きに考えましょう

どうも乙武の一件以来障害者にはよりいっそう厳しめに見るようになってしまったなぁ(´・∀・)


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00010003-chibatopi-l12


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日のつぶやき










posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする