2017年07月26日

報道改革を行うべしhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170725-00000523-san-pol

Yahoo:「閉会中審査 加戸守行前愛媛県知事がスバリ指摘「前川氏は想像を全部事実のように発言している。精神構造を疑う」

参院予算委員会で25日、加戸守行前愛媛県知事が、自身の発言を報道しないメディアや「行政がゆがめられた」と主張する前川喜平前文部科学次官に矛先を向けた。文部官僚として官房長まで務めた加戸氏は、前川氏の先輩に当たる。

 自民党の青山繁晴氏は、学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画を審議した10日の閉会中審査について、朝日新聞や毎日新聞などが「ゆがめられた行政が正された」などの加戸氏の発言をほとんど報じなかった経緯を踏まえ「加戸さんがいなかったがごとく扱われた。メディアや社会の様子をどう考えるか」と加戸氏にただした。

 加戸氏は「メディア批判をして勝った官僚、政治家は誰一人いない。せんないことだ」としたうえで「報道しない自由があるのも有力な手段、印象操作も有力な手段。マスコミ自体が謙虚に受け止めていただくしかない」と皮肉った。さらに加戸氏は「あえて申し上げなければならない」と、問わず語りでテレビ取材を受けた際の出来事を披露した。

 加戸氏の説明によると、取材は、事前に前川氏を取材した映像を見せながら加戸氏に見解を問う形式で行われた。この中で、加戸氏が第1次安倍晋三政権で教育再生実行会議の委員になった理由を、前川氏は「安倍首相が、加戸氏に加計学園の獣医学部設置を教育再生実行会議の場で発言してもらうために頼まれた」と発言した。加戸氏は「そんはなずはない」と笑い飛ばし、この場面は報道されなかったという。

 教育再生実行会議の場で加戸氏が獣医学部新設を要請したことは事実だが、加戸氏は24日の衆院予算委員会で「表門からは入れないから」と、苦肉の策の発言だったと説明している。

 加戸氏は25日には、前川氏を「そこまで想像をたくましくしてモノを言う人なのか。安倍首相をたたくために、そこまで全国に流れるテレビの取材に応じ、私の取材ができなければ、ナマで流れていたかもしれない。自分の後輩ながら精神構造を疑った」と振り返った。

 また、「私は前川氏を買っているが、なぜ虚構をテレビで話すのか。その後も、想像が全て事実であるかのごとく発言をしている。それが国民をそういう方向に持っていくことになると危惧している。そのリスクを冒してまで作り話をしなければならない彼の心情が理解できない」と前川氏を痛烈に批判した。

 これに対し答弁に立った前川氏は座っている加戸氏に振り向きながら「誤解だ。『総理に頼まれてその発言をした』と言った覚えはない」と述べた。加戸氏は目をつぶりながら首を横に振った。前川氏は「加戸先輩が事実を偽装するとは思わないから、誤解があると思う。チェックしていただければ分かる」と続けた。前川氏と和泉洋人首相補佐官の間で、和泉氏が「総理が言えないから」と言った言わないの水掛け論になっているが、こちらも同じ事態になってしまうのか。


ひとえに前川とかいう元文科省官僚が天下りを失敗した腹いせについた嘘を、これ幸いと拾い上げたマスコミなどが共謀して作り上げたことなんでしょ?



という状態なのに
いつまで続けるつもりか?

麻生政権がマスコミによって倒されたことを踏まえて、マスコミ対策を少しはしていたのかと思ったら、なすすべもなくやられ放題に近い状態
幸いネットが発達して、マスコミなどの嘘がすぐに暴かれるようになり全世代においてマスコミの言うなりになる阿呆は減ったけど、少なくとも60代以上は騙されているようです
この辺をなんとかするか、マスコミ改革を考えるかしないとダメじゃなかろうか?

そして何よりも各議員が田舎に帰る時期ならタウンミーティングまで行かないまでも支持者らと話を進めて説明をすべきではないでしょうか?マスコミがダメなら口コミだと思いますね
一頃はやっていたのに、最近はあまり聞かないなぁ
自民党頑張らないと!


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 腐りきったメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日のつぶやき








posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

つまり野党やメディアはシビリアンコントロールへの反発を推奨しているわけですね?https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170725-00000230-fnn-pol

yahoo:「稲田氏への「報告」示す直筆メモを入手

FNNが入手した、防衛省幹部の手書きのメモ。2017年2月、稲田防衛相らが、南スーダンでのPKO活動の日報をめぐる問題について、大臣室で協議した際のやり取りを記したもの。このメモには、陸上自衛隊No.2の湯浅陸幕副長、そして、稲田防衛相を示す大臣という文字が書かれている。
陸自には存在しないとされていた日報が、実際には残っていたと説明を受けた稲田防衛相は、「明日なんて答えよう」などと話し、これまで報告を受けていないとしていた稲田防衛相の説明と食い違う内容が、ここには記されている。
FNNが入手した、このメモによると、2月13日に、防衛省の大臣室で、稲田防衛相が陸自No.2の湯浅陸幕副長など、幹部数人から報告を受けた際のやり取りが、つぶさに記録されている。
メモでは、稲田防衛相が、南スーダンの首都ジュバで、大規模な武力衝突があった時期に触れ、「7月7日から12日の日報が残っていたのか」と問いただし、湯浅氏が、「紙はないかとしか確認しなかった。データはあったかというと、あった」などと回答したことが記されている。
また、日報のデータが削除されずに残っていたことを知った稲田防衛相が、「明日なんて答えよう。今までは両方破棄したと答えているのか」と幹部に確認した記述もあり、稲田防衛相が陸自の日報データの存在を認識し、自らが隠蔽に関与したことを強くうかがわせる内容になっている。


事情はどうであれ、自衛隊が防衛大臣に反発し、情報をリークするって事は
シビリアンコントロールから離れて行動しているって事になるわけで
ものすごくゆゆしき自体だと思うのですが

それでいて野党やマスコミはそれを喜んでいるっていうことが不思議でならない
戦前回帰を望んでいるのは安倍総理ではなく、野党とかじゃないのですかね?

戦前のような世の中を望んでいるのは野党やマスコミ
怖いのはそっちだと思います


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170725-00000230-fnn-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

でも、お金がかかるからねぇ>実際生産人口が減ったらどうしていくんだろう?>植松被告の手紙https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170725-00000058-nnn-soci

yahoo:「【独自】45人殺傷、植松被告からの手紙

神奈川県相模原市の障害者施設で起きた45人殺傷事件から約1年。被告の男が日本テレビの取材に、「意思疎通がとれない人間は安楽死させるべき」などとつづった手紙をよせ、障害者への偏見を示し、差別する主張を改めて繰り返した。


■日本テレビの記者に届いた一通の封書。差出人は、相模原市の「津久井やまゆり園」で入所者19人を殺害、26人にケガをさせた罪などに問われている「植松聖」被告。

■今月、取材を申し込むと、数日後に返ってきた直筆の手紙。そこには―

■「私は意思疎通がとれない人間を安楽死させるべきだと考えております」「重度・重複障害者を養うと莫大なお金と時間が奪われます」

■「人の心を失っている人間を私は心失者と呼びます」「最低限度の自立ができない人間を支援することは自然の法則に反する行為です」

■「私は支援をする中で嫌な思いをしたことはありますが、それが仕事でしたので大した負担ではございません。しかし、3年間勤務することで、彼らが不幸の元である確信を持つことができました」

■「責任能力の無い人間は、罪を償うことはできません。しかし、それは罪が軽くなる理由になるはずもなく、心の無い者は即死刑にすべきだと考えております。」

■植松被告が繰り返したのは、これまで通りの障害者への差別と偏見。被害者やその家族への謝罪の言葉は一切なかった。

■一方、自身については「私は人間性が未熟であり、容姿も歪な為に人を不快にすることもあると思います。せめて少しでも奇麗な絵を描くことで私の考えをお伝えする助力になれば幸いです」と、桜吹雪の中をはねる鯉とみられるイラストが添えられていた。

■重傷を負った被害者の父・尾野さん「あまりにも身勝手。ただ自分の思いだけを述べている。僕らに対する挑戦だと思っています」

■家族会の大月会長「自分の大罪に早く気付いて、やっぱり謝罪をして」「(主張が)間違いだと、彼自身から取り消していただきたい」


たぶん多くが不快に思うんでしょうけど
でも、この先日本社会が縮小していったらどうなるのかって事から考えると
ただ不快でいるわけにはいかんのよね

現時点でさえ高齢者の生活を維持させていくことが難しくなっています
にもかかわらず、少子化解消への道筋は開かれない

ならば福祉予算へのしわ寄せは、どんどん強くなっていくばかりです
当然、こういう障害者への予算も減っていくことになるのですよね
お金はともかく少子化で介護する人も減っていきます

どうするのさ?ってこと

たぶん、その一つの回答が出生前診断で障害の可能性があるなら生まないという判断
これすら生命の選別とかいって検査を否定しようとする団体もあり困ったものだと思います
理想を追いかけるのは結構ですが、その理想をかなえるには莫大な費用がかかることを踏まえて考えるべきじゃないのかなぁ

そうでなければ弱肉強食が自然界の掟ってことになりますよね


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170725-00000058-nnn-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物の管理が問われることになりそうですね>野良は危険と>マダニ警報https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170724-00000545-san-hlth

yahoo:「マダニ感染症、野良猫にかまれ保護しようとした50代女性が死亡 世界初、厚労省が注意喚起

厚生労働省は24日、草むらなど野外に生息するマダニが媒介する感染症に感染した猫にかまれた女性が死亡していたことを明らかにした。厚労省は同日、都道府県や医師会などに注意を喚起する通達を出した。ダニ媒介の「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」で、哺乳類を介して人が死亡したことが判明したのは世界で初めてという。

 国立感染症研究所によると、平成28年5月〜7月、弱った野良猫を保護しようとした西日本在住の50代女性が猫にかまれた。女性に重大な持病などはなく、約10日後に死亡した。半年後に感染研が女性の検体を受けて精査したところ、猫を介してSFTSを発症した可能性が高いことが分かった。

 SFTSは国内で初めて感染が判明した23年から今年6月末までに266人の発症例があり、そのうち57人が死亡。致死率は21%に上る。


怖いですね
安易に動物に触れることがきわめて危険ということになります
買っている人は、他の動物と接触させないようにするとか、厳重な処置をしないと
ペットはもちろん自らも死ぬことになりそうです

何か対策方法があれば良いのですが
予防接種とか無いんでしょうか?
しかし、予防接種などを毛嫌いする阿呆もいますから、いろいろ対策のとりようがないかもしれませんねぇ


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170724-00000545-san-hlth


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然・動物・植物といったところ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日のつぶやき












posted by ! at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

差別じゃありませんから(笑)>朝鮮学校へ税金を出さないことhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170721-00019394-kana-l14

yahoo:「「差別の現実知って」朝鮮学校生徒が訴え 横浜

朝鮮学校だけが高校無償化制度から排除され、県からの補助金も支給が打ち切られている問題を理解してもらおうと、神奈川朝鮮中高級学校(横浜市神奈川区)の生徒が20日、横浜駅周辺で街宣活動に立った。「差別の現実を知ってください。力を貸してください」と訴え、道行く人にチラシを配った。

 高校にあたる高級部1〜3年生約90人が3カ所に分かれてマイクを握った。「民族教育を受け、自分らしく生きるのは当然の権利」「教育の場に政治的理由を持ち出し特定の学校を除外することはあってはならないのでは」「私たちも学生。学ぶ権利は平等なはず」「私たちは差別がなくなり共生できる日を望んでいます」と口々に訴えた。

 チラシには自分たちの親も納税の義務を果たしていることなどを記し、献血や地域のイベントに参加している写真を添え、地域社会の一員として共に生きている姿を伝えた。

 自ら手を伸ばしてチラシを受け取った仕事帰りの女性(54)は「夫の収入が減り、私学助成金に救われている身で人ごととは思えない。職場でもフィリピンやタイの人たちへの差別を目の当たりにしている。差別がまかり通っている国は国際社会からも孤立する。自分たちの社会の問題として考えていきたい」と話した。


差別でも何でも無く、国民かそうじゃないかの違い
まして反日行為を繰り返している連中を何で助けないといけないのか?

同じ税金を使うのでも、将来を担う日本人に使うならともかくねぇ
なんで反日活動家に金を出さないといけないのか?差も当然であるかのように主張する面の皮の厚さにあきれます
さっさと国へ帰れば良いと思うのよ


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170721-00019394-kana-l14


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(主に特定アジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする