2017年03月03日

なんで他国民への教育補助をしないといけないの?>特に朝鮮学校!ふざけるな!!!http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00010000-asiap-soci http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00016106-kana-l14

yahoo:「朝鮮学校補助金打ち切り判決は不当 声上げる母親たち 新聞うずみ火 矢野宏

朝鮮学校への補助金を打ち切った大阪府と大阪市に対し、府内で10校を運営する学校法人「大阪朝鮮学園」が決定の取り消しを求めた裁判で、請求を全面的に退けた大阪地裁判決に抗議する緊急集会が2月9日、大阪市中央区のエルおおさかで開かれた。朝鮮学校に子どもたちを通わせているオモニ(母親)たちをはじめ、日本人の支援者ら160人が控訴審での勝利を目指して闘うことを誓い合った。(矢野 宏/新聞うずみ火)
◆「教育を受ける権利を侵害」

1月26日の敗訴を受け、この問題を弁護団任せにするのではなく自分たちの運動としてもとらえようと、「大阪府オモニ会」が呼びかけた。

補助金支給に際し、橋下徹知事(当時)が2010年3月、「朝鮮総連と一線を画すこと」「北朝鮮指導者の肖像画撤去」など4要件を提示した。学園は、1974年度から大阪府の助成を受けるようになり、91年度からは、「私立外国人学校振興補助金」の交付を毎年受けてきた。府と市からの補助金は約1億円。2010年度は要件を満たした初級学校と中級学校には支給されたが、肖像画を外さなかった大阪朝鮮高級学校には交付されなかった。
さらに12年3月、初・中級学校の児童・生徒たちが訪朝したとして、府は11年度からの補助金を止め、市も同調した。

学園側は12年9月、「民族教育への不当な政治介入で、憲法が保障した教育を受ける権利を侵害している」などと大阪地裁に提訴。4年4カ月にわたる審理の末、山田明裁判長は4要件について「府の裁量の範囲内」と認定。「学園が要件を満たしておらず、不支給はやむを得ない」と結論付けた。
◆守ってきた民族教育、受け継ぎたい

緊急集会では、弁護団の普門大輔弁護士が判決内容を説明し、「裁判の本質は子どもの学ぶ権利であり、民族教育を受ける権利にもかかわらず、4要件をたてにして国や自治体が朝鮮学校に介入しようとしている」と訴えた。

「城北ハッキョを支える会」代表の大村淳さんは「最初から結論ありきの差別判決。一審の敗訴を吹き飛ばすためにも、学校のことを知ってもらうこと。偏見を持った人が周りにいれば話しかけ、理解してもらうよう努めたい」と話した。

府オモニ会代表の玄順愛(ヒョン・スネ)さんは4人の子どもたちを朝鮮学校に通わせており、授業料などで毎月10万円以上かかる。それでも朝鮮学校へ通わせるのは、「朝鮮人としてのアイデンティティを持ってほしいから」。自身も朝鮮学校の卒業生であり、社会に出てからも「学校で知り合った友達は一番の宝」だと語る。

「私が高校の時、通学定期の学割もなく、高校総体などにも出場できず、日本の大学の受験資格も認められていませんでした。それらがようやく認められて20年以上たちますが、再びこんな差別を受けることになるとは思いませんでした」と振り返ったあと、力強くこう語った。

「私たちも府や市に税金を払っているのに、人間扱いされていない。チマチョゴリの制服で登下校できない子どもたちのためにも、1世や2世たちが守ってきた民族教育を私たちの代でつぶすわけにはいきません」


yahoo:「「人権を守るために」生徒ら県へ抗議 朝鮮学校補助金留保

県内5校の朝鮮学校に通う子どもたちへの学費補助を県が留保・停止した問題で、神奈川朝鮮中高級学校(横浜市神奈川区)の生徒5人が2日、県庁を訪れ抗議の意思を伝えた。「差別ではないのですか」「県がすすめる多文化共生に反するのではないですか」。面会した県職員から問いへの返答はなかったという。

 「勉強や部活が学生の本分。僕らがなぜこんなことをしなければならないのか考えてほしい」。高級部3年の全(チョン)学哲(ハッチョル)さん(18)は問うた。5日の卒業式の準備を抜け、同級生と足を運んだ。後輩のため思いを伝えに行こうと誰彼となく声が上がったという。

 黒岩祐治知事は歴史教科書に拉致問題の記述がないことを理由に補助を止めた。「教育への介入。補助金は当然の権利のはず」「応援してくれる日本人は大勢いる。知事は『県民の理解が得られない』と言うが、誰の理解なのか」。崔(チェ)希幹(フィガン)さん(18)を前に、県私学振興課の職員らは押し黙ったままだった。

 女子生徒2人は夢を語った。金(キム)美香(ミヒャン)さん(18)は朝鮮語を生かし旅行代理店で働きたいと思っている。「朝鮮学校がなければ夢も描けなかった。私が私でなくなる」。権(コン)諒子(リャンジャ)さん(18)は教壇に立ち、朝鮮舞踊を教える日を思い描く。「自分のルーツを教えてくれた朝鮮学校は私のふるさと。お金の問題じゃない。人権を守るためにここへ来た」。この先、経済的理由で通えなくなる子どもが出てくるのでは、と思うと胸が苦しくなる。

 拉致問題については副教材を使って習った。盧(ロ)逵憲(キュホン)さん(17)は「拉致がいけないということは僕でも分かる。このまま補助金を出さないのか、黒岩知事には一人の人間として考えてほしい。いいか悪いかの判断は大人なのだからできるはずだ」。

 同課によると、生徒の話は書面にして黒岩知事に報告されたという。


なんで外人学校へ血税を拠出しないといけないの?
そんな無駄なことをするくらいなら少子化解消策とか介護職員に対して出すべきだと思いますよ
いやそれ以前に日本の国力を高めるために日本国民の教育を強化することへ使うべきだよな
外人は論外

特に民族教育だというなら母国に出してもらいなさい
大和民族へ出すならともかく朝鮮民族に出すなんてバカらしいことをしてたまるものですか


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00016106-kana-l14
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00010000-asiap-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 22:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(主に特定アジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そりゃ異端者だもんな>生きづらい性的少数者http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00000010-asahi-soci

yahoo:「性的少数者、生きづらさ鮮明 72%「差別発言聞いた」

若い世代ほど差別的な発言にさらされていて、親へのカミングアウト率には地域差がある――。日高庸晴・宝塚大教授(社会疫学)の調査で、性的少数者の生きづらさの実態が浮かんだ。回答者は約1万5千人。日高氏によると、性的少数者全般を対象にした調査としては国内最大規模だという。

 調査は昨年7〜10月、ライフネット生命保険の委託で実施された。性的少数者向けのインターネットサイトにバナー広告を掲載するなどして、47都道府県の10〜94歳から回答を得た。

 「職場や学校で性的少数者について差別的発言を聞いたことがある」という人は72%に達した。10代が77%▽20代が75%▽30代が70%▽40代が69%▽50代以上が64%で、若い世代ほど差別的発言にさらされていた。


異常なものは異常なんだし
それはどうしようもないことでしょう

普通っていうのは、
この社会において社会の継続性を維持するために必要なことをしている人たち
つまり、ごく普通に男女が結びついて子を成し、次世代につなげている人たち
それ以外の性愛を求めるのはすなわち異常ということになるわけです
他の考え方もあるかもだけど

それら合わせて、ろりこんとか少年愛とか死体と楽しんじゃう連中とかと同じで
異常なのです

それらを軽蔑する人がいるのも当然だと思うし、やむ得ないことでしょう
どうしようもないよ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00000010-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんか人ごとみたいに言っている感じ>都知事http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00000070-asahi-soci

yahoo:「小池知事「人の責任と言うのは簡単」 石原氏会見受け

東京都の豊洲市場をめぐる問題について石原慎太郎元知事が記者会見をしたことを受け、小池百合子知事は3日、都庁で報道陣に対して「都民のみなさまからすれば石原さんらしくないなあという印象だけが残ったのではないか。色々と新しいことおっしゃるのかと思っていましたが、せっかくの記者会見だったのに残念だ。明確におっしゃったほうが石原さんらしかったんじゃないか」と語った。

 豊洲移転を延期したことについて石原氏が「混迷の責任は現都知事の小池さんにあると思う」などと指摘したことについては、「人の責任とおっしゃるのは簡単だ。仲卸(業者)の方々も今のままでは豊洲にうつれないと明確におっしゃっている。こういう状況をつくってこられたことについて、もう少し客観的にご自分を見つめて頂きたい」と応じた。

 石原氏が豊洲への早期移転を主張したことについては「そうおっしゃるなら、もう10年20年前に移転すべきだったんじゃないか」と反論。「きちんと都政を責任ある姿でやっていくなら、あまり人に任せることはよくなかったんじゃないか」とも語った。


人ごとなんだなぁという印象
自分のこととして考えてないよね
都民ファーストと言って起きながら、自分のこととして考えてない
そんな感じ

問題はあるにしても石原元知事は自分のことして考えている印象
その違いは大きいと思いますよ。部下に対して、どう見えるかっていうのは

少なくとも石原都政において、それぞれの専門家、専門部局の都の職員が検討して出した結論に基づき石原元知事がokを出して、都議会が良しとしたもの
各段階をきちんと経て来ているのでダメというからには不安だからとかその程度のものではひっくり返すだけの根拠にはならないでしょう

まぁ現知事はそれをやったわけですが
故に石原元知事が現知事の責任を指摘したのですが、上のような感想ではね
ものすごくがっかりしました
都知事選の頃は他の候補もあれだっただけに都民じゃないけど支持してましたが、ダメだコリャというほかはないです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00000070-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日のつぶやき








posted by ! at 00:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする