2017年03月01日

都知事が政争に使っていたことが確実に?!http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170301-00000099-san-soci

yahoo:「築地市場も土壌汚染の恐れ 都報告 移転判断に影響も

豊洲市場(東京都江東区)の移転問題をめぐり、築地市場(中央区)の敷地が土壌汚染されている可能性があるとの報告を都がまとめていたことが28日、都への取材で分かった。報告では、築地の敷地に戦後、ドライクリーニング工場が建てられ、有害物質を含む有機溶剤を大量に使ったとみられるため、土壌汚染の可能性があると指摘。都は今後、築地の土壌汚染の有無を調べるが、小池百合子都知事の移転判断にも影響を与えそうだ。

 平成13年10月施行の都環境確保条例では、3千平方メートル以上の敷地がある土地を改変する場合、土地利用の履歴を調査して届け出るとともに、汚染の恐れがある際は調査を義務付けている。

 築地では施行以降、条例対象の工事が8件行われたが、担当部局の中央卸売市場はすべての工事で履歴調査を怠っていた。

 都は今後、工事があった8地点の土壌調査を行う。築地とは別の都内8市場でも、20件前後の工事で履歴調査を怠った疑いがある。

 築地では仮設建築物35棟の使用許可を更新せず、違法状態で放置していることが判明したほか、耐震強度不足の建物が6棟あることも確認。市場当局の管理体制のずさんさが改めて浮き彫りとなった。

 都建設局は幹線道路の環状2号建設に向けて、築地市場の道路予定地の履歴を調査。ドライクリーニング工場で有機溶剤の「ソルベント」が大量使用された疑いがあり、その後も給油所や車両整備工場があったことが確認された。昨年3月に建設局から報告を受けた都環境局が、土壌汚染の可能性があると結論づけた。

 豊洲では地下水モニタリング調査で環境基準を超える有害物質のベンゼンなどを検出。築地の汚染可能性が指摘されたことで、移転判断に向けては今後、それぞれの安全性の比較が必要になるとみられる。

 小池氏は代表質問終了後、報道陣に「築地はコンクリートなどでカバーされ、基本的に汚染の問題は無いという認識。(モニタリング問題を抱える)豊洲と同じ観点で見るわけにはいかない」と述べた。


豊洲だってコンクリートに覆われて地下とは隔離されているし、学者によって安全性が保証されてますし
築地ではHACCPは、無理だけど
豊洲はOKなわけでしょ?
それにアスベストの問題も豊洲にはないわけです
こんなダブルスタンダードが許されるわけないでしょう


そして、これら築地の問題のことを昨年の段階で都知事が知っていたことは確実だと思われるし
逆になぜ教えなかったとまたと職員を犠牲にする可能性もありますけどね
なんにしても政争の道具に築地と豊洲を使ったことは間違いないと思いますよ

そんなこんなでマスコミの後押しがあるので微妙ですけど
都知事はかなり詰んだんじゃないですか?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170301-00000099-san-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄に巣食う活動家が余計なことをしなければ予算どおりにhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170301-00000007-ryu-oki

yahoo:「米軍ヘリパッド工事費、4倍増 沖縄・高江 警備、空輸で随意契約か

米軍北部訓練場(沖縄県東村・国頭村)のヘリパッド建設を巡り、昨年7月に工事を再開して完成した3地区4ヘリパッドの総工費が当初契約額の6億1300万円から4・1倍の25億1627万円に膨れ上がっていたことが分かった。事業者の沖縄防衛局が業者と工事契約後、複数回にわたり工事内容の契約変更をしたため。平和市民連絡会の北上田毅氏が防衛局から情報公開で得た資料を基に明らかにした。

 「N1」地区と呼ばれるヘリパッドでは総工費が当初契約額の1億8900万円が約6・2倍の11億6499万円、「G」地区は2億520万円が約5・5倍の11億3097万円となった。「H」地区は当初額の2億1880万円から151万円増えた。

 契約変更書類によると、N1地区では第7回の変更契約で警備業務を追加して6億156万円の費用が生じ、続く第8回の変更でヘリコプターによる資材空輸などで3億1946万円を増額した。G地区も警備業務などの追加で2億2726万円、資材空輸などで6億2089万円増えた。

 ヘリパッド建設を巡っては抗議運動が続いたため、防衛局は機動隊員や警備員を配置した。資機材搬入時に抗議運動を避けるため、国内に数機しかない特殊ヘリで重機などを空輸した。

 沖縄防衛局は28日、琉球新報に「工事に反対する方々により長期にわたり物件や車両が放置され、通行が困難な状態が続いていたことから、これに伴い当初計画からの変更が必要となった」と回答した。北上田氏は「当初契約をこれほど増額するのであれば、警備や空輸は別の工事として一般競争入札で発注すべきだ。競争の機会が失われ、言い値での契約になった可能性が高い」と指摘した。


そりゃ入札している暇がなければ随意契約でもやむなしだと思いますよ
物によっては条件が限られるものもあったでしょうから随意契約でなんら問題ないように思いますが?

何れにしても活動家による妨害工作に起因する問題であって国は損害賠償を求めてもいい案件だと思います
だから活動家は感謝すべきだと思いますよ

薄汚い真似を繰り返しても
損害賠償は求められない
強制排除、もしく逮捕もごく少数に限られた
とか考えれば、ものすごく優しい対応だったと思います
状況次第では射殺されても文句言えないことをやっていたと思いますので
皆が大好きな支那だったら戦車に踏み潰されていたんじゃない?(笑)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170301-00000007-ryu-oki


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

言論統制を推進して恐怖政治へ》川崎http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170301-00016053-kana-l14

yahoo:「川崎市がネット上の差別書き込み削除要請へ

川崎市は28日、ヘイトスピーチ対策としてインターネット上の差別書き込みの削除要請をプロバイダー(接続業者)などに行っていくことを明らかにした。市人権施策推進協議会の提言を受けたもので、今春にも横浜地方法務局川崎支局と協議を開始し、連携して取り組むとしている。

 市議会第1回定例会の本会議で民進みらいの織田勝久氏の代表質問に唐仁原晃・市民文化局長が答えた。

 市人権・男女共同参画室は「デモや街宣で行われるヘイトスピーチ同様、ネット上の書き込みも人権侵害を引き起こしており、自治体として対策は必要」と説明。すでに市職員が、ネットモニタリングを行いネット掲示板管理者に削除要請をしている広島県福山市と、民間団体と協力し地方法務局を通じて対策に取り組む兵庫県尼崎市を視察したという。

 今後、対象となる文言に関する基準作りやモニタリングの手法、市民から差別書き込みの情報提供を受ける仕組みなどの検討を重ねていく。当面、地方法務局への情報提供を先行し、基準を設けた後、独自に削除要請を行うことを想定している。

 昨年6月施行のヘイトスピーチ解消法は差別的言動の根絶に向けた施策を国と自治体に求め、衆参両院の付帯決議ではインターネット対策の実施がうたわれている。川崎市は昨年12月の市人権施策推進協議会の提言を受け、今月10日にフェイスブックを開設し、啓発動画などの発信を始めている。


基本、外人が多いところ
特に支那人、朝鮮人が多いところでは
日本人の言論の自由が認められないことが多いですよね!
怖いことです

EUみたいに外人を排斥しないと日本人の自由の権利が徐々になくなってしまいますね
真剣に考えるべき時ではないでしょうか?
日本は日本人のもの、日本人のために存在します


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170301-00016053-kana-l14


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反社会的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男が男に襲われたらとんでもなく辛いだろうなぁhttp://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170228-00000056-jnn-soci

yahoo:「「強制性交等罪」に変更へ、男性も被害者に

「強姦罪」、明治以来続くこの名称を「強制性交等罪」に変更する法律の改正案が、今の国会に提出される見通しとなりました。改正案では被害者の対象が大きく変わることになります。

 都内で行われたイベント。主催したのは、性暴力の被害者やその支援者です。被害者として参加したのは女性だけではありません。

 「私はまだ子どもだったし、相手がそういうことをすると基本的に思っていないわけね」(性暴力被害を受けた男性)

 こう話すのは、16歳の時に性暴力の被害に遭った男性。新宿の繁華街で声をかけてきた見ず知らずの中年男に酒を飲まされ、泥酔した後、男の家に連れ込まれました。そして、男性は男にレイプされたといいます。

 「ひげそりあとが、後ろからなんですが、そこが当たった感触とかね」
Q.抵抗できた?
 「できないんですよ。『言う通りにすれば痛くないから』『むしろおもしろいことなんで』(と言われた)」(性暴力被害を受けた男性)

 「13歳以上の女子を姦淫したものは、強姦の罪」

 明治時代に制定された強姦罪では、男性は被害者とみなされず、強制わいせつ罪として扱われてきました。

 「『僕も経験があったよ』と(友人に)言ったんです、1980年代。『またそんなこと言って』と笑われちゃったんです。“やっぱ違うのかな”“(レイプ被害は)女性の話かな”と言ってフタをするんです」(性暴力被害を受けた男性)

 変化の兆しが見えたのは去年9月でした。政府の法制審議会が、男性の被害も罪とすることなどを盛り込んだ刑法改正を法務大臣に答申し、政府は強姦罪を「強制性交等罪」に改めた改正案を今の国会に提出する見通しとなったのです。

 「全ての人が被害者になり得る、逆に全ての人が加害者にもなり得るということをはっきりさせたのは、歴史的意義がある」(性暴力被害を受けた男性)

 一方で、法改正にはまだ不備があると指摘する人もいます。13歳のとき、父親から性暴力を受けていた山本潤さん。

 「“暴行脅迫要件”が残っている限り、性暴力によって被害者が性犯罪の被害者になれないという状況は続くと思う」(性暴力と刑法を考える当事者の会 山本潤さん)

 強姦罪として裁くには暴行や脅迫があったかが争点となりますが、これには、女性が抵抗したなど、加害者と合意していないということを立証しなければなりません。

 「私も父から性暴力を受けた被害者ですけども、何もできずに凍りついてしまった経験がある。そういう被害は、暴行・脅迫がないし、年齢も13歳を超えているから、強姦罪ではないというふうに門前払いされるもの」(性暴力と刑法を考える当事者の会 山本潤さん)

 性犯罪に詳しい弁護士は・・・

 「裁判例では、叫んだり助けを呼ぶこともなかったとか、わずかな抵抗さえすれば拒むことができたというと、暴行・脅迫はなかったと」(“レイプクライシスセンター TSUBOMI” 望月晶子弁護士)

 今回の改正案には、罰則の強化や被害者が告訴しなくても容疑者を起訴できるようにする規定も盛り込まれ、早ければ3月上旬にも閣議決定される見通しです。


同性に強姦されるとか並みのショックじゃないだろうなぁ
そういう変態おかま連中が献上同等の権利をよこせとか最近言っているわけでしょ
おぞましい話ですね

さておき、従来の強姦罪は親告罪だったものが、非親告罪となり
被害者本人が訴えなくても告訴できるようになり、より犯人を追い詰めやすくなるって認識でいいのかしらね?
性犯罪者なんぞ生かしておく理由はないので、ビシバシ裁いて欲しいのでまだまだ物足りない改正案です
なんで死刑を導入しないのか?被害者の一生をパァにしておいてのうのうを生かしておく理由はないと思います
殺人と同じ扱いでいいです。いや、殺人罪と同等だと一人暴行したくらいでは死刑にならないですね。より厳しく一人であっても死刑ってことでお願いしたい。もちろん殺人罪も強化すべきだとは思いますけども

何れにしても性犯罪という卑劣な真似をする連中への裁きを軽く済ませてはいけません
生きていられなくなるくらい追い詰めてあげるのがいいと思います


http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170228-00000056-jnn-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日のつぶやき








posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする