2017年03月08日

まずは学ぶことからでしょうね>放射脳というオカルトな言説に惑わされないようにhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170308-00010015-minyu-l07

yahoo:「【復興の道標・不条理との闘い】自信持ち語る力を 原発視察、若者の学びに

「若者が将来世界に出て『福島の原発どうなってるの?』と聞かれて『知らない』はまずい。自分の言葉で語れるようになってほしい」。東京大学教授の早野龍五(65)はそんな思いから昨年11月、福島高校の生徒を連れて東京電力福島第1原発を訪れた。18歳未満の若者が第1原発を視察するのは原発事故後初めてだ。事前に勉強会を重ねた生徒たちは、担当者に次々と質問を投げ掛けた。

 視察に伴う被ばく線量は、歯科でのレントゲン1回分に相当する10マイクロシーベルト未満だった。「そこはある意味、教材の一つ。他では学べないことを学んだ」と早野は思う。

 「福島でできること」

 物理学者の早野は、原発事故直後から本県に入り、ホールボディーカウンターや個人線量計による被ばく調査などを行ったほか、乳幼児用の内部被ばく検査装置「ベビースキャン」を開発した。福島高の生徒と交流を深め、生徒の被ばく線量調査の手助けもした。

 「福島が住めない状況ではないということは分かったし、それを知らせるためのデータ、論文も出してきた。科学者として、福島でできることは終わりに近づいている」。6年たってそう感じる。

 一方で、科学とは少し違う分野に、深刻な問題があると考えている。福島の若者に向けられる偏見だ。

 「君たち、本当に福島から来たのか。福島には人が住んでいないんじゃなかったのか」。2014(平成26)年3月、スイスのジュネーブ。早野の引率で発表に訪れていた福島高の生徒3人が聴衆に囲まれ、質問を受けた。「福島」という原発の名が県の名、市の名で、さらに高校の名にもなっている生徒たち。早野が偏見を意識するきっかけとなった。

 「将来、不幸にして偏見にさらされても、自信を持って『そうではない』と言えるようにした上で、進学や就職で県外に出る福島の若者を送り出したい」。原発視察も、そうした思いが背景にあった。

 生徒たちの視察に対し、インターネット上などで数多くの批判が上がった。被ばくを懸念する意見のほか、「東電が見せたい物を見るだけ。東電の安全PRに利用されるだけだ」「どういう意図的な発信をするつもりでマスコミを同行させたのか」と非難された。

 「生徒たちにとって、一定の覚悟を要する活動だった」と早野は振り返る。偏見に打ち勝とうと、廃炉の実情を知ろうとする若者たちの行為さえも「東電のためにやっているのでは」などとゆがんだ視線にさらされる。

 それでも、福島の若者を対象とした視察事業は広がりつつある。福島大は新年度から、第1原発視察を教育に取り入れる。事業を担当する准教授の高貝慶隆(40)は「東電だけの一方的な情報に偏らないよう、専門家など第三者を招いた講義を行い中立性を保ちたい」と話す。

 早野は本年度で東大を定年退職し、教育者として一つの節目を迎える。「福島の子どもたちへの偏見はなかなか消えない。だから自分で説明できる力を身に付けるしかない。そのことを、学校の先生たちにこそ強く認識してほしい」


オカルトに支配された偏見に負けないようにするには
確かな知識しかないと思うです
それを実践されたこの先生は素晴らしい

震災後に起きた事故以降、このかたのツイート見てきたけど
丁寧にやってこられた
その積み重ねが、高校生の原発見学になったんだと思います
定年なのはとても残念
誰か受け継げる人はいないでしょうか?
継続しなければ、またオカルトが支配する惨めなことになってしまいます

放射線も何もかんもただの自然現象
理屈が把握できれば、対処法もわかる
それだけのことでしょう
人類はとにかく知ることに努めてきたのに、昨今の日本では知ることを拒否する輩が増えたのが低迷の理由かもしれません
だから知るということを実践した高校生たちは偉い!


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170308-00010015-minyu-l07


ブログランキング にほんブログ村

posted by ! at 20:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然:科学化学関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本にも欲しいなぁ>ハンガリーで難民隔離法成立http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170308-00010001-reutv-int

yahoo:「ハンガリー難民隔離法成立、国連は国際法違反と非難

ハンガリー議会は3月7日、移民希望者を国境沿いのキャンプに拘束する法案を可決した。新法は、認定審査が終了するまで、難民を国境のキャンプに設置された貨物コンテナに拘束するというもので、国連は「肉体的、心理的効果は計り知れない」として、国際法違反だと非難。
 法案可決によってハンガリーは、2015年以降難民問題の争点となってきたセルビアとの国境を強化する方針。協定で国境検査が廃止されているシェンゲン圏の入り口にあたるのがハンガリーで、そのため欧州への移民を目指す中東やアフリカからの難民がハンガリーに押し寄せる。
 オルバーン・ビクトル首相は、中東やアフリカの紛争を逃れて来る難民の中には、「トロイの木馬」を装ったテロリストも含まれるとして、新移民法を正当化。


ドイツがアホなことやった煽りを受けているんですもの
これでハンガリー国民が救われるのならいいことだと思います
政府はまず国民の安心安全を確保することが目的であって、よそ者救済が第一じゃないってことです

それなら国連が難民を救済すればいいと思います
一つ一つの国に任せないで、国連一括でやったらいいと思いますよ
どこか広大な土地を確保して、そこへ集めて生活させればいいんじゃないでしょうか?

最終的には母国へ返すことが重要ですよね
そのまま他の国へいさせるのは間違い

経済難民というんでしたっけ?母国じゃ食っていけないから難民を偽って他国へ寄生する連中
そういうのは最初から強制帰国でいいと思いますよ

何れにしても
難民だからといっても、そのまま居座らせずに母国再建とか母国のためになるような教育をしたら帰らせるべきというのは最低限のお約束!


日本にも在日朝鮮人隔離法というのができたらいいなぁ
その前に永住資格を解除して、帰国してもらうのが一番ですが


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170308-00010001-reutv-int


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どこまで求めていいのかわからないけど、病院からホームに電話することはできなかったか?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170307-00000132-mai-soci

yahoo:「<パーキンソン病患者>病院に配車断られ…男性遺体で発見

千葉県柏市内の老人ホームに入居していたパーキンソン病患者の男性(72)が昨年12月、市立柏病院で介護タクシーを呼ぶよう頼んだところ断られ、約1カ月後に別の場所で遺体で発見されていたことが病院関係者らへの取材で分かった。男性は要介護3で歩行にはつえが必要だったが、直線距離で約3キロあるホームまで歩いて帰ろうとした可能性があるという。

 病院関係者らによると、男性は昨年12月下旬に同病院で診察を受けた後、介護タクシーを呼んでホームに帰ろうとした。電話をかけるのに必要な現金を持ち合わせていなかったため、病院案内窓口で電話を依頼したが看護師から「対応は難しい」と断られたという。

 男性は「そうですよね」と言って立ち去ったがその後行方が分からなくなり、ホーム側はその日のうちに病院と警察に連絡。1月下旬になって病院から約1.5キロ離れた川の近くで遺体で見つかった。死因は凍死で、行方不明になった日が死亡日とされたという。現場は空き地や草むらが広がる道路からは少し離れた場所だった。

 病院の対応と男性の死亡の因果関係はわからないものの、6日にあった市議会一般質問では病院の対応を疑問視する声が上がった。市保健福祉部の佐藤靖理事は「男性には個々の患者の要望に応えるのは困難と伝え、理解もいただいた」と説明。質問に立った末永康文市議(護憲市民会議)は取材に「1人で帰るのが無理と気づかないのは問題。丁寧に対応すれば命は奪われなかった」と批判した。

 病院は取材に「外来患者は1日500人以上おり、対応には限界がある」と話している。【橋本利昭】


病院の対応が大変という言い分もわかるので、なぜ対応しなかったんだと強く言えないとは思います
だけど、なんとかホームに電話して迎えにくるように言えなかったのかなと非常に残念に思います

更に言えば、ホームの職員の付き添いは無理だったのか
いや、家族はいなかったのか?と考えなくもないのです

自分にはパーキンソン病がどんな病気で、この方がどんな状態だったのかわからないので
そもそも一人で通院して大丈夫だったのかどうか?病院には来ていたとは言え、途中何があるかわからないので付き添いがあってしかるべきではないのかなと考えてしまいます

といったわけで病院だけが悪いってことはないだろうと思います
ま、病院が人手不足なら介護施設はもっと大変だろうし、家族はどうなのかなぁ?
そしてこれが日本の介護の現状なんでしょうね
どうにもならんのよ、どうにも
これから先人手はどんどん足りなくなります、少子化だから

人を増やすことが肝心なのに、女に働けとかいっちゃう総理にはほんと困ったものだと思います


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170307-00000132-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未来を見ずに過去を吊るし上げる小池都政http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170308-00000108-jij-pol

yahoo:「元市場長4人の喚問決定=豊洲問題の百条委―都議会

東京都の豊洲市場(江東区)をめぐる問題を審議する都議会の調査特別委員会(百条委員会)は8日、同市場を所管する中央卸売市場の元市場長4人を18日に証人喚問することを決めた。

 用地の売買交渉などについてただす方針。

 喚問するのは、森沢正範、比留間英人、岡田至、中西充各氏。4人は、都が市場用地の購入元である東京ガスと、土壌汚染対策の費用分担や売買価格の交渉などを進めていた2003〜12年に市場長を務めていた。中西氏は現副知事で、他の3人は退職している。1999年から2001年まで市場長を務めた大矢実氏(退職)の喚問は、11日に行うことが既に決まっている。 


これから先をどうするのか、より過去を吊し上げる方が優先される恐怖の東京都って感じですかね?
全然建設的じゃない
もう豊洲に引っ越すしかないのにこんなことばかり

小池の恐怖政治はいつまで続くのでしょう?
小池人気にあやかりたいばかりに都知事の意向に逆らえなくなってしまった都議会も不全状態ですよ
何がきっかけで正常化するのかねぇ

東京(文化)大改革(命)で小池利権に逆らえるものはいなくなりました(笑)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170308-00000108-jij-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日のつぶやき










posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする