2016年12月31日

2016年12月30日のつぶやき


posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

2016年12月29日のつぶやき


posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

2016年12月28日のつぶやき


posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

2016年12月27日のつぶやき


posted by ! at 00:01| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

2016年12月26日のつぶやき


posted by ! at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

2016年12月25日のつぶやき


posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

2016年12月24日のつぶやき


posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

2016年12月23日のつぶやき


posted by ! at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

2016年12月22日のつぶやき


posted by ! at 00:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

2016年12月21日のつぶやき


posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

2016年12月20日のつぶやき








posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

ここまでするなら、電力各社の国有化をお願いしますhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-00000042-mai-pol

Yahoo:「<福島復興指針>除染に国費、閣議決定 来年度300億円

 政府は20日、東京電力福島第1原発事故からの新たな福島復興指針を、閣議決定した。福島県の帰還困難区域に設ける「復興拠点」の除染費用を東電に請求せず、国費投入に転換。来年度予算に除染費用として約300億円を計上し、来年の通常国会に福島復興再生特措法の改正案を提出する。安倍晋三首相は「地元の要望や与党提言を踏まえ、政策を具体化した」と述べたが、事実上の東電救済になり批判が出そうだ。

 政府は来年度から帰還困難区域(2012年時点の被ばく線量が年50ミリシーベルト超)の一部に除染やインフラ復旧を優先的に進める復興拠点を整備し、5年後をめどにした避難指示解除を目指している。

原発事故後に成立した放射性物質汚染対処特措法には、除染について「東電の負担の下に実施される」「(東電は国から)費用の請求があったときは速やかに支払う」とある。このため帰還困難区域以外の除染費用については、これまで同法に基づき環境省などが東電に請求してきた。

 だが、13年12月の閣議で「実施済みまたは現在計画されている除染の費用は東電に請求する」とされ、その時点で計画がなかった帰還困難区域の除染費用はどこが負担するか決まっていなかった。

 今村雅弘復興相は20日の閣議後の会見で「新たな政策とし、東電に請求しないことを決定した」と話した。帰還困難区域の住民については東電の賠償が済んでいることを理由に挙げるが、これまで同じように賠償をしてきた地域は東電に費用を請求する除染をしている。


電力会社は国民生活を支えるために、営利目的ではなく、存在しているはず
なら国有化しちゃっても問題ないはずですよね


なんというか、
いわば国策の一環で問題を起こした以上国が負担するのも当然ではないかと思います
だから、東電をつぶすいわれも何もないし、いっそ国有化すること自体問題ないと思いますよ
国民生活を支えるベース部分を自由競争にさらすなんて愚策中の愚策
競争原理でやられたら、割を食うのはどうせ労働者、アホらしい話です
一番大事な部分で働く人たちはとびきり優秀な人たちで、とびきりな給料が与えられてしかるべきです
競争があったら、そこの部分が削られるのは疑いのないことです

やはり公務員として手厚く保護されるべきでしょうね!
大事な頭脳、技術者は余計に給料が与えられないと!
庶民のやっかみなんて気にしないでよろしい
それだけの立場なのですから


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-00000042-mai-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の国益よりも支那の侵略を支持する沖縄県行政関係者たちhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-00000150-jij-pol

Yahoo:「「新基地造らせない」=辺野古訴訟敗訴で会見―翁長沖縄県知事

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐる訴訟で県側が敗訴したことを受け、翁長雄志知事は20日記者会見し、「今後も県民とともに、辺野古に新基地を造らせないという公約実現に向け、全力で取り組む」と述べた。

 
 翁長知事は、埋め立て承認の取り消しの撤回の時期については、「速やかに手続きを進めていく」とした。


こいつらは支那の先兵と考えて対処していかないとダメなのでしょう
何が何でも沖縄から戦力を引きはがして、支那が侵略しやすくすることが目的

沖縄県知事をはじめとして、名の上がっている行政関係者、各市町など、こいつらは支那の手下
日本侵略の一環なのです
何が何でも支那を引き入れたい連中

県民がーといいつつ、支那の侵略が始まればノーマルな沖縄県民の皆さんは支那人の奴隷となることは間違いなし!
チベット民族と同じように民族浄化が始まり、男は殺され、女は陵辱されることでしょう
絵空事じゃなく、支那周辺の少数民族に対して支那人がやっていることですから

アメリカ兵の起こす犯罪を含めた諸問題、それはそれで大変な負担というかあってはならないことですし、なくさなければダメですが、だからといって米軍に出ていけは無謀
支那の侵略が始まります
そして上のようなことが起きます
自衛隊だけじゃさすがに守り切れない

アメリカにいいなりもいいことじゃないけど、共産独裁国家よりはずっとずっとマシですよ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-00000150-jij-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

母親が元凶じゃないか>息子がいるのに、女になった時点でダメhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161219-00010005-chibatopi-l12

Yahoo:「顔に殺虫剤、ハサミで義父の頭刺す 殺人未遂容疑で中2逮捕 母親「2人は仲悪かった」 /四街道

義理の父親の頭をはさみで突き刺すなどして殺害しようとしたとして、千葉県警四街道署は18日、殺人未遂の疑いで四街道市の中学2年の少年(14)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は同日午後10時半ごろ、市内の自宅で、義理の父親で介護士の男性(24)の顔にスプレーの殺虫剤を噴射し、はさみで頭頂部を複数回突き刺すなどして殺そうとした疑い。男性は軽傷だが出血が多く、病院に入院しているという。

 同署によると、少年は約1年前から男性を含む家族5人で暮らしていた。現場にいた母親(46)は「2人は普段から仲が悪かった」と話しているという。少年はあいまいな供述をしているといい、動機について慎重に調べている。


母親がメスになって、若い男をくわえ込んだら子供たちがいい気分にならないのは当然
こうなるのを予測できなかった時点で息子を全く見ていなかったのでしょう
義父と母親の奪い合いみたいなもの

若い男と息子で、息子を捨てた母親が諸悪の根源です
子供より、欲情を優先した女、情けない限りです
モラルもへったくれもない・・・
世も末ですねぇ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161219-00010005-chibatopi-l12


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日のつぶやき






posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

支那の侵略行為に何にも手を打たずに、何を言ってるの?>名護市長「生命財産を守ることとは程遠い立場・認識」http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20161219-00000088-jnn-pol

Yahoo:「名護市長「生命財産を守ることとは程遠い立場・認識」

沖縄県名護市でアメリカ軍のオスプレイが不時着を試み、大破した事故で、アメリカ軍は事故直後から停止していたオスプレイの飛行を19日午後2時以降に、全面的に再開させる方針です。

 この事故は今月13日、沖縄県名護市の浅瀬にアメリカ軍の輸送機オスプレイが不時着を試み大破し、乗組員2人がけがをしたものです。

 アメリカ軍は事故発生直後から18日までオスプレイの飛行を停止していましたが、19日午前、沖縄防衛局の担当者が名護市役所を訪れ、稲嶺市長に19日午後2時以降、オスプレイの飛行が全面的に再開されると伝えました。

 「生命財産を守るということとは程遠い立場、認識だなと思わざるを得ない。あまりにもひどすぎますよ。まだ一週間も経たない」(稲嶺名護市長)

 防衛省は、事故は空中給油訓練の際に、給油ホースとオスプレイのプロペラが接触したことが原因で機体自体に問題はないことから「飛行再開は理解できる」としています。一方、空中給油訓練については、当面の間、実施を見合わせるということですが、事故から1週間もたたないなかでの飛行再開の方針を決めた日米両政府に対し、沖縄県内での反発がさらに強まるのは必至です。


支那が侵略してくることはないとか言っちゃう人がいるくらいですから
アホらしい話ですが

支那がたびたび侵略行為を繰り返し、
我が国の資源をかすめ取っていたり
領土を奪い取ろうとしているのが明々白々の状態なのに
それについては論評を一切せず、もしくは侵略してこないとかとんちんかんな認識であったりなど
気が触れた人たちが行政にいたり、マスコミにいたりするなど本当に沖縄は無秩序な状態

その上で防衛サイドの米軍をくさすとか人として終わっているなぁと思います
訓練での事故なのですからもっと訓練して精度を上げてくれというのが普通でしょう
逆に何もするなって、要するに支那を迎え入れ、日本を滅亡させることが目的だからですよね

外患誘致罪で死刑で良いと思います


http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20161219-00000088-jnn-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

支那の手下の沖縄県知事たちパヨクは、なぜオスプレイだけを目の敵にするのか?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161219-00000093-jij-soci

Yahoo:「飛行再開「怒りとむなしさ」=オスプレイ撤去求める―翁長沖縄知事

「言葉を尽くしても尽くし切れないほど、怒りとむなしさを感じる」。

 沖縄県の翁長雄志知事は19日、オスプレイ飛行再開を受け、厳しい口調で語った。「県民の不安は一向に払拭(ふっしょく)されていない」とし、日米両政府に改めてオスプレイの配備撤回を求める考えを示した。

 翁長知事はオスプレイが米軍普天間飛行場(宜野湾市)を飛び立った約1時間半後、県庁で記者団を前に、怒りを秘めた表情でコメントを読み上げた。「一方的な飛行再開は信頼関係を損ねる」「米軍の考えが最優先で、極めて県民不在だ」と激しく憤った。

 事故が起きるたび、県の申し入れを米軍に伝えるだけの日本政府を「当事者能力がない」と痛烈に批判。「国が一地方自治体を無視することの恐ろしさを感じている。日本のあり方が変わらない限り、県民の気持ちは伝わらない」と悔しさをにじませた。
 

今回のオスプレイの事故で
ここまで激しく騒ぎ立てるとはね
ある程度はと予想していましたが、こんなに酷いとは思いもしませんでした(笑)
なにがなんでもオスプレイが嫌だという支那の意向を反映してのことでしょうけども
支那もここまでオスプレイが嫌なのかな?
米軍にはいろんな兵器があるはずですけど、オスプレイには他に何か秘密があるのでしょうか?

たかが輸送機に目くじらを立てる支那の犬どもを不思議に思うばかりです

ちょっとまえにFA-18が、それこそ死者をも出す事故を起こしたのに飛行禁止だの何だのという騒ぎに至ったとは聞いてないです

逆にオスプレイの事故では、不時着場所を選べるだけの余裕があり、死者も出さずに済ませたのに、鬼の首を取ったような騒ぎ。これでオスプレイを排除できると思ったのでしょうかねぇ
キチガイ過ぎ、馬鹿すぎて話になりませんね(笑)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161219-00000093-jij-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日のつぶやき








posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

これは危険だ>小池塾に紛れ込んだ民進党勢




いやぁこれが事実ならばきわめて危険
せっかく落とした民進党勢が復活させたのでは意味がありませんね

自民党東京都連と確執があろうと、これは最悪の手だ


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

事実誤認で、結論を大いに誤るアホ沖縄県知事http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161218-00076350-okinawat-pol

Yahoo:「翁長知事、オスプレイ墜落現場を視察 飛行再開打診に怒り

翁長雄志知事が18日午後、沖縄県名護市安部のオスプレイ墜落現場を訪れ、海岸にある機体を確認した。翁長知事は「悲惨な機体を見て、オスプレイの危険性を改めて感じた」と述べた。

 視察後、報道時の取材に応じ、米軍がオスプレイの飛行再開を日本政府に打診していることについて「とんでもない。(別のオスプレイの)胴体着陸についても説明がない。これを許すとどんどん飛んでいくということになる」と憤った。


波に洗われて壊れた機体を見て、オスプレイは危険だと言っちゃうのは阿呆の極みですね

ホントに支那の犬なのでしょう
こんなものが首長をやっていられることが不思議でなりません


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161218-00076350-okinawat-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄県を廃止して、東京都の島嶼部に編入すべきではないか?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161218-00000009-jij-pol http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamadajun/20161215-00065510/

Yahoo:「オスプレイは「墜落」=沖縄県、統計資料記載へ―機体大破で、政府は「不時着」

米海兵隊の新型輸送機MV22オスプレイが沖縄県名護市沖に不時着し大破した事故で、沖縄県は17日、今回の事故を「墜落」と位置付けることを決めた。

 県の統計資料上、「墜落」に分類して記載する。

 事故をめぐり、日本政府や米軍は「不時着」と表現。沖縄県の翁長雄志知事は「墜落」と指摘し、両者の認識の違いが浮き彫りになっている。

 県は米軍や防衛省の情報を基に、本土復帰(1972年)以降、県内で発生した米軍機事故を毎年統計にまとめている。県によると、これまでに「墜落」は46件あり、いずれも米側がそう発表したことに基づく。「不時着」は493件で、センサー不具合などによる緊急着陸も多く含まれる。

 これまでの墜落の大半は洋上で起きたため確認が難しかったが、今回は機体の状況が確認できたことなどから、「墜落」と分類することを決めた。

 事故機は尾翼やローターが機体から外れ、大破した状態。米軍によると、乗員2人が負傷して病院に運ばれ、ほか3人も軽傷を負った。米海軍安全センターは、被害の大きさに基づく分類で、最も重大な「クラスA」の事故に当たるとしている。

 今回の事故について米軍は、機体をコントロールできる状態でパイロットが意図して着水したとして「不時着」と説明。日本政府もこれを追認、稲田朋美防衛相は「パイロットの意志で着水したと捉えている。コントロールを失った墜落ではない」と述べた。

 一方、沖縄県の翁長知事は「機体が大破しており、墜落だ」との認識を示していた。
 


沖縄県政が正常に行われていませんね

Yahoo:「オスプレイ墜落事故に見るあまりにひどい「偏向報道」「情報操作」にもの申す

■本当に「沖縄県民の怒りは頂点」なのか?

今回のオスプレイの墜落(不時着)だが、これは単なる事故だ。それ以上のものではない。ただ、死者がでなかった点、海上に墜落した点で「不幸中」の幸いだった。米軍機は最近では、9月に沖縄本島の沖合でAV8攻撃機ハリアーが墜落、12月初めに高知県・室戸岬沖約100キロの海上でFA18ホーネット戦闘攻撃機が墜落している。前者ではパイロットは助かり、後者では死亡しているが、この二つの事故に関しては、メディアはただ事実関係を報道しただけだった。

ところが、今回は違う。オスプレイをまるで「悪魔のヘリコプター」扱いして、「それみたことか」式に報道した。この点を強調して、社説にまで仕立て上げた新聞もあった。つまり、メディアはこの事故を起こるべくして起こった事故だと言いたいのだ。そして「市街地に落ちていたらどうするんだ」とし、「沖縄県民の怒りは頂点」などと、続報を自ら膨らませていった。

テレビは住民にインタビューし「怖いです。なんとかして欲しい」などいう声を垂れ流した。こんなふうに思っている住民など一部しかいないのに、あたかも沖縄住民はみなそう思っているように報道するのだから、偏向もはなはだしい。

■信じがたい副知事の「植民地」発言

このような偏向報道があるから、沖縄県の安慶田光男副知事は“調子にのって”、ローレンス・ニコルソン中将(沖縄米軍のトップ)に直接抗議に出向き、その後、「謝罪はまったくなかった。本当に植民地意識丸出しだなと感じた」という恥知らずな会見をしてしまった。

さらに、翁長雄志知事は、必要もないのに上京して、政府に抗議、普天間基地に配備されているオスプレイを撤去させると息巻いた。

軍用機だろうと民間機だろうと、事故が起きたときは、まず乗員の安否の報道が優先だ。次に、事故原因だ。しかし今回、日本のメディアはそんなことは二の次で、恣意的な報道に終始した。

■ニコルソン中将の話を恣意的にしか伝えず

米軍の発表によると、事故を起こしたオスプレイは、空中給油の訓練中に、燃料を送るホースが切れて羽根に当たったために、飛行に障害をきたした。そのため、パイロットは住宅地の上空を通って嘉手納基地や普天間飛行場に戻るルートを避け、キャンプシュワブのある名護市に向かったという。

したがって、メディアはニコルソン中将のインタビューをもっと詳しく伝えるべきだろう。しかも、オスプレイは日本防衛のための訓練を行っていたのだ。

ところが、メディアは「住民に被害を与えなかった。感謝されるべきだ」「(事故を)政治問題にするのか」というところばかり切り取って、ニコルソン中将の発言を伝えた。

ニコルソン中将はこう言っていた。

「よく訓練されたパイロットたちの素晴らしい判断と技能で最悪の事態を避けることができました」「沖縄の一般市民をいっさい危険にさらさないですみました」「若いパイロットたちは入院中です。私は彼らを誇りに思っています」「事故自体そのものは遺憾に思うし謝意を表明します」「航空自衛隊、海上保安庁をはじめ日本や沖縄の関係各所の迅速な対応にも感謝します」

この司令官は、軍人として立派である。

■オスプレイの事故はそれほど多くない

このような偏向にさらに輪をかけているのが、日本のメディアがオスプレイの利点をまったく伝えないことだ。

日本のメディアによると、オスプレイは事故多発の危険なヘリだという。しかし、本当にそうなら、自国の若者を死なせてしまうのだから、なぜアメリカ軍自体が使用を止めないのか?

じつは、オスプレイの事故はそれほど多くない。今年の4月の産経新聞記事によると、海兵隊の平均事故率は2.45となっていて、オスプレイの事故率は1.93と平均を下回っているという(記事のこの部分はなぜか削除された)。それとは別に、ヘリコプターというのは結構事故が多いが、どちらかというと軍用機より民間機のほうが多い。

そもそもオスプレイは、通常飛行をするために開発されたものではなく、主に特殊作戦で使用するのを目的とするために開発された。そのため、夜間や低空など過酷な条件での飛行が多い。だから、訓練を徹底して行っている。今回も、そんななかで起きた。要するに、オスプレイは一般の飛行機のように、安全な条件下での飛行を目的としていない。

■入院しているパイロットを見舞いに行け

この点で言うと、これまでオスプレイは大活躍してきた。たとえばフィリピンが巨大台風の災害を受けたとき、ネパールで大地震が起こったとき、オスプレイは被災現場に大量の物資を運んだ。つまり、日本のように台風や地震などの自然災害が多い国には、オスプレイは必要なヘリなのである。実際、熊本地震の際には、オスプレイが大活躍した。

しかし、こうしたことを、日本のメディアはほとんど報道しない。

翁長知事と安慶田副知事は、行くべき場所を間違えている。まず行くべきなのは、オスプレイのパイロットたちが入院している病院である。そうして、彼らに、日本国民と沖縄県民の謝意を伝えるべきだろう。


政治的にも、人間的にも正常な状態を逸脱しまくっているようにしか見えません
こんな偏向報道並みの県政では、国益に反するばかりではなく、反国家的な意思も見えまくってます
県政を任せられる状態ではない以上、県政を任すことを止め、いったん東京都の島嶼部扱いにすべきではないでしょうか?

あまりにも酷すぎますなぁ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161218-00000009-jij-pol
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamadajun/20161215-00065510/


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日のつぶやき




posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

免許の返納と引き替えにhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161217-00000007-kobenext-soci

Yahoo:「免許返さず死亡事故…続く悔恨 加害の高齢ドライバー「今も瞬間思い出す」

高齢ドライバーによる死亡事故が全国で相次ぐ。兵庫も例外ではなく、歩行者をはねて死亡させた1人暮らしの80代男性は神戸新聞の取材に「今でも事故の瞬間を思い出し、夜中に目が覚める。免許証を返していれば…」と後悔を口にする。ただ、居住する地域に交通機関は少ない。外出手段は早歩きほどのスピードの電動カートに変わり、以前は車で5分だった最寄りのスーパーが20分に遠のいた。(初鹿野俊)

【グラフ】車や二輪車の人身事故に占める高齢ドライバーの割合と事故件数

 事故を起こしたのは、乗り慣れた車で近所の幹線道路を右折しようとしたときだった。対向車線の車はまだ遠い。そのままハンドルを切ると、曲がった先に突然、高齢の歩行者が見えた。

 「ブレーキを踏む間もなかった」。歩行者は死亡し、現行犯逮捕された男性は、右折時の注意不足を警察から指摘された。その後、釈放されたが、在宅で略式起訴され、約3カ月後に出向いた裁判所で罰金刑を受けた。

 20代で免許を取得して以降、約60年の運転歴で初めての事故だった。過去には警察から無事故の表彰を受けたことがあり、75歳以上が免許更新時に受ける認知機能検査でも問題はなかった。高齢者の交通事故を報じるニュースに「いつかは免許を返さなあかんな」と何度も考えたが、乗り続けた。

 「欲が出たんや」と男性は語るが、事情はそれだけではない。近くを走るバスは1時間に1本程度。腰痛で左足にしびれがあり、歩行時にはつえが欠かせない男性にとって、左足を使わずに運転できる車は“生活必需品”だった。しかし「これ以上、人に迷惑はかけられへん」と免許を返納した。

 実は、はねた相手は古くから付き合いのある顔なじみ。事故後、家に閉じこもろうとする男性を、近くに住む息子家族は積極的に農作業などに連れ出した。息子は「元気をなくしたおやじを見るのはつらかった。強引にでも免許を取り上げていれば良かった」と振り返る。

 彼岸や盆を迎えると、男性は息子らと被害者宅を訪れ、仏前に手を合わせる。償いは「死ぬまで続けるつもり」という。

 周りには今も車を運転する同世代が多い。「年寄りの事故を防ぐには免許を返納させるのが一番」と分かってはいるが、強く勧められないでいる。「それぞれに暮らしがあり、車を手放せば途端に不便になる。自分も事故がなければ今も乗っていたかもしれない」

■高齢ドライバーの事故増加

 車やバイクによる兵庫県内の人身事故は減っているが、65歳以上の高齢ドライバーに限ると増加傾向にある。

 県警によると、10年前の2006年に起きた人身事故は約3万7千件。15年は約2万5千件と3割減った。ただ、65歳以上の運転手でみると、06年は約4300件、15年は約4800件と逆に1割増えた。

 今年1〜10月の人身事故は1万9916件で、うち4011件が65歳以上の運転だった。全体に占める割合は、この10年で初めて2割に達した。

 高齢者の事故対策として、県警や自治体は免許返納を促し、返納者には任意で「運転経歴証明書」を交付。証明書を提示すれば、バスやタクシー、宿泊施設を割安で利用できるなどの優待制度も設けられている。


事故が多いから免許証を返納しろっていうのは、簡単なこと
でも、記事中にあるとおり生活の不便、子供の立場からは親が元気を失うのを見たくなかったという理由から返納しなかったとのこと

自分で生活できることで、生きる張り合いが出てくるといわれたらなかなか返納しろといいづらいのも確かだし、自分で自分の覚悟を決めさせるのはなかなか難しい
やっぱし自分の親には強要できないな、たぶん

また特に高齢者のみの暮らしなら、どうしても自分で買い物に行かなければならないわけですが
商店街がつぶれ、郊外型のスーパーという町などではどうしても車に頼らざるを得ません

その上で免許証を持っていてはいけないと社会、行政がいうなら
その代償はどうすべきなのか社会全体で考えないといけないし、これは都会や田舎では事情が異なるので一概には言えないので都会の考えを地方に押しつけることだけは止めた方がいいと思いますね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161217-00000007-kobenext-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日のつぶやき


posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

2016年12月15日のつぶやき










posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

これに尽きます>オスプレイ事故報道http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamadajun/20161215-00065510/

Yahoo:「オスプレイ墜落事故に見るあまりにひどい「偏向報道」「情報操作」にもの申す

■本当に「沖縄県民の怒りは頂点」なのか?

今回のオスプレイの墜落(不時着)だが、これは単なる事故だ。それ以上のものではない。ただ、死者がでなかった点、海上に墜落した点で「不幸中」の幸いだった。米軍機は最近では、9月に沖縄本島の沖合でAV8攻撃機ハリアーが墜落、12月初めに高知県・室戸岬沖約100キロの海上でFA18ホーネット戦闘攻撃機が墜落している。前者ではパイロットは助かり、後者では死亡しているが、この二つの事故に関しては、メディアはただ事実関係を報道しただけだった。

ところが、今回は違う。オスプレイをまるで「悪魔のヘリコプター」扱いして、「それみたことか」式に報道した。この点を強調して、社説にまで仕立て上げた新聞もあった。つまり、メディアはこの事故を起こるべくして起こった事故だと言いたいのだ。そして「市街地に落ちていたらどうするんだ」とし、「沖縄県民の怒りは頂点」などと、続報を自ら膨らませていった。

テレビは住民にインタビューし「怖いです。なんとかして欲しい」などいう声を垂れ流した。こんなふうに思っている住民など一部しかいないのに、あたかも沖縄住民はみなそう思っているように報道するのだから、偏向もはなはだしい。

■信じがたい副知事の「植民地」発言

このような偏向報道があるから、沖縄県の安慶田光男副知事は“調子にのって”、ローレンス・ニコルソン中将(沖縄米軍のトップ)に直接抗議に出向き、その後、「謝罪はまったくなかった。本当に植民地意識丸出しだなと感じた」という恥知らずな会見をしてしまった。

さらに、翁長雄志知事は、必要もないのに上京して、政府に抗議、普天間基地に配備されているオスプレイを撤去させると息巻いた。

軍用機だろうと民間機だろうと、事故が起きたときは、まず乗員の安否の報道が優先だ。次に、事故原因だ。しかし今回、日本のメディアはそんなことは二の次で、恣意的な報道に終始した。

■ニコルソン中将の話を恣意的にしか伝えず

米軍の発表によると、事故を起こしたオスプレイは、空中給油の訓練中に、燃料を送るホースが切れて羽根に当たったために、飛行に障害をきたした。そのため、パイロットは住宅地の上空を通って嘉手納基地や普天間飛行場に戻るルートを避け、キャンプシュワブのある名護市に向かったという。

したがって、メディアはニコルソン中将のインタビューをもっと詳しく伝えるべきだろう。しかも、オスプレイは日本防衛のための訓練を行っていたのだ。

ところが、メディアは「住民に被害を与えなかった。感謝されるべきだ」「(事故を)政治問題にするのか」というところばかり切り取って、ニコルソン中将の発言を伝えた。

ニコルソン中将はこう言っていた。

「よく訓練されたパイロットたちの素晴らしい判断と技能で最悪の事態を避けることができました」「沖縄の一般市民をいっさい危険にさらさないですみました」「若いパイロットたちは入院中です。私は彼らを誇りに思っています」「事故自体そのものは遺憾に思うし謝意を表明します」「航空自衛隊、海上保安庁をはじめ日本や沖縄の関係各所の迅速な対応にも感謝します」

この司令官は、軍人として立派である。

■オスプレイの事故はそれほど多くない

このような偏向にさらに輪をかけているのが、日本のメディアがオスプレイの利点をまったく伝えないことだ。

日本のメディアによると、オスプレイは事故多発の危険なヘリだという。しかし、本当にそうなら、自国の若者を死なせてしまうのだから、なぜアメリカ軍自体が使用を止めないのか?

じつは、オスプレイの事故はそれほど多くない。今年の4月の産経新聞記事によると、海兵隊の平均事故率は2.45となっていて、オスプレイの事故率は1.93と平均を下回っているという(記事のこの部分はなぜか削除された)。それとは別に、ヘリコプターというのは結構事故が多いが、どちらかというと軍用機より民間機のほうが多い。

そもそもオスプレイは、通常飛行をするために開発されたものではなく、主に特殊作戦で使用するのを目的とするために開発された。そのため、夜間や低空など過酷な条件での飛行が多い。だから、訓練を徹底して行っている。今回も、そんななかで起きた。要するに、オスプレイは一般の飛行機のように、安全な条件下での飛行を目的としていない。

■入院しているパイロットを見舞いに行け

この点で言うと、これまでオスプレイは大活躍してきた。たとえばフィリピンが巨大台風の災害を受けたとき、ネパールで大地震が起こったとき、オスプレイは被災現場に大量の物資を運んだ。つまり、日本のように台風や地震などの自然災害が多い国には、オスプレイは必要なヘリなのである。実際、熊本地震の際には、オスプレイが大活躍した。

しかし、こうしたことを、日本のメディアはほとんど報道しない。

翁長知事と安慶副知事は、行くべき場所を間違えている。まず行くべきなのは、オスプレイのパイロットたちが入院している病院である。そうして、彼らに、日本国民と沖縄県民の謝意を伝えるべきだろう。


正直米軍さんには事故を起こしてほしくなかったですよ
このようにパヨク、パヨクメディアが発狂するタイミングを今か今かと待っているところでの事故ですからね
こういう風に飛びついてくるのは十分予測できていました
あきれるほどにおぞましいですね
少し前にFA-18が墜落事故を起こし、パイロットも残念ながら死亡するという一件がありましたけど
このとき、ここまで騒がなかったのが
不時着で、しかも死亡者がいないにもかかわらず危険だ危険だの大合唱
キチガイ極まれりという感じです

オスプレイのパイロットは降りる場所を選んで降りたのですから、浅瀬で機体回収がしやすいようにとのこと、十分コントロールできていたと想像できる以上危険だと騒げる理由はないと考えます

また感謝しろ発言に関しても副知事の見解のみが伝わっているわけですから、副知事が悪意を持って伝えている可能性が120%あるので信用に値しませんね
沖縄を利用した反日団体が最後のあがきをしているとみてもいいかもしれません
本当に酷いのでここで叩きつぶしたい感じです


http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamadajun/20161215-00065510/


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本のマスコミが朴槿恵大統領の弾劾報道に熱心だったのは、これが目的なんだろうねhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161214-00000106-jij-kr

Yahoo:「「慰安婦合意、無効化を」=朴氏弾劾受け韓国団体

日韓両政府間の慰安婦合意に反対している韓国の民間団体「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会(挺対協)」は14日、ソウルの日本大使館前で水曜恒例の抗議集会を開いた。

 朴槿恵大統領の弾劾訴追案可決後初めてとなったこの日の集会には、小雪がぱらつく中、数百人が参加し、「朴槿恵退陣せよ」「慰安婦合意を即刻無効化せよ」と気勢を上げた。

 挺対協は声明文を発表し、「崔順実被告の操り人形、朴槿恵がついに国民から弾劾された。朴政権は、大多数の国民の反対にもかかわらず、合意を押し付けた」と批判。さらに「日本政府は、慰安婦問題の真実をカネで覆い隠そうとせず、合意を全面的に無効化すべきだ」と主張。「被害者に謝罪し、法的責任を認め、再交渉しなければならない」と訴えた。
 

これが目的なんですよ
未来永劫日本にたかれる状況を作りたいのが朝鮮であり、それに協力する日本のメディア(いわゆるパヨク)の目的なんですよ

でも普通に考えたら国家間の約束なんですから覆す、無効にするってことはあり得ないんですよね
普通じゃなかった旧民主党政権とかも、そんな感じでしたが


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161214-00000106-jij-kr


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:マスコミ 慰安婦
posted by ! at 20:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(主に特定アジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツンツンですんで良かったと思うべきだ>コンビニおでんhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161215-00000004-asahi-soci

Yahoo:「コンビニおでんを「ツンツン」 業務妨害容疑で男を逮捕

愛知県常滑市のコンビニエンスストア店内で販売中のおでんを指で触り、店の業務を妨害したなどとして、愛知県警は15日、同市大曽町5丁目の無職豊嶋悠輔容疑者(28)を器物損壊と威力業務妨害の疑いで逮捕し、発表した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

 常滑署によると、豊嶋容疑者は11月28日午前0時5分ごろ、同店内のおでんケースに指を数回入れ、おでん8個(730円相当)を売り物にならない状態にしたほか、店側におでんの廃棄やケースの洗浄をさせるなどして、業務を妨害した疑いがある。

 被害に遭った店舗はコンビニ大手「ファミリーマート」傘下の加盟店。男が卵やちくわなどの具材を「ツンツン」と言いながら指でつつく動画がインターネットのサイトに投稿され、ネット上で批判が出ていた。

 同社側から被害届を受けて署が捜査し、男が豊嶋容疑者と判明したという。店内には店員がいたが「怖くて止められなかった」などと話しているという。署は動画を撮影した人物についても調べている。

 同社広報室は14日、朝日新聞の取材に「現在、刑事処分を求め、警察に相談している」とコメントしていた。


指でツンツンだけですんで良かったですね、というしかないのかも
もし指先に何か付いていたら、とんでもないことになっていたんじゃないでしょうか?

コンビニ側も安全対策考えた方がいいんじゃないでしょうか?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161215-00000004-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:コンビニ おでん
posted by ! at 20:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憶測というか妄想でしょう>ホームレス排除ってwhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161215-00000010-jct-soci

Yahoo:「「ホームレス排除」憶測は事実だったのか 渋谷の国道「突起物」撤去の真相

東京・渋谷の一般道に設置された小さな中央分離帯が今、ネットでクローズアップされている。分離帯上の石をめぐり、「ホームレス除けでは」との憶測が広まったのだ。

 道路を管理する国土交通省は憶測を否定する一方で、石をすべて撤去してしまった。なぜ石を置く必要があったのか、そしてなぜ撤去したのか。

■人が寝泊まりできるスペースには見えないが...

 現場は、渋谷駅前から伸びる道玄坂と国道246号線(通称「玉川通り」)、首都高速3号渋谷線がぶつかる道玄坂上交差点だ。渋谷駅前ほどではないにしろ、昼夜問わず車や人の通りが多い。

 この場所が思わぬ形でクローズアップされたのは、16年12月9日。あるツイッターユーザーが同地にある中央分離帯の写真を投稿し、

  「渋谷は首都高の高架下もこんな感じ。どこの地獄ですか」

とつぶやいた。

 中央分離帯は一般的な植え込み(植栽帯)ではなく、コンクリート丸見えの状態。そして、なぜかとがった石が一面に埋め込まれている。

 「ホームレス排除だ」「ホームレス対策だ」――。ツイート主の報告に反応した多くのユーザーが、とがった石を根拠にそう指摘し始めた。ジャーナリストや評論家といった拡散力のあるユーザーもリツイート(拡散)に加担。一連の流れをまとめた記事が14日、ツイッターのまとめサイト「Togetter」に掲載されるに至った。

 記者は14日昼過ぎ、現地を訪れた。その小さな中央分離帯は、夜になっても車が絶え間なく行き交う車道の真ん中にポツンと設置されている。周囲の環境を考えると、ここに人が寝泊まりできるスペースには見えなかった。
国土交通省「(植栽を取り去ると)心理的にゴミを捨てにくい」

 道路を管理する国土交通省東京国道事務所によると、この場所は「交通島」と呼ばれ、11月下旬まで植栽帯だった。

 本来人は立ち入れないものの、なぜかゴミの投棄が後を絶たず、地元住民と撤去、清掃を繰り返していた。人の立ち入りとゴミの投棄を合わせて防ぎたい――。そうした目的で植栽を取り除き、代わりに石を置いたという。ホームレス排除が目的ではないともいう。

 とはいえ、その石をめぐって地元住民から「見た目が攻撃的」「視界に入ると良くない」との意見が上がっていた。

 結局、「景観・安全性に配慮してなるべく突起物のない違う形で整備する」として12月12日、13日の間に撤去。突起物がゴミの投棄を防ぐという「効果測定」にはもう少し時間がかかるようにも思えるが、実際に投棄防止効果はあったのか。記者の質問に対し、担当者は

  「ゴミが植栽に隠れて捨てられないようにきれいにしておくと、心理的にゴミを捨てにくいため、ゴミ対策になります」

と答えている。


十中八九妄想でしょうね!

また、万が一ホームレスよけだったとしても自分はそれを支持します
好き勝手にどこででもねぐらにされたら迷惑ですから!


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161215-00000010-jct-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:ホームレス
posted by ! at 20:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日のつぶやき










posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする