2017年02月07日

東京の大阪化>維新のようになって行くんでしょうhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170207-00010000-abema-pol

yahoo:「小池都知事VS自民党都連の代理戦争 千代田区長選、小池氏支援の石川氏が圧勝

小池百合子都知事が支援に入り、5日投開票された東京・千代田区長選挙で圧勝した現職の石川雅己氏に当選証書が手渡された。

 石川氏は「当選証書の重みをしっかりと心に刻んで歩んでいきたい」と語った。

 千代田区長選挙は、小池都知事と自民党都連との代理戦争として注目を集めていた。小池都知事が支援した現職の石川氏が自民党都連の推薦した候補を含む新人二人に大差をつけて圧勝した。

「石川さんの16年にわたる区民ファーストの行政が認められた。自民党都連が今回決めた候補者でその結果ということ。今回は区民による厳重注意が誰かに出たのではないか。」と語った小池都知事。その小池都知事を中心とする地域政党「都民ファーストの会」が7月の都議会選挙に単独過半数の64人を超える候補者の擁立に向け、検討に入ったことが分かった。

 都民ファーストの会はこれまで都議選に向けて現職都議ら4 人を公認し、40人前後の候補者擁立を目指してきた。

 関係者によると、「都民ファーストの会」は定員が複数の選挙区に、複数候補者を立てても勝算があると判断し、単独過半数の64人を超える候補者の擁立に向け検討に入ったという。

 今後、都議会公明党などと調整を図りながら候補者を選定していくとしている。


大阪が維新支配になって低迷しているのですが
東京もどうやらそうなりそう

その前の小泉純一郎のやった敵認定、徹底的なこき下ろしで自分を良く見せるやり方とかもありますね
豊洲、ごりん、石原慎太郎氏などを敵認定し、自分は正義を行なっているんだと印象付ける
でも、その実これといって大したことをやっているわけじゃないんですよね
悪い意味で沖縄の翁長君にも似ているかもしれません

で、
維新と同じブレーンがついているせいか、やり方とかよく似ています
そのうち文化事業などへの予算を廃止し、文化的な停滞
そして、企業が逃げて行って、経済的な停滞という流れになるんじゃないでしょうか?
大阪の二の轍を踏みそうにしか見えないんですよねー

そういった意味では自民党都連が心を入れ替えるしかないのですが、下村だのノブテルでは期待できないんですよねぇ
党本部によるテコ入れが必要じゃないかと思うのですが、そういう動きはなさそうだし
東京を見捨てるつもりなのかなぁ

千代田区長戦に限って言えば、
4期16年続けた人に革新を感じて投票した人なんていないと思いますよ
あくまで後ろにいる小池氏に対して入れただけであって、陣営が逆になったら落ちていたと思います
与謝野氏に小池氏がついたら与謝野氏が当選していただけのこと
そういう選挙でしかない

また、これで内田氏を追い詰めたといってるけど、もともと引退する旨を言っていただけに、意味はないと思います。メディアは煽りたいでしょうけどね
これが劇場型というんでしょうかねぇ
まともな政策論争なんて起きないかもしれませんね

公明、民進、共産党までもがすがってくるようになって、区別がつかなくなって行く可能性は大きいかも
小池チルドレンには元民進とかそんな連中ばっかり
自民党の小池氏にすがってまで議員の椅子が欲しい人が集まってくるでしょう
いいことだとは思えませんけどね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170207-00010000-abema-pol

ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

左翼の人たちは本当に言論弾圧が好きらしいhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170206-00000081-asahi-soci

yahoo:「「ニュース女子と東京新聞は関係ない」 副主幹が反論

東京新聞(中日新聞東京本社)の長谷川幸洋・論説副主幹は6日、自身が司会を務める東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)の番組に批判の声が上がっていることについて「論評いたしません」と述べた。コメンテーターを務めるニッポン放送のラジオ番組で語った。そのうえで、東京新聞が「反省」を表明したことに対し、「言論の自由に対する侵害だ」とし、「(副主幹を)辞めるわけにはいかない」とも語った。

 問題になっているのは、沖縄の米軍基地反対運動を「テロリストみたい」などと伝えた1月2日放送の「ニュース女子」。取り上げられた人権団体や沖縄の基地反対の人たちから「差別的」「意図的な歪曲(わいきょく)がある」と批判の声が上がり、東京新聞と中日新聞は2日付朝刊に深田実論説主幹の名前で「他メディアで起きたことではあっても責任と反省を深く感じています。とりわけ副主幹が出演していたことについては重く受け止め、対処します」との謝罪記事を掲載した。

 長谷川氏は6日、番組については「コメントすることは差し控えたい」としたうえで「ニュース女子と東京新聞は全く関係ない。なぜ深く反省するのか」と指摘し、「番組で取り上げた議論と東京新聞の報道姿勢は違うし、私自身も(同紙の主張と)違う。でも(主張の)違いを理由に私を処分するのは言論の自由に対する侵害」「意見が違うことで排除したら北朝鮮と一緒」などと批判した。

 さらに会社から「内示のようなもの」があると明かし、「私の方から辞めるなんてことは、もう500%ありません」。「言いたいことはニュース女子で言います。これからも」と話した。

 一方、東京新聞の深田論説主幹は取材に「紙面で書いたことにつきます」と話した。(坂本進)


長谷川って人がおっしゃる通りかと

新聞社が言論弾圧をしたらダメでしょうね
もし懲戒免職などになったら、東京新聞中日新聞には言論の自由はないということを表明するようなものです
一つの意見しか通らないなら、新聞社として言論の自由を訴えることは不可能になるんじゃないでしょうか?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170206-00000081-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 腐りきったメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日のつぶやき














posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする