2017年09月25日

2017年09月24日のつぶやき










posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

衛生管理という概念がないのかな?>給食業者https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00020764-kana-l14

yahoo:「給食業者「反対派からのリークで騒ぎになった」 大磯町、責任逃れ文書に委託先変更も検討

町内に2校ある大磯町立中学校の学校給食で異物混入が相次いだ問題で、町の委託を受けている給食業者が提供先の幼稚園など約30カ所に事実とは異なる内容の文書を配布していたことが22日、分かった。事実誤認のほか、責任逃れとも受け取られかねない記述もあり、町側は委託先の変更も含めて検討に入った。

 文書は、給食業者が提供している県西部の私立幼稚園などから問題の説明を求められ、19日に配布。社長名に社印が押され、▽異物混入が100件とあるが90%以上は髪の毛。弊社で混入したと考えにくい案件も含む▽(大磯町の)1校にのみ100件の異物混入は製造比率からみてもおかしい−などとしている。だが、町は20日の会見で「異物混入は84件。工場での混入が明らかな15件のうち髪の毛は3件あった」などと発表していた。

 また、文書には「(弁当との)選択制であれば、食べたくなければ注文しなくていいで済んだ話。半ば強制的に始まった全員給食。反対派の声も多く、反対派からのリークで騒ぎになった」などの記述もあった。都内の給食業者の本社社長室は取材に対し「神奈川県内の役員が事後報告で出した書面で、社の正式なものではない。おわび状を出して対応し、町には状況を説明したい」と釈明した。

 一方、文書は22日の町議会でも取り上げられ、町教育委員会は「われわれとしても残念な文書。契約そのものについて顧問弁護士と相談を始めた」と述べた。

 町教委によると、デリバリー方式の学校給食は2016年1月に導入。委託先の給食業者は綾瀬市内の工場で製造したものを配送・提供している。食べ残しの多さが問題視されていたが、その後、髪の毛やプラスチック片などの混入があったことが明らかになった。


食品メーカーが異物混入で叩かれている様を見ていれば、こんなこと言えないだろうなぁと思うんですけどね
他人事なのかな?
また記事のコメントにもあったんですけども、査察する人たちは何を見ていたのでしょうか?
こんな業者が合格するようでは、査察のやり方にも問題があったと考えるに至るのも当然かなと思います

というわけで、食べるものを作るところ、提供するところは生命の根幹にかかわる仕事をしているという事を忘れないでいてほしいですね
それを食べてただで済むのかどうかよく考えてほしいです

異物混入なんてあってほしいことではないですよ


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00020764-kana-l14


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:給食 衛生管理
posted by ! at 21:23| 東京 ☀| Comment(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本上空の飛行を禁止させよう!>軍用機も民間機も関係なく落ちるからhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-00000515-san-soci

yahoo:「「何事かと…」「ぞっとする」「一歩間違えたら大惨事」−大阪市中心部に飛行機部品落下

大阪市中心部に23日、飛行中の航空機から部品が落下し、国道を走行中の乗用車に直撃した事故。車の運転手や通行人らにけが人はいなかったが、大惨事になりかねず、事故現場近辺の人らからは「まさか飛行機の部品が落ちるとは…」などと驚きの声があがっていた。

 事故が起きたのは23日午前10時40分に関西国際空港発アムステルダム行きKLMオランダ航空868便が離陸した直後のことだった。右主翼の付け根付近の胴体パネルの一部(縦0・6メートル、横1メートル、厚さ4ミリ)が落下。乗用車を直撃し、屋根や後部座席の窓ガラスが損傷した。運転していた病院職員の女性(51)=東京都日野市=にけがはなかったという。

 現場近くのコンビニエンスストアで、落下した時間帯に勤務していたという女性(49)は「落下した音などは聞こえなかったが、警察などが店を訪ねてきたので何事かと思った。鉄板が落下したというのは聞いたが、まさか飛行機の部品とは…」と驚いた様子。「想像しただけでぞっとする話。けが人がいなくて良かった」と話していた。

 事故直後の時間帯にあたる23日午後11時ごろ、現場近くを通りかかったという大阪府東大阪市の会社経営の男性(80)は「道路の中央分離帯に鉄板が立てかけられていた。警察が調べていたので誰かが捨てたものかと思ったが、飛行機から落下した部品とは想像もつかなかった」と事故後の現場の様子について語った。

 男性によると、現場周辺には、人だかりなどもできておらず、周囲にいた人たちも飛行機からの落下物とは気づいていなかったようだったという。

 男性は「飛行機の部品だとしたらとんでもないこと。一歩間違えたら大惨事で恐ろしい」と興奮気味に話していた。


オスプレイなどで騒いでいる人たちは飛行禁止にすべき、だと騒がないのかな?
不思議だなぁ
どちらにしたって航空機は落ちるものだし、何か落とす可能性はあるわけで
軍とか民間とか関係と思うのですが
危ないなら一括で飛行差し止めを訴えるものじゃないの?

というわけで、人工物が飛ぶのはやっぱり危険だという話

軍にしても民間にしても整備はしっかりしてください


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-00000515-san-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:17| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

難民対策は本当に考えなければならないhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00000051-asahi-pol

Yahoo:「麻生副総理「警察か防衛出動か射殺か」 武装難民対策

麻生太郎副総理は23日、宇都宮市内での講演で、朝鮮半島から大量の難民が日本に押し寄せる可能性に触れたうえで、「武装難民かもしれない。警察で対応するのか。自衛隊、防衛出動か。射殺ですか。真剣に考えなければならない」と語った。

 麻生氏はシリアやイラクの難民の事例を挙げ、「向こうから日本に難民が押し寄せてくる。動力のないボートだって潮流に乗って間違いなく漂着する。10万人単位をどこに収容するのか」と指摘。さらに「向こうは武装しているかもしれない」としたうえで「防衛出動」に言及した。

 防衛出動は、日本が直接攻撃を受けるか、その明白な危険が切迫している「武力攻撃事態」などの際に認められており、難民対応は想定していない。

 麻生氏は先月、「少なくとも(政治家になる)動機は問わない。結果が大事だ。何百万人も殺しちゃったヒトラーは、いくら動機が正しくてもダメなんだ」と発言し、撤回していた。


末尾にしたって、麻生さんが何か間違ったことを言ったとは思えないんですが
マスコミっていうのは、本当にねじ曲げて報道するから迷惑ですよね
犯罪と断じて、マスコミの報道のあり方を考え直すべきです

さて、いずれにしても
大量の難民が送りつけられたら本当に迷惑なので、その収容方法、
麻生さんのおっしゃる通り、その中にテロリストなどが紛れ込んでいることを想定したら安易に受け入れるべきではないというのは理解しなければならない
それなら警察レベルで良いのか、軍レベルが必要なのかとか
素直にハイどうぞと玄関を開けて入れるわけにはいかない
入国させていい人間悪い人間をきちんと選別しなければならない

加えて、国境線での警備も強化すべきでしょう
北朝鮮による拉致を考えたら、工作員の入国ルートは海岸線でしょうから、その辺の警戒を高めるべき
見つけ次第射殺でも良いとか、法的根拠を与えてあげないと警備担当者の命にもかかわる話じゃないですかね

とにかく、いつまでも安穏としてられない状況だって事です
またすでに入り込んでいる在日の中にもテロリストがいる可能性を踏まえたら特別在留資格を廃止すべきだとも考えますね


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:10| 東京 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国民の安心安全を守らなくても経済が良ければ勝てるのだなぁ>ドイツhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-00000040-jij-eurp

Yahoo:「首相与党、第1党維持の見通し=独総選挙、投票始まる

ドイツ連邦議会(下院)総選挙の投票が24日、行われた。

 メルケル首相率いる保守系与党、キリスト教民主・社会同盟が第1党の座を守ることはほぼ確実で、首相4選が有力。一方で、「反難民」の新興右派政党「ドイツのための選択肢」(AfD)が初めて議席を獲得し国政進出するとみられている。

 民主・社会同盟の議席は過半数には届かないもようで、選挙後は連立交渉が本格化する。メルケル首相は2005年から12年間も首相を務めており、欧州で絶大な影響力を誇る。次期政権も欧州連合(EU)連携強化に向けた加盟各国の議論を主導することになるため、足並みのそろった連立の枠組みが求められる。

 主要各党はAfDとの連立を拒否しており、AfDの政権入りはない。 


反難民が悪いかのようですけど
ドイツ社会における、犯罪率をきいてる限りでは
難民が原因の多くを占めているそうなので、反難民が増えるのは当然だし
帰れという声も大きくなるでしょう

国がやるべきは、国民生活の安心安全の確保でしょ?
難民を守って、国民が酷い目に遭うのはおかしい
まして強姦されても、被害者が悪いかのように言われるようになったら世も末ですよね
むしろ加害者(難民)が気の毒がられる不思議


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-00000040-jij-eurp


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日のつぶやき


posted by ! at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

2017年09月22日のつぶやき




posted by ! at 00:01| 東京 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

犯罪とは言えないだろうけど、悪への入り口だよね>入れ墨(タトゥー)https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotohyoe/20170922-00075662/

yahoo:「タトゥーは犯罪なのか? 若き彫り師が法廷で挑んだ戦い

「タトゥーは医業である」とする大阪府警が突然の摘発

彫り師として5年間、自宅兼スタジオで働き生計を立てていた増田太輝さんを、大阪府警が突然訪れたのは2015年の4月。タトゥーを彫ることは医業であり、医師免許なく営業するのは違法行為だとして、数ヶ月に渡り取り調べを受け、在宅起訴という形で罰金30万円を科せられた。当時、大阪や名古屋の人気スタジオが次々に摘発され、多くの彫り師が逮捕されていた。摘発されたアーティストの中には、逮捕されてから留置所に収容され、罰金30万を支払う選択肢を与えられて、仕方なく応じて釈放された人もいた。「勾留された他の彫師の方と比べればラッキーだったのかもしれません」と語る増田さんは、罰金を払わずに無罪を訴え、裁判の申し立てをする選択肢を選んだ。
第一審の結果は如何に? 2017年9月27日に判決が下る

増田さんが家宅捜索を受けてから2年後、2017年4月26日に初公判が大阪地方裁判所で開かれた。たくさんのメディアが駆けつけ報道されたが、海外メディアも多いに注目した。アメリカ大手のワシントンポストは『日本のアーティストがタトゥーを見下す国に挑んでいる』という見出しで報道し、2020年のオリンピック開催に向けての問題として大きく取り上げた。他にもフィナンシャル・タイムズ(イギリス)、ABC(オーストラリア)、スター(マレーシア)、フランス24(フランス)、DW(ドイツ)、BBC(イギリス)などで取り上げられた。日本の伝統文化として培われてきたタトゥーが、根強い偏見の下で存続危機に面しているという角度からの報道だった。日本におけるタトゥーの歴史も踏まえた上で、古い権力体制と若い価値観の衝突という捉え方で、<タトゥー=タブー>が常識である国内メディアの報道姿勢とは一線を画している。

審議を重ねた結果、手応えを感じているという亀石弁護士だが、一方で控訴審、最高裁まで争うことになるとも予想している。大阪市が2012年に橋下徹市長(当時)の主導で実施した職員に対する入れ墨調査をめぐる訴訟では、調査と回答を拒んだ職員2人の懲戒処分は違法とした第一審の判決が、最高裁において覆った経緯もあり、今回の第一審で無罪を勝ち取ったとしても安心はできない。

今回の裁判結果は、彫師やタトゥー業界の存続だけでなく、日本の社会、経済、政治的側面においても何らかの形で影響してくることは間違いない。刑法学者の高山教授は、ダンスが規制されたり、タトゥーが規制されたり、今後は様々な文化に飛び火する可能性もあると主張している。オリンピック開催にあたり、訪日外国人観光客数の増加を促す政府や企業の方針が明確に打ち出される昨今、海外ではファッションとして定着しつつあるタトゥーを施した外国人にどう接するのかという問題が見え隠れする。また判決によっては、衛生面や安全性の管理においてタトゥーに特化した法整備も必要になってくるであろう。そんな中、日本におけるタトゥーに対する考え方は変わっていくのか? まだまだタトゥーに対する偏見が根強い日本では、今後も大いに議論される課題になるであろう。

摘発を受けて以来、増田さんはデザイン関連の仕事で生計を立てながら、再び彫り師として活動できる日が来ることを待ち望んでいる。「経験が浅いとはいえ、一生これで生計を立てていくんだと思って、(タトゥーを)入れていました」と語る増田さん。摘発を受けた当時は状況が掴めず、限りなく暗い気持ちで取り調べに通っていたという増田さんだが、2年間に及ぶSAVE TATTOOINGの活動を経て、いまでは希望の光を感じていると同時に、好きなことを仕事にできる幸せをひしひしと感じていると語る。自分が選んだ職業を職業として認めて欲しいと語る増田さんの想いに対して、日本の司法はどのような判断を下すのか。9月27日の判決に注目が集まっている。


裁判所がどういう判断をするかはなんとも言えませんが、
何にしたって、
入れ墨は、人の道から外れた行いであり、チンピラ、アウトローと見なされることを覚悟の上でやるべきことだと思います。まっとうな道はもう歩けないと思うべきです

そういうことだから若気の至りで入れ墨しちゃったお嬢さんが、結婚前に慌てて入れ墨をとろうとするけど、ものすごい多額を要求され、なおかつきれいな肌は取り戻せないとかそういうことになるケースがあるという話を聞きます。まぁそういうことなんですよね
普通じゃないって認識は強い

入れ墨はチンピラ、ヤクザの象徴であり、一般市民にかかわるものじゃないって事です

そもそも体内に異物を入れるという事で、健康への問題
診療を受ける際にMRIを使えないとかいろいろ問題があるわけですし、外国はともかく日本では違法とするような立法をしても良いんじゃなかろうかと思いますね

入れ墨なんぞしないで、お天道さんの下を普通に歩ける身体でありたいよね


https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotohyoe/20170922-00075662/


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:47| 東京 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする