2017年03月09日

都知事さん、暇ですね?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170309-00010005-houdoukvq-pol

yahoo:「小池知事の地域政党が国政勉強会をを立ち上げへ

衆議院選挙への布石だろうか。東京都の小池知事の地域政党「都民ファーストの会」が、国政についての勉強会を立ち上げることが、FNNの取材でわかった。

関係者によると、「都民ファーストの会」は、近日中に「国政研究会」を立ち上げ、国政について、くわしく学ぶ場を新たに作るという。

小池知事が塾長を務める政治塾「希望の塾」の塾生に対し試験を行い、「国政研究会」の参加者を選抜する。

すでに、都議会議員選挙のための対策講座や政策立案講座の試験に合格している塾生は、無試験で国政研究会に入ることができるとしている。

「都民ファーストの会」は、すでに15人の都議選候補者を公認しているが、衆議院の解散時期もにらみながら、「国政研究会」を通じて、国会議員候補者をどのように出してくるのか、小池知事の動向が注目される。


都政に修すべき時じゃないのでしょうか?
豊洲の問題も風呂敷を広げたまんま
オリンピックはどうなっているのか?
それに伴う公共事業は?
他にも都政で行うべきことはありますよね?
両立できるほど簡単なことだとは思いませんけどね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170309-00010005-houdoukvq-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

労働監督署を民間委託とか、頭にウジが湧いているのか?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170309-00000091-jij-pol

yahoo:「労働監督、民間委託検討へ=規制改革会議、6月に答申

政府の規制改革推進会議は9日、人手不足が深刻化している労働基準監督業務について、社会保険労務士などの民間事業者に一部委託する検討を進めるタスクフォース(主査・八代尚宏昭和女子大特命教授)を設置した。

 委託対象業務の範囲や民間事業者の権限などを詰め、6月に安倍晋三首相に提出する答申に盛り込む。

 民間委託を検討するのは、政府が重要課題とする働き方改革の実効性を担保するには、職場環境の監視体制拡充が急務と判断したためだ。同会議議長の大田弘子政策研究大学院大教授は記者会見で「労働基準監督の強化はまさに働き方改革のインフラを強化していくことだ」と指摘した。


労働者の権利を利権とかいうのが政権にいますもんね
こうなるのは目に見えていましたけど、かといって変わりうる政党内ですからねぇ
本当に困ったものだと思います

労働者の権利を産業革命以前に戻したいみたいです
人類が長い時間かけてえてきたものを、中世レベルまでに戻すとか気が触れているとしか思えない
まぁ放射脳みたいに中世オカルトレベルなのが多いことを踏まえればしょうがないのかな?

いずれにしても労働者は怒るべきだ
労働者の権利を守る組織を守らないと!!
竹中ヘイゾーくんは労働者からいかに搾取するかってことしか考えてないぞ!


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170309-00000091-jij-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

働き方改革は失敗だね>残業100時間合意では無意味http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170309-00000010-asahi-soci

yahoo:「「月100時間」で労使が最終調整 残業上限規制

政府が導入をめざす「残業時間の上限規制」をめぐり、経団連と連合が、焦点となっている「とくに忙しい時期」の上限ラインについて「月最大100時間」とする方向で最終調整に入った。5年後に上限の引き下げを含めた見直しをすることを前提に、近く合意する見通しだ。

 ただ、この上限について連合は「100時間未満」、経団連は「100時間」とするよう主張。この点について詰めの調整が続いている。

 長時間労働の是正などをテーマに開かれた8日の衆院厚生労働委員会で、参考人として出席した「全国過労死を考える家族の会」の寺西笑子代表は「過労死防止法を踏まえれば、月100時間の『過労死ライン』まで残業を合法化するのは到底あり得ない」と発言。遺族や、連合が支持する民進党は「月最大100時間」の案に反発を強めている。

 連合の神津里季生(りきお)会長も先月初めの政府の会議で「到底あり得ない」と明言。連合が「100時間未満」という表現にこだわるのは、こうした状況を踏まえ、残業時間の上限が過労死ラインを明確に下回るようにするためとみられる。


長時間労働がダメという方向にいたのに、むしろ増やす方向に行ってやしませんか?
こんな馬鹿げた決定をしているようでは、
働き方改革とやらは、やはりどうやって働かせるか改革でしかないってことですね
雇用者サイドの都合でことが決まってしまうようでは何の意味もありません

せめて最大残業時間はどんな多くても月20時間でしょう。だいたい一日1時間程度
それ以上工数が必要なら人を増やせばいいのです
足りない分は人を雇って埋めましょう
いい人材にはお金をかけましょうって、それだけのことじゃないですか


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170309-00000010-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日のつぶやき










posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする